介護等体験(施設編)参加にかかる手続きについて

2020年10月 5日 重要 介護等体験

2020年度介護等体験(施設編)の割り当てが決定し、
2020年10月5日までに対象者へ施設の受入れ連絡票をお送りしました。

【注意点】
◆PDF名に「受入れ連絡票20201002」とあるのが10月2日時点で最新のものです。
 9月28日に先に受入れ連絡票をお送りした学生につきましても、
 9/28版は破棄し、今回お送りするものを最新版として読み直してください。
 一部の施設について10/2板は9/28版とは手書きの記載部分が変更になっているところがあります。

「受入れ連絡票20201002」は大学が付与したメールアドレス(@ed.tmu.ac.jp)へ送付しています。
 (以前、事前指導参加日調査のためにGoogleフォームで回答してもらったメールアドレスが
 不正で届かない事例があったため)
 メールの受信確認をしたいので、受入れ連絡票を確認したら返信にて必ず受領連絡を行ってください。

「介護等体験希望学生個人票」は10/12(月)までに大学へ提出と案内していますが
 体験開始日が10/12~または10/13~の学生は、10/6(火)までに大学へ提出してください。
 それが難しい場合は、10/6までに教務課へご連絡ください。
 体験日初日に持参で良いかを大学から施設へ確認します。

◆体験開始日2週間前からの検温、健康確認表の記入を忘れずにおこなってください。

◆体験前に確認が必要な資料
 ・2020年介護等体験の手引き(予備申請ガイダンス時に配布したうすいピンク色の冊子)
 ・kibaco「介護等体験」の「資料」に掲載した「ガイダンス書類一式」
 ・kibaco「介護等体験」の「お知らせ」に掲載した「介護等体験(施設編)受入れ連絡票について」

体験費用(10,450円)の請求は別途連絡します。
 体験日誌に同封した納付書/領収書は案内があるまで保管しておいてください。

ご質問等については教務課(kyosyoku●jmj.tmu.ac.jp)※●を@に打ち換える にご連絡ください。