運動分子生物学研究室

 
教授:藤井宣晴  准教授:眞鍋康子  助教:古市泰郎

 首都大学東京 人間健康科学研究科 ヘルスプロモーションサイエンス学域

本文へジャンプ

助教 古市 泰郎 Yasuro Furuichi Ph.D. 


写真にマウスをのせると、いつもとは違う顔も見えます

 


研究履歴

2010年 日本学術振興会特別研究員 DC2(金沢大学・運動生理学研究室)

2012年 金沢大学大学院自然科学研究科生命科学専攻修了

2012年 日本学術振興会特別研究員 PD(首都大学東京・運動分子生物学研究室)

2014年 首都大学東京大学院人間健康科学研究科ヘルスプロモーションサイエンス学域 助教

 

専門分野

運動生理学、運動生化学

 

学生さんへ

研究者の生活と聞いて、学生の皆さんはどのようなイメージを持つでしょうか。理科よりも体育が好きだった僕は「地味で辛そう。実験室に籠もっていて、代わり映えしない毎日。」というイメージを持っていました。確かに研究者の仕事は、地道で苦労の多いことばかりです。しかしその日々は、実験結果に一喜一憂しながらの非常に刺激的なものです。困難なことも、自分が面白いと思うものであれば必ず乗り越えられると思います。骨格筋の謎を解明したい人は、是非研究室に足を運んで下さい。


異なる視点からのプロフィールはこちら


研究業績

(洋雑誌)
1. Takakura H, Furuichi Y, Yamada T, Jue T, Ojino M, Hashimoto T, Iwase S, Hojo T, Izawa T, Masuda K: Endurance training facilitates myoglobin desaturation during muscle contraction in rat skeletal muscle. Sci. Rep., 5: 9403, 2015.

2. Furuichi Y, Goto-Inoue N, Manabe Y, Setou M, Masuda K, Fujii NL: Imaging mass spectrometry reveals fiber-specific distribution of acetylcarnitine and contraction-induced carnitine dynamics in rat skeletal muscles. Biochim Biophys Acta 1837: 1699-1706, 2014.

3. Furuichi Y, Goto-Inoue N and Fujii NL: Role of carnitine acetylation in skeletal muscle. J. Physical Fitness Sports Med., 3: 163-168, 2014.

4. Miyatake S, Manabe Y, Inagaki A, Furuichi Y, Takagi M, Taoka M, Isobe T, Hirota K and Fujii NL: Macrophage migration inhibitory factor diminishes muscle glucose transport induced by insulin and AICAR in a muscle type-dependent manner. Biochem. Biophys. Res. Commun., 444: 496-501, 2014.

5. Goto-Inoue N, Yamada K, Inagaki A, Furuichi Y, Ogino S, Manabe Y, Setou M and Fujii NL: Lipidomics analysis revealed the phospholipid compositional changes in muscle by chronic exercise and high-fat diet. Sci. Rep., 3: 3267, 2013.

6. Yamada T, Furuichi Y, Takakura H, Hashimoto T, Hanai Y, Jue T, and Masuda K: Interaction between myoglobin and mitochondria in rat skeletal muscle. J. Appl. Physiol., 114: 490-497, 2013.

7. Tsuchiya M, Manabe Y, Yamada K, Furuichi Y, Hosaka M and Fujii N: Chronic exercise enhances insulin secretion ability of pancreatic islets without change in insulin content in non-diabetic rats. Biochem. Biophys. Res. Commun., 430: 676-682, 2013.

8. Furuichi Y, Sugiura T, Kato Y, Takakura H, Hanai Y, Hashimoto T and Masuda K: Muscle contraction increases carnitine uptake via translocation of OCTN2. Biochem. Biophys. Res. Commun., 418: 774-779, 2012.

9. Furuichi Y, Sugiura T, Kato Y, Shimada Y and Masuda K: OCTN2 is associated with carnitine transport capacity of rat skeletal muscles. Acta Physiol., 200: 57-64, 2010.

10. Masuda K, Takakura H, Furuichi Y, Iwase S and Jue T: NIRS measurement of O2 dynamics in contracting blood and buffer perfused hindlimb muscle. Adv. Exp. Med. Biol., 662: 323-328, 2010.

11. Furuichi Y, Masuda K, Takakura H, Hotta N, Ishida K, Katayama K, Iwase S and Akima H: Effect of intensive interval training during unloading on muscle deoxygenation kinetics. Int. J. Sports Med., 30: 563-568, 2009.

(和雑誌)
1. 古市泰郎, 藤井宣晴: 運動療法の骨格筋における分子メカニズム. 最新医学 70: 619-624, 2015.

2. 古市泰郎, 藤井宣晴: 骨格筋のカルニチン代謝と老化. 基礎老化研究 38: 25-29, 2014.

3. 古市泰郎, 藤井宣晴: 筋から分泌されるマイオカインと代謝. 体育の科学, 64: 81-86, 2014.

4. 古市泰郎, 増田和実: 骨格筋エネルギー代謝におけるカルニチントランスポーターの役割. 体力科学, 61: 289-296, 2012.