【重要】2022年度介護等体験予備申請ガイダンスについて(12/6申込フォーム等更新)

2021年12月 6日 介護等体験

2022年度介護等体験予備申請ガイダンスについてお知らせします。

介護等体験は、平成10年4月以降の入学生で、中学校教諭普通免許状の取得を希望する学生に必須の実習です。

例年、体験前年度11~12月に予備申請ガイダンスを行っており、今年度は、下記【スケジュール】のとおり実施する予定です。

次年度介護等体験に参加する学生(下記【2022年度介護等体験予備申請 対象者】に記載の学生)は、必ず出席いただく必要がありますので以下の参加申込方法をご確認ください。

《注意》当ガイダンスへの出席は予備申請の一環と位置付けておりますので、ガイダンスに無断欠席・遅刻した場合は予備申請が認められず、2022年度に介護等体験に参加することは出来ません。やむを得ない理由で欠席する場合は、ガイダンス開始前までに教務課教職担当へ下に添付した欠席届にて申し出ること。事後の連絡は一切受け付けませんので、注意してください。


【スケジュール】

◆2022年度介護等体験予備申請ガイダンス:

 第1回:2021年12月20日(月)5限
 第2回:2021年12月22日(水)5限

 上記日程のうち、どちらか1回に参加してください。(10/26更新)

◆2022年度介護等体験予備申請(レポート提出):2022年1月末〆切

◆実施形式:オンライン開催 


ーーーーーーーー《New》12/6更新↓ーーーーーーーーーーーー

【ガイダンス参加申込方法】

参加用ID及びPWは下記申込フォーム回答後の自動返信メール(大学配布アドレス宛)でお知らせします。

下記フォームへの回答を行わない場合、ガイダンス出席のためのZoom情報を取得できず、出席することが出来ませんのでご注意ください。

※下記【2022年度介護等体験予備申請 対象者】に該当する者は全員、フォームに回答いただく必要があります

《申込フォーム》  https://forms.gle/wSjTfnt3wzkgxRXj6

《申込フォーム回答〆切》2021年12月16日(木)正午

《注意》申し込みを完了しても当ガイダンスに欠席した場合は、2022年度の介護等体験の参加はできません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【2022年度介護等体験予備申請 対象者】

中学校の教員免許の取得を希望する者で以下1)又は 2)又は 3)の者

1)本学の教職課程認定のある学部の学部生:原則3年次の学生(2022年度4月1日時点)

※生命科学科及び化学科の学生は、学科のカリキュラムにより3年次の参加が難しいため、

 2年次(2022年度4月1日時点)に介護等体験の参加を推奨

※留学等の関係で事前に教務課と相談し認められた学生のみ、2年次(2022年度4月1日時点)に介護等体験参加可

2)本学の教職課程認定のある学部の大学院生及び科目等履修生(本学卒業生)

3)上記1)のうち、2021年度に介護等体験に本申請したが、新型コロナウイルス感染症の影響により

 代替措置調査対象となり調査で次年度以降体験延期を選択した学生


【予備申請するための履修条件】

「教職入門」、「教育原理」又は「教育原理Ⅰ」あるいは「教育の制度と社会」又は「教育原理Ⅱ」を修得していることが望ましい。(履修中を含む)


【他の授業との重複によりガイダンスに出席できない場合】

やむを得ない理由で欠席・遅刻する場合は、必ず事前に次の欠席届を提出すること。事後の連絡は一切受け付けません。

ガイダンス等欠席届2021.10.29版.docx


ご質問等については教務課教職課程担当(kyosyoku●jmj.tmu.ac.jp)※●を@に打ち換える にご連絡ください。