研究設備紹介


物質合成


無機物質の一般的な合成法に加えて,高圧合成法も用います.
私たちの研究の主軸は物質デザイン・精密合成なので,合成装置は充実しています.



★バンド構造計算システム
VASPまたはWien2kを用いてバンド計算を行なえます.
物質探索・物性解明に利用しています.




物質評価


得られた試料の結晶構造や組成を評価します.
外部の大型施設による精密解析も積極的に行っています.






低温物性


電気抵抗率や磁化率,比熱などを測定します.
超伝導や熱電物性解明のカギを探ります.






高温物性


高温の電気抵抗率やゼーベック係数,熱伝導率から熱電性能を評価します.
時には高温データから低温での超伝導特性のヒントも得られます.






オフィス


助教・研究員・大学院生・学部生が研究をする部屋.
水口の居室にはいつでも相談できるディスカッションスペースを完備.
良い研究はきれいな実験室と居心地のいい居室から生まれます!







このページのトップへ





公立大学法人 首都大学東京 物理学専攻 超伝導物質研究室(水口研究室)

〒192-0397 東京都八王子市南大沢1-1

Copyright (c) 2017 Mizuguchi Laboratory, TMU. All Rights Reserved.