セミナー・シンポジウムSeminar & Symposium

セミナー・シンポジウム

センターでは、年数回の公開シンポジウム・市民講座の開催を行っています。

2018年8月22-23日
『水素社会のための第3回国際シンポジウム(The 3rd International Symposium on Hydrogen Energy‒based Society)』を、首都大学東京南大沢キャンパスにて開催します。詳細はこちらもご参照下さい。
口頭発表用のアブストラクト、CV用テンプレートはこちらからダウンロードして下さい。ポスターボードのサイズは、横 1180 mm × 縦 2085 mmです。
申込、問い合わせは以下までお願い致します。
E-mail: takagi-shinsuke(at)tmu.ac.jp((at)を@に変更してください)


Date: 22-23 August 2018
Venue: Conference Room of International House, Tokyo Metropolitan University
Deadline for poster submission: 1st August 2018
Deadline for abstract submission (for invited speakers): 1st August 2018

22nd August (Wed.)

9:45 Desk open
10:30-10:40 Opening remarks
10:40-11:10 “Catalysis for the Hydrogen-Oxygen Polymer Electrolyte Fuel Cell” (Prof. D. A. Tryk, Yamanashi University)
11:10-11:40 “Methanol Synthesis Catalyst from CO2 and Hydrogen” (Prof. Sigeo Satokawa, Seikei University)
11:40-13:20 Lunch
13:20-13:50 “Evaluation of m-Phenyltoluenes as New Class of Liquid Organic Hydrogen Carrier Systems” (Prof. Won-Sik Han, Seoul Women's University (Korea))
13:50-14:20 “Electrochemical Two electron water oxidation to form hydrogen peroxide catalyzed by Silicon Porphyrins” (Prof. Sebastian Nybin Remello, Cochin University of Science & Technology (India))
14:20-14:40 Coffee break
14:40-15:10 “Hydrogen storage and utilization for effective usage of renewable energy” (Dr. Tetsuya Namba, National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (Fukushima))
15:10-15:40 “Utilization of hydrogen using fuel cell co-generations in zero energy homes” (Dr. Isamu Ohta, Misawa Homes Institute of Research and Development Co., Ltd., Director, Energy and Environmental Center)
15:40-16:00 Coffee break
16:00-16:30 “Electron transfer under large positive Gibbs energy: Highly-excited quantum dots for energy harnessing and photocatalysis” (Prof. Biju V. Pillai, Hokkaido University)
16:30-17:00 “Development of Artificial Photosynthetic Systems involving Polynuclear Rhodium Complexes as Catalysts for Hydrogen Evolution: Interplay of Experimental and Theoretical Studies” (Prof. Yusuke Kataoka, Shimane University)

17:30-19:30 Banquet (Lever son Verre, International House)

23rd August (Thu.)

9:45 Desk open
10:30-11:40 Poster session (Foyer, International House)
11:40-13:20 Lunch
13:20-13:50 “Photocatalytic water splitting and CO2 reduction aiming at artificial photosynthesis” (Prof. Akihiko Kudo, Tokyo University of Science)
13:50-14:00 Closing remarks
2018年8月22-23日
2017年11月20-21日
『水素社会のための第2回国際シンポジウム(The 2nd International Symposium on Hydrogen Energy‒based Society)』を、首都大学東京南大沢キャンパスにて開催します。
プログラム、発表申込、参加登録方法等の詳細はこちらをご参照下さい。
2017年11月20-21日

2016年11月25日
東京大学本郷キャンパス工学部11号館講堂にて、『水素の製造と利用に関するシンポジウム』を共催しました(主催 触媒学会 水素の製造と利用のための触媒技術研究会)。

2016年8月26-27日
首都大学東京南大沢キャンパス講堂小ホールおよび7号館スタジオにて、『水素社会のための第1回国際シンポジウム・市民講座(The 1st International Symposium on Hydrogen Energy‒based Society)』を開催しました。8月26日、27日午前には、国内外の著名研究者を招き、「大都市東京における水素社会の実現」をテーマに、英語による国際シンポジウムを開催します。また、27日午後には、一般の方を対象に東京都および大学の専門家が「水素エネルギー社会」を紹介する市民講座を開催しました。
2016年8月26-27日

2016年5月13日
東京都庁 都議会議事堂1階 都民ホールにて、公開シンポジウム『水素社会のもたらす未来をのぞいてみよう』を開催しました。
2016年5月13日
totop