トップ 障害情報 2017年度 検疫システムの接続障害について

検疫システムの接続障害について

2017年4月3日 南大沢 日野 荒川

2017/4/4 追記
検疫システムが配付するエージェントの導入に伴って、一部Linux環境に以下のような影響が出ることが確認されています。

「Linuxディストリビューションの1つであるUbuntuにて、エージェント導入後に「apt-get update」コマンドによるアップデートができなくなる。」
暫定対応として、一時的にLinuxOSに対するブラウザ経由でのエージェントインストールを停止しております。
対応が出来次第、改めてご報告させていただきます。

2017/4/3 掲載
平成29年4月3日より検疫システムから順次セキュリティーエージェントの配付を開始しております。
しかし、一部機器にて正常にインストールできない、接続できないといった障害が発生しております。

【発生事象】
インストール画面からダウンロードボタンを押下し、ダウンロード画面へ移動したあとに自動でダウンロードが始まらないため、「ソフトウェアのダウンロード」を押下すると「Not Found」と表示される。

お手数お掛けしますが、障害が発生した場合は以下の対応をお願いします。
1「Not Found」と表示されたページのURLが以下のようになっているかご確認ください。
http://XXX.XXX.XXX.XXX/x64【%2F】SC-XXXXXXXX.exe※Xは任意の英数字
2【%2F】となっている場合、【/】に変更してエンターを押下してください。
3ダウンロードが完了したら、ダウンロードファイルからインストールをお願いします。

本件に関して、ご質問等ございましたら以下の問合せ先までお願いします。
【問合せ先】
検疫システム支援窓口
keneki-support●tmu.ac.jp※●を@に変更して送信してください。
042-677-1802(南大沢内線:2627、2628)
又は
学術情報基盤センター事務室情報基盤技術係)西本
densan●tmu.ac.jp※●を@に変更して送信してください。
042-677-2415 (内線:2620)