トップ 南大沢教室・授業 情報処理教室(Linux) ソフトウェア構成

ソフトウェア構成

2021年度後期の主要ソフトウェア一覧です。
システム構築時に標準で導入される一般的なLinuxコマンドやアプリケーションは載せておりません。
太字のものがシステム更新等で2021年度前期からバージョンアップされたり新規導入されたものです。
セキュリティが懸念されるものは対策版がリリースされ次第、随時バージョンアップされます。

種別 ソフトウェア名称
(コマンド名または所在path)
ソフトウェアの内容 バージョン
有償 Red Hat Enterprise Linux Server OS:オペレーティングシステム 7.4
有償 PGI Fortran/C/C++ Server for Linux
(pgfortran pgf90 pgf95 pgcc pgc++)
※12
Portland Group Inc,
C/C++/Fortran コンパイラ
20.1
有償 Gaussian (g16) ※2 量子化学計算プログラム 16 A.03
有償 GaussView (gview gview.exe) ※2 Gaussian用プリポストプログラム 6.0.16
有償 Maple (maple xmaple) 数式処理 2020.1
有償 Matlab (matlab) 数値計算言語 R2019a
有償 Symantec Endpoint Protection
for Linux
アンチウイルス(MS-CEPから変更) 14.2 MP1
  UTF-8 to PostScript converter
(paps)
UTF8からPostscriptへの変換 0.6.8
  Document Viewer (evince) PDF and Postscript Viewer 3.28.2
  ibus [Super]+[Space]押下で日本語モード かな漢字変換入力プログラム 1.5.17
  Firefox ESR (firefox) RedHat Linux標準ブラウザ 91.3.0esr
  Eclipse (eclipse) Java統合ソフトウェア開発環境 4.7.1a
  GNU Complier (gfrotran gcc g++) GNU版 Fortran/C C++ コンパイラ 4.8.5
  GNU Emacs (emacs) 多言語対応高機能テキストエディタ 24.3.1
  GNU Image Manipulation Program
(gimp)
グラフィックエディタ 2.8.22
  GNU plot (gnuplot) 関数プロットプログラム 4.6.2
  GNU Prolog (gplc wam2ma) 論理型プログラミング言語 1.4.4
  GNU Scientific Library (/usr/lib64/libgsl.so.0.16.0) 科学技術計算ライブラリ 1.15
  Google Chrome (google-chrome) Webブラウザ 95.0.4638.69
  GPL Ghostscript (ghostscript gs) ポストスクリプト表示 9.25
  GraphicsMagick (gm) Xグラフィックツール 1.3.36
  ImageMagick (animate convert
display montage stream)
画像処理 6.9.10.68
  Inkscape (inkscape) ベクトル形式画像編集 0.92.2
  Lapack (/usr/lib64/liblapack.so.3.2) 線形演算ライブラリ 3.4.2
  Libre Office (libreoffice) ※3 統合オフィス(文書作成,表計算,
プレゼンテーション,ドロー)
5.3.6.1
  MariaDB (mariadb) ※2 オープンソースデータベース 5.5.65
  Maxima (maxima xmaxima) 数式処理言語 5.44.0
  Network Kanji Filter (nkf) ネットワーク漢字コード変換フィルタ 2.1.3
  Openjdk (java javac) オブジェクト指向プログラミング言語 1.8.0_302
  Perl (perl) 文字列/ファイル処理 5.16.3
  PostgreSQL (pg_ctl) ※2 オブジェクトリレーショナルデータベース 9.2.24
 

Python3 (python3)
 追加パッケージは pip3 list で表示

オブジェクト指向プログラミング言語 3.6.8
  RCS
(rcs rcs-checkin rcsclean rcsdiff)
Revision Control System 5.9.0
  Ruby (ruby) オブジェクト指向スクリプト言語
(CUI I/Fのみ)
2.0.0p648
  Tcl/Tk (tclsh wish) スクリプト言語Tcl/GUI ツールキット 8.5.13
  Tex (tex) 組版処理ソフトウェア 2013
教員
要望
ARM エミュレータ (qemu-arm) ARMバイナリ実行用エミュレータ 2.0.0
教員
要望
GNU ARM
(/usr/bin/arm-linux-gnu-as gcc ld)
ARM対応アセンブラ、Cコンパイラ 2.27
教員
要望
Avogadro (avogadro) 分子模型作製 1.0.3
教員
要望
GNU mdk (mixasm mixvm) 数値計算 1.2.9
教員
要望
GNU R (R Rscript) 統計解析プログラミング言語 4.0.3
教員
要望
ImageJ (imagej) 画像処理ソフトウェア 1.51j8
教員
要望
ImageJ 日本語版(imagejj) (上記、日本語版) 1.45l
教員
要望
Jmol (jmol) 分子グラフィックス 14.27.2
教員
要望
Processing (processing) プログラミング言語 3.5.4
教員
要望
umb-scheme (scheme) Lisp系関数型インタプリタ言語 3.2
教員
要望
xgraph (xgraph) Xグラフィックツール 12.1
教員
要望
OpenSCAD (openscad) パラメータ方式3Dモデル設計ツール 2015.03
教員
要望
Julia (julia) 高度数値処理プログラミング言語 1.5.3

※1 PGIコンパイラは開発およびサポートは終了しております。引き続きご利用は可能ですが
  問い合わせできませんのでご了承ください。

※2 端末でなく、サーバのnfs共有アプリ領域に導入されています。
  Gaussian、GaussViewを利用する前に
   . /opt/nfs/g16/g16/bsd/g16.profile
   /usr/bin/mkdir -p /tmp/${USER}/g16
  を実行して環境設定してください。毎回、実行を省きたい場合はホームディレクトリの
  .bashrc ファイルに上記2行をエディタで追記してください。Linux自習用サーバーに
  sshリモート接続で利用する場合は .bash_profile ファイルに追記してください。

※3 標準導入されているLibre OfficeはMicrosoft Officeとは完全互換でないため、Linux教室導入の
  Libre Officeで作成した文書ファイルを情報処理教室のWindowsやMacのMicrosoft Officeで編集
  することは避けてください。逆のケースも同じです。相互利用するとレイアウトが崩れたり、
  マクロ等の一部機能が効かない、ファイルが保存できない、開けない可能性があります。
  止むを得ず利用する場合はバックアップコピーを取ってからの利用をお薦めします。