「欠席配慮依頼」について(2022年度教育実習生向け)

2022年4月22日 教育実習

教育実習の日程と、今年度受講する授業の日程が重複した場合、
「教育実習期間中の授業の取扱いについて(依頼)」(以下、「欠席配慮依頼」)の発行ができます。

これを学生が授業担当教員に提出することで、上記理由による授業の欠席配慮を依頼できます。
※ 欠席配慮の可否については、各授業担当者の判断によります。

「欠席配慮依頼」の発行を希望する場合

「2022年度 欠席配慮願(学生⇒教務課)」に必要事項を記入の上、
教務課教職担当(鈴木・永田)までご提出ください。

 >申請様式

 2022年度 欠席配慮願(学生⇒教務課).docx

 ・裏面の「授業科目一覧」には、教育実習と重複する授業等日程をすべて記入してください。
 ・授業がオムニバス形式の場合、「授業担当教員氏名」欄には、欠席する回の授業担当教員氏名を記入してください。

◆提出方法

以下のいずれかの方法で提出してください。

・両面印刷した用紙を教務課②番窓口に持込
・電子データをメール送付
 (メールアドレス:kyosyoku●jmj.tmu.ac.jp ※●を@に変える。)

◆注意

・「欠席配慮依頼」は教員一名につき一枚発行します。
・発行までに一週間ほど時間を要するため、提出前にkibaco等を利用して、
 あらかじめ担当教員に事情を説明してから「欠席配慮依頼」を提出してください。

  ≪担当教員へお伝えすべきこと≫
  ・教育実習との日程重複を理由に授業を欠席しなければならないこと
  ・その欠席について格段の配慮をお願いしたいこと
  ・後日教務課が発行する文書をもって正式に依頼すること
   >このとき、提出方法について教員へ必ず事前確認すること

◆「欠席配慮依頼」発行後の流れ

 1 教務課②番窓口で、申請者に原本をお渡しします。
   ※ やむを得ない事情により、窓口での受け取りが難しい場合にはご相談ください。
 2 事前に教員と相談のうえ決定した提出方法により、学生本人から授業担当教員宛て提出してください。