トップ

研究

和文リスト

和文リスト

  1. 好村滋行, 岡本隆一
    2成分流体におけるストークスの抵抗法則,
    パリティ 30(7), 42-45 (2015).
    [PDF]
  2. 好村滋行, 今井正幸,
    生体膜における不均一構造の物理,
    日本物理学会誌 68(11), 714-723 (2013).
    [PDF]
  3. 好村滋行, 廣瀬雄一,
    微粒子安定化エマルションの生成原理,
    微粒子安定化エマルションおよびフォーム, 情報機構 (2012).
  4. 藤井修治, 好村滋行, 石井陽子,
    スメクチック液晶相の構造レオロジー,
    液晶 15(4), 298-307 (2011).
    [PDF]
  5. 好村滋行,
    ソフトマターとは何か,
    数理科学 49(2), 52-53 (2011).
  6. 好村滋行, 太田隆夫,
    特集にあたって,
    機能材料 30(7), 5 (2010).
    [PDF]
  7. 好村滋行,
    ソフトマター系の物理,
    現代界面コロイド科学の辞典,丸善出版 (2010).
  8. T. W. ウィッテン, P. A. ピンカス著, 好村滋行, 福田順一訳,
    ソフトマター物理学,
    吉岡書店 (2010).
  9. 好村滋行,
    多成分生体膜における流体力学,
    物性研究 93(3), 295-297 (2009).
    [PDF]
  10. 好村滋行,
    界面活性剤の分子動力学コンピュータ・シミュレーション(翻訳),
    応用界面・コロイド化学ハンドブック,NTS (2006).
  11. 好村滋行,
    マイクロエマルションの物理 -液体と液晶のはざま-,
    液晶 10(1), 8-24 (2006).
    [PDF]
  12. 好村滋行,
    ソフトマター物理から見たマイクロエマルション,
    応用物理 74(5), 603-607 (2005).
    [PDF]
  13. 好村滋行, 白鳥久志,
    生体膜の相転移と相分離,
    日本物理学会誌 60(2), 128-132 (2005).
    [PDF]
  14. 好村滋行(分担執筆),
    油化学辞典,
    丸善出版 (2004).
  15. 好村滋行,
    マイクロエマルションの現象論,
    オレオサイエンス 3(10), 17-24 (2003).
    [PDF]
  16. 好村滋行,
    細胞膜が破れない理由(翻訳),
    パリティ 18(10), 54-57 (2003).
  17. 好村滋行, 白鳥久志, P. D. Olmsted,
    ラフトの現象論的モデル,
    物性研究 81(2), 171-172 (2003).
    [PDF]
  18. 好村滋行,
    かき氷騒動 -甘くない砂糖水の話-,
    物性研究 80(2), 349-366 (2003).
    [PDF]
  19. 好村滋行,
    領域12 ソフトマター物理の挑戦,
    日本物理学会誌 57(7), 515 (2002)
    [PDF]
  20. I. W. ハムレー著, 好村滋行, 荒木武昭, 樹神弘也, 森河良太, 福田順一訳,
    ソフトマター入門,
    シュプリンガー・ジャパン (2002).
  21. 好村滋行,
    The unbinding transition of mixed fluid membranes,
    物性研究 79(2), 232 (2002).
    [PDF]
  22. 好村滋行,
    高分子マイクロエマルション,
    化学 56(6), 62-63 (2001).
  23. 好村滋行,
    不安なイスラエル日記 -神の国のソフトマター事情-,
    物性研究 75(6), 1099-1181 (2001).
    [PDF]
  24. S. A. サフラン著, 好村滋行訳,
    コロイドの物理学,
    吉岡書店 (2001).
  25. 好村滋行,
    界面活性剤の物理と化学,
    コロイドおよび界面化学部会ニュースレター 24(4), 2-5 (1999).
    [PDF]
  26. 好村滋行,
    新著紹介 Phase Transitions in Complex Fluids,
    日本物理学会誌 54(2), 131-132 (1999).
    [PDF]
  27. 好村滋行,
    コロイド物理学のすすめ,
    数理科学 37(12), 76-83 (1999).
  28. 好村滋行,
    プルトニウムはコロイドでヒッチハイクする?(翻訳),
    パリティ 14(11), 48-50 (1999).
  29. 好村滋行, Ou-Yang Zhong-can,
    High- and low-pitch helical structures of tilted chiral lipid bilayers,
    物性研究 71(4), 646 (1999).
    [PDF]
  30. 好村滋行, 岩山隆寛,
    Langmuir単分子膜のKelvin-Helmholtz不安定性,
    物性研究 70(1), 51-52 (1998).
    [PDF]
  31. 樹神弘也, 好村滋行,
    マイクロエマルジョンのレオロジー,
    物性研究 68(3), 351-353 (1997).
    [PDF]
  32. 好村滋行,
    膜の物理学,
    物性研究 68(3), 254-257 (1997).
    [PDF]
  33. 好村滋行,
    Physics of flexible membranes,
    物性研究 62(1), 106 (1994).
    [PDF]
  34. 好村滋行, 手束文子, 関和彦,
    Complex shear viscosity of dilute microemulsions,
    物性研究 59(5), 658-662 (1993).
    [PDF]
  35. 好村滋行,
    佐野雅己著液晶対流系のPhase Wave(本誌2月号掲載)についてのコメント,
    物性研究 60(1), 48-49 (1993).
    [PDF]
  36. 福本康秀, 好村滋行, 伊豆山健夫,
    エマルションによる音波吸収,
    数理解析研究所講究録 0739, 238-251 (1991).
    [PDF]
  37. 好村滋行, A. Baumgaertner,
    Monte Carlo study of vesicles,
    物性研究 57(3), 501 (1991).
    [PDF]
  38. 関和彦, 好村滋行, 伊豆山健夫,
    生体膜中でのブラウン運動,
    物性研究 57(3), 499-500 (1991).
    [PDF]
  39. 好村滋行, 宮沢透, 伊豆山健夫, 福本康秀,
    エマルジョンの超音波吸収理論,
    物性研究 53(1), 22-31 (1989).
    [PDF]