東京都立大学 都市環境学部 観光科学科
川原晋研究室(観光まちづくり研究室)


めざしている「地域観光」像

  • 自然・文化・産業を含めた地域の総合力に支えられる観光をめざしています
  • 「観光力という浮力」は地域の総合力から!


多様な観光まちづくりを対象

  • 地域の環境や生活の改善運動である「まちづくり」と、地域資源を活用して地域の経済活動や生き甲斐を生む手段としての「観光」を一緒に考える、「観光まちづくり」に取り組んでいます。
  • 運動的「観光まちづくり」を問い直し、地域経営の視点を重視しています。


ベースとなる研究分野とチャレンジ

  • まちづくり学(多様な人・組織との地域での合意形成や、推進方法を研究する学問)
  • 都市計画学(人が集まって快適に住む装置としての都市を計画し、コントロールする方法について学問)
  • 都市デザイン学(都市を変革する必要がある時、細部から全体までを総合的に計画調整する=デザインする学問)
  • 人文科学、社会科学、地理学(地域の社会環境、空間環境を読み解く学問)

これらの学問に観光の視点を加えることで、単なる地域の現状把握だけにとどまらず
観光を活かして地域を変えていく視点を持った研究を行います。

川原研のアプローチ1 理論と実践の両輪

  • 質的調査の重視:観光や地域の状況に解像度高くせまる質的調査を重視します。定量的調査だけでは発見できない地域の様相、因果関係を発見していきます。
  • 発見的調査の重視:マスな動きとしては捉えられないが、先進的な取り組みと見られる地域の動きに着目します。
  • 定量的調査で補完:アンケケートなどの定量的調査は上記の質的、発見的調査を立証するものとして活用します。現場の経験知としては当たり前なものを定量的に立証する、だけにとどまらないものをめざします。
  • 計画学として地域に作用することのできる要素を意識的に捉えます。


川原研のアプローチ2 三者共栄関係の構築

  • 観光まちづくり=三者の満足 : 観光客、観光事業者、地域住民
  • まちづくりに観光者、観光事業者の視点を忘れず組み込んで調査、実践を試みています。


川原研のアプローチ3 地域、観光事業を動かす方法に関心

  • 活動のデザイン(やってみたい活動は何?)
  • 空間のデザイン(行きたいなと思う場は?)
  • 気持ち(モチベーション)のデザイン
  • 実現のためのプロセスデザイン(どうやって進めていくか)
  • 運営組織のデザイン(それらを支える組織は?)
  • 事業のデザイン(取り組みの継続のためには?)

これらは全てつながっていますが、卒論修論では興味のあるところから読み解いていきます。

川原研での学びのステップアップ

  • 学生の関心からスタートし、川原研の問題意識を重ね合わせることで、観光まちづくりに関する多様なテーマを扱っています。


川原研アーカイブ=研究室の問題意識+学生発見テーマの蓄積

  • 研究の多様性が分かりづらさとならないように、十数年の蓄積を有機的につなげるアーカイブを作成しています。それらの知見を活用できます。


取り組んでいる研究テーマ(一部)

①まちづくり技術を生かした観光地域づくりの方法研究

  • 観光まちづくりの将来像の合意形成の方法、そのためのワークショップ手法、表現方法の開発
  • 地域住民、事業者、観光者のチームビルディング
  • 地域住民、事業者、観光者がともに歩むプロセスデザイン
  • 地域環境や観光行動のコントロール手法、ルールとガイダンス(=エコツーリズムの技術)

②地場産業と観光の連携研究

  • 漁業、農業、林業…とまちなかの連携 観光まちづくり会社、地域商社
  • 継業:衰退傾向の産業や業種の観光を生かしたイノベーション

③観光/観光者視点からの都市空間・景観の解読研究

  • 祭りと都市空間の研究   
  • 活動舞台としての都市空間、景観 
  • SNS時代の景観形成

④関係人口、交流人口を活かした観光まちづくり

  • 観光客は一時的住民という考え方  「観光客から移住者へ」に縛られない
  • ワーケーション、その拠点としてのコワーキングスペース、

⑤観光地経営研究

  • 観光財源、金融機関の役割、観光経営者人材育成

⑥観光まちづくり情報のあり方研究

  • 観光まちづくりに資する情報アーカイブ活用 
  • 観光まちづくりオーラルヒストリー  
  • 地域ブランディング、 地域内への観光情報発信とモニタリング 








以下、旧カテゴリ(整理中)


① 観光地マネジメト、地域観光プラニング研究
都市計画・まちづくりの手法と観光事業ならでは方法を互いに活かして
観光地や、観光を活かしたまちづくりを進めるための方法論を研究しています。
公益的なミッションを実現させるための、民間事業と連携したソフト+ハード事業の実践方法の研究です。 

  • 地域資源の観光対象化、産業化のあり方研究
  • 地域の総合力による観光のあり方研究
  • 観光地域の多主体による地域観光のための合意形成
  • 地域の資源、生活を壊さない持続的観光のためのコントロール
  • 来訪者コントロール、外部資本参入の受け止め方、
  • 事業性を重視した観光地域のプロセスデザイン


LinkIcon参考:「地域観光プランニング試論〜地域の総合力で進める地域観光とそのための計画技術」
2016年度 日本建築学会大会(九州)研究懇談会 「観光地域は都市計画・まちづくりに何を期待するか」資料集より

観光視点、観光者視点からの都市デザイン、都市空間活用
人々がまた訪れたいと思う都市空間づくりも大事。
イベントや組織作りと行ったソフトの仕組みと都市・建築の空間デザインの両方を考えることを大切にしています。

  • 観光資源としての都市・建築空間分析
  • 文化的活動の舞台としての都市空間の分析、デザイン
  • 中心市街地の活動の舞台としての商店街再生
  • 祭りと都市空間研究

LinkIcon参考:地域の活動舞台としての商店街再生 紹介ページ

③ シェアビジネスと観光まちづくり

  • 観光に関わる関係者が地域の中に増えることは、地域住民と観光事業者、観光客の双方の距離が縮まり、安定した観光まちづくり取り組みに繋がると考えます。
  • シェアビジネスは、若い人、意欲ある人が地域の中で小商いを始めるきっかけになり得ます。その萌芽状況、行政と連携する形などを研究。


観光まちづくりの支援手法開発

  • 観光まちづくり、観光地域マネジメントの目標設定や進め方を考えるワークショップ開発
  • まちづくりの情報空間研究、まちづくり支援データベース開発
  • 観光まちづくりオーラルヒストリー 


地域ブランディング手法研究

  • 特産品だけではない、地域の環境、人材を含めた総合的な地域ブランディングへ 
  • 売るためだけでない、訪れたい、住みたい へつなげる計画的な取り組みへ


⑥ 地域再生のための循環まちづくりの方法論研究

  • 地域資源を地域の力で付加価値をつけ、地域に還元される構造をつくる
  • 地域資源:産物、産業、建築物、景観、人材、…
  • keyword : 広域連携、中心市街地再生、商店街+産地のまちづくり、


カウンター