トップ 南大沢教室・授業 情報処理教室(Linux) Linux端末の環境変更について

Linux端末の環境変更について

2021年度前期からLinux端末のシステム環境が変更されます。

1.デフォルトパスの変更

 これまでLinux教室では利便性のため、コマンドサーチ環境変数 PATH(コマンドの検索順設定)
 にカレントディレクトリおよびホームディレクトリを追加してデフォルトPATHとしていました。
 これは自作したシェルスクリプトやプログラムを置いたディレクトリを意識せずに実行するには
 便利ですが、システム内にあるコマンドと同じ名前の場合、意図しない実行や教育上、および
 セキュリティの観点から一般的でなくなっているため、これを外すことにしました。

 今後、自作したシェルスクリプトやプログラムを実行するには、そのファイルを置いたディレクトリ
 を意識した方法でお願いいたします。

 例)
  従来 $ プログラム名<Enter>
     ↓
  今後 カレントディレクトリにあるプログラムを実行するには ./ を付ける。
     $ ./プログラム名<Enter>

     カレントディレクトリより下にあるプログラムを実行するにはパスを追記する。 
     $ ./binary/プログラム名<Enter> 

  対象:情報処理施設113,115教室 の Linux端末 および Linux自習用サーバー

 従来通りに戻したい場合はご自身でホームディレクトリに「.bash_profile(または .profile)」
 ファイルに既存のPATHより先にカレント .とホームディレクトリ ${HOME} を追記することで
 先に検索されるようになります。

 例)
  PATH=.:${HOME}:${PATH}

 Linux標準コマンドや導入済ソフトウェアの起動方法はこれまで通り変わりありません。

2.デフォルトシェルの変更

 これまでLinux教室端末のログインシェルはシステムリプレース時のユーザー資産の継承や
 他システムとの連携を考慮し、長年「tcsh」を採用してきましたが現在、Linuxの標準シェル
 は「bash」となっております。今回、標準に合わすべく「bash」に変更いたします。

  対象:情報処理施設113,115教室 の Linux端末 および Linux自習用サーバー

 tcsh(csh)で作成したシェルスクリプトは実行方法を変更する必要があります。


不明点はシステム管理室2までお問い合わせください。