研究内容 →水口研リーフレット(両面印刷:横向き短辺綴じが最適)




新超伝導物質・新機能性材料の物質科学


私たちは,新物質をキーワードに,新超伝導体や熱電材料の研究を行っています.
層状化合物や特異な結晶構造を持つ物質に着目して研究対象を決めています.
層状物質では,伝導層とブロック層(絶縁層)が積層構造を取り,
どちらかの元素を置換(部分置換)することで特性を自在に制御できる可能性があります.
物質の特徴をしっかり捉えられていれば,あとはアイデア勝負で新物質を生み出し,特性を制御することが可能です.

私たちの研究スタイルの特徴として,物理と化学の融合をベースとした研究展開が挙げられます.
物理の研究テーマと化学の研究テーマが,単純に協力し合うことはよくあります.
しかし,どちらもベースとして,すなわち化学を考えながら物理を研究することや,
物理を考えながら化学を研究することは,新物質を研究する上で非常に重要です.
物理も化学も障壁なく扱える研究者を育成することを目指しており,教員も日々勉強を続けています.





最近の研究内容


◆新規超伝導体・熱電材料の探索と機構解明

◆ビスマスカルコゲナイド系超伝導体の物性研究

◆ビスマスカルコゲナイド系熱電材料の特性向上,電子状態・フォノンの解明

◆トポロジカル絶縁体近傍での超伝導・熱電材料探索と物性研究

◆圧力誘起超伝導の探索



主な研究成果の紹介


◆SnPn系層状超伝導体の発見(後藤)

◆ハイエントロピー型ブロック層を持つ層状超伝導体の開発

◆BiCh2系超伝導体のSe置換効果

◆新しいBiS2系層状超伝導体の発見

◆BiS2系の超伝導機構解明に向けて***固体物理(超伝導の新潮流)に執筆しました.

◆BiCh2系超伝導体のレシピに基づく新超伝導体合成

◆BiCh2系熱電変換材料の開発

◆高圧合成法を用いた新超伝導体Sn0.8Ag0.2Teの合成

◆鉄カルコゲナイド系超伝導体に関する研究




進行中の主要研究プロジェクト


研究代表または分担者で参加しているプロジェクトの紹介です.実際の研究内容を示します.

◆新学術領域研究J-Physics <分担・計画班>
「重金属カルコゲナイド超伝導体の探索」(H27-31年度)

◆科研費・基盤研究(B)<代表>
「課題名:BiCh2系層状化合物における機能性発現と化学圧力効果の相関解明」(H28-30年度)

◆JST-CREST微小エネルギー<分担>
「擬平面5配位物質の熱電材料合成と物性評価」(H28-31年度)

◆科研費・挑戦的研究(萌芽)<代表>
「課題名:RO1-xFxBiCh2超薄膜における巨大ラシュバ効果の探索」(H29-30年度)

◆科研費・国際共同研究加速基金(国際共同研究強化B)<分担>
「新超伝導体の合成と局所構造・電子状態解明」(H30-33年度)







このページのトップへ







公立大学法人 首都大学東京 物理学専攻 超伝導物質研究室(水口研究室)

〒192-0397 東京都八王子市南大沢1-1

Copyright (c) 2017 Mizuguchi Laboratory, TMU. All Rights Reserved.