【重要】新型コロナウイルス感染症の流行に関する対応について(教職課程)(4/9追記)

2020年4月 9日 重要 その他のお知らせ

新型コロナウイルス感染症の流行に伴う本学教職課程関するお知らせは、このページでお知らせをしていきます。

教職課程を履修している学生は必ず下記を確認してください。

(1)教育実習を予定している学生

  教育実習予定先に実習予定を確認し、教務課教職担当メールアドレス(kyosyoku@jmj.tmu.ac.jp)に、

  所属、学修番号、氏名、実習予定日程を記載して報告してください。

  ※予定に変更がなくても4月30日までに必ず報告をしてください。

(2)介護等体験を予定している学生

  特に現時点で学生が体験先と調整をする必要はありません。

  

(3)各種ガイダンス、事前指導について

  4月中に開催予定だったガイダンスは全て5月以降に延期、または開催形態を改める方針で検討中です。

  詳細は後日に改めてお知らせします。 

  〇教育実習本申請ガイダンス(実習当年度学生)について!4/9追記!

   現時点では、5/7にキャンパス内での開催を予定していますが、新型コロナウイルス感染症の流行を鑑みて、

   オンラインでの実施も検討しています。

   このことに伴い、学生のネットワーク環境に関する調査も行いますので、上記(1)と併せて、下記項目も追記して

   報告をしてください。なお、既に実習先の方針について報告をしていただいた学生についても、お手数ですが下記について

   ご回答をお願いいたします。※①~④について既に報告済みの学生は⑤以降についてのみの報告で結構です。

   【質問事項】

   ①所属②学修番号③氏名④実習予定日⑤無線、または有線でのネットワーク環境の有無⑥利用可能なネットワーク通信量

   (例:無制限or~ギガバイトまで)⑦カメラ、マイク機能のついた端末の有無(例:タブレット、

   PC,スマートフォンなど)

   以上、よろしくお願いいたします。