メンバー紹介

教授

川原 晋

専門:観光まちづくり、
   観光地経営論、
   都市・地域デザイン
学位:博士(工学、早稲田大学)
   一級建築士

 

「観光まちづくり研究室」は、地域の環境や生活の改善運動である「まちづくり」と、地域資源を活用して地域の経済活動や生き甲斐を生む手段としての「観光」を一緒に考える「観光まちづくり」に取り組んできました。その目指す姿は
 ・地域の空間環境・歴史文化・産業などの地域の総合力が支える「地域観光」
 ・また、観光が地域の自然・文化・産業の保全、育成に貢献する「地域観光」
であり、観光の氷山図として描いてみてます。
 
近年「持続可能な観光」や、地域を尊重する「責任ある観光(レスポンシブル・ツーリズム)」に関心が高まる一方で、その実現に向けての方策はまだまだこれからです。そこで、多様な分野の蓄積を活かし、
 ・現場の先進的な取り組みから、将来像を構築するための理論を導くこと
 ・その実現にむけての具体的な方法、地域の実情に合わせたカスタマイズの方法・技術
の両面に取り組んでいます。
 
活かしたい蓄積の一つは、建築、都市計画・都市デザインと住民主体まちづくりで培われた方法・技術。空間のデザイン、体験のデザイン、気持ちのデザイン、組織のデザイン、事業のデザイン、プロセスデザインなどなどです。そして、多くの行政や観光事業者の方との共創と、様々なバックグラウンドの学生たちの日々の議論から沢山のヒントを得て、「持続可能な観光」にアプローチしています。
 
 

略歴

 

1994年3月

早稲田大学理工学部建築学科卒業

1996年3月

早稲田大学大学院理工学研究科建設工学専攻 修了

1996年4月

株式会社AUR建築・都市・研究コンサルタント

2001年4月

同社 取締役

2003年4月

早稲田大学理工学部建築学科 専任助手

2006年2月

早稲田大学大学院理工学研究科建設工学専攻、博士(工学)取得

2006年4月

早稲田大学理工学研究所 客員講師(専任扱い)

2008年4月

早稲田大学建築学科 助教

2009年4月~

首都大学東京 都市環境学部 自然・文化ツーリズムコース 准教授

2016年4月~

首都大学東京 都市環境学部 自然・文化ツーリズムコース 教授

2020年4月~

東京都立大学 都市環境学部 観光科学科 教授(改組による変更、現職)

 
 

受賞

 

  • 2021年6月 2021年度 都市景観大賞 都市空間部門 優秀賞 受賞(川原は専門家メンバーとして参画)
  • 2021年3月 2020年度 ふるさと名品オブ・ザ・イヤー「地方創生大賞(コト部門)」受賞, 受賞品名:「オソト天国」長門湯本温泉街の丸ごとリノベーション&マネジメント(川原は専門家メンバーとして参画)
  • 2020年10月 2020年度グッドデザイン賞受賞 受賞対象「長門湯本温泉観光まちづくりプロジェクト」(川原は専門家メンバーとして参画)
  • 2014年12月 多摩の大学生まちづくりコンペティション 奨励賞(ネットワーク多摩 主催)
    受賞団体:川原晋研究室(発表者:平田徳恵)
    受賞テーマ:行政と地域事業者参加で取り組む地域ブランディング 
    -東京都あきる野市におけるワークショップを通して-
  • 2014年2月 国土交通省 手づくり郷土賞受賞 (まちづくりディレクターとして参画)
    長年まちづくり関わる、鶴岡市山王商店街を中心とする取り組みに対して
    受賞テーマ:商店街『みち広場』の整備と運営による賑わいづくり~デイバザール、ナイトバザール、夢やたい
  • 2013年11月 第7回産業観光まちづくり大賞 金賞受賞(日本観光振興協会主催)
    受賞団体:おおたオープンファクトリー実行委員会(大田クリエイティブタウン研究会+工和会協同組合)
    受賞テーマ:「おおたオープンファクトリー」に対して
  • 2012年9月 NPO日本都市計画家協会 楠本洋二賞・優秀賞 受賞
    「中心市街地に様々な活動やアクターを呼び込む空間整備と組織づくり~山形県鶴岡市山王商店街まちづくりの10年の取組み」に対して
  • 2011年9月 日本都市計画学会 創立60周年記念事業「自治体まちづくりグッズ賞」佳作
    受賞団体:つるおか『美しい都市』プロジェクト実行委員会(ディレクターとして参画)
    受賞対象:「物語で紡ぐまちの記憶 城下町鶴岡 町人まちブック」「古地図で歩く 城下町鶴岡 町人まちMAP」
  • 2007年12月 (財)アジア太平洋観光交流センター第13回 観光に関する研究論文 奨励賞
    受賞論文:川原晋、古川尚彬「東アジアの歴史的都市が持つ生態学的特徴を資源とした社会基盤整備と観光のあり方」

助教・研究員

客員准教授

野田 満

専門:農村計画、
   都市・地域デザイン、
   観光まちづくり
学位:博士(工学、早稲田大学)
所属:近畿大学 総合社会学部 
   講師 (2022.04栄転)
 

 
 農山漁村の風景は、どこか懐かしく温かであると同時に、過疎・高齢化の進むその姿は、近い未来のわが国の縮図でもあります。今後の縮減社会に対応していく為の計画や政策、そして暮らしの手がかりは、「田舎」にこそ潜んでいるのかもしれません。
「縦割り」から脱却し、限られた人的・財的・知的資源の活用を複合的に考えること(分野間の横断と接続)、理論と実践を常に表裏一体のものとして考えること(領域間の横断と接続)、そして都市だけ、農村だけではなく、互いに恩恵を享受し合うような国土の在り方を考えること(地域間の横断と接続)を通して、共に議論し、共に現場に飛び込み、頭も手も動かしながら地域づくりに取り組んでいきましょう。
 

研究紹介

researchmap
 

受 賞

2017.04

日本建築学会 奨励賞

2015.03

日本建築学会関東支部研究発表会 若手優秀研究報告賞

2014.02

日本建築学会農村計画委員会 学術講演若手優秀発表

2012.05

日本都市計画学会都市計画ポスターセッション 優秀ポスター賞

特任助教

平田 徳恵

専門:地域ブランディング
   観光まちづくり
   環境色彩・生活空間デザイン
学位:博士(観光科学,首都大学東京)

 
 
訪れた地での美しい景観、地域ならではの特産物や食など、観光によって体験できる地域文化は、その地において長い年月をかけ、つくりあげられたものです。 機能性優先のグローバル化等により地域らしさが失われつつある現在、大切な地域ならではの文化を住民の方々と共に再発見し磨きあげていくこと、そして、地域資源を介して地域内と地域外の方々との交流が生まれ育まれるようなまちづくりが重要だと考えています。 このような住み心地よく、訪れて楽しいまちをどのようにしてつくりあげ、マネジメントしていくことができるのか、皆さんと一緒に様々な視点から考えていきたいと思っています。

客員研究員 

李 鏞遠

学生

D(博士後期課程)

山本 大地

佐藤 彩生

M2(博士前期課程1年)

海老沢 結

高 垚垚

手塚 真人

M1(博士前期課程2年)

千葉優美子

和田拓将

B4(学部4年)

須藤 初音

髙橋 花那子

B3(学部3年)

10月配属予定

川原研(大学院)で研究を希望する方へ

  • 受験前に必ず相談しに来てください。(ビデオ会議も可能です)。
  • 観光に関わる簡単な研究計画書をEメールで送付ください。
  • 大学院の合格前に、研究生として受け入れることはしていません(学科方針)。
  • 受験の詳細は観光科学域HPをご覧下さい。夏試験(8月)、冬試験(2月)があります。