TopImage

Chronicle

2022.09.21
第83回応用物理学会秋季学術講演会(東北大学川内キャンパス)でシンポジウム「ガラス系イオン伝導体の最前線 ∼2022年国際ガラス年IYOG記念シンポジウム∼」(ポスター)を開催しました。
2022.08.01
京都大学の金森主祥先生、早稲田大学の下嶋敦先生とのゾル–ゲル法によるガラス、セラミックス、有機–無機ハイブリッドの合成に関する総説が掲載されました。
2022.07.20
梶原が2022年度東京工業大学フロンティア材料研究所 先端無機材料共同研究拠点成果報告会で依頼講演「シリカ-希土類リン酸塩透明結晶化ガラスの無濃度消光緑色・紫外発光」を行いました。
2022.05.24
梶原が日本ゾル–ゲル学会第19回セミナーで依頼講演「ゾル–ゲル法を用いた機能性ガラス合成」を行いました。
2022.04.30
卒業生の後藤美桜子さん(令和3年度修士修了)との無共溶媒ゾル–ゲル法によるマクロ多孔質シリカゲルおよびシリカガラス合成に関する論文が掲載されました。
2022.04.01
石島政直先生が助教として着任されました。
2022.03.24
卒業生の桑谷俊伍君(平成22年度修士修了)作製、金子健君(平成24年度修士修了)作製・撮影の希土類ドープシリカガラスの写真(参考文献)が、4月の科学技術週間(令和4年は4月18–24日)にあわせて文部科学省が製作・配布している「一家に1枚」(令和4年度のテーマは「ガラス」)に掲載され、電子版が公開されました。
2022.03.04
梶原がニューガラスフォーラム第144回若手懇談会で依頼講演「シリカガラスにおける点欠陥とその分析方法」を行いました。
2022.01.30
M1の中川慎冴君、卒業生の岩﨑玲奈さん(令和2年度修士修了)との無共溶媒ゾル–ゲル法によるTb,Ceドープシリカ緑色蛍光ガラスにおけるエネルギー移動と消光に関する論文が当該号(Phys. Status Solidi A 219巻2号)のSection Cover (Special Section: Advanced Dielectrics and Related Devices)に選ばれました。
2021.12.14
梶原がPACRIM14で招待講演「Acid-catalyzed tetraalkoxysilane-water binary solutions: liquid-state NMR characterization and silica thin film processing」を行いました。
2021.11.18
梶原が高分子学会 第40回無機高分子研究討論会で招待講演「シリカ系材料の無共溶媒ゾル–ゲル合成」を行いました。
2021.11.17
M1の中川慎冴君、卒業生の岩﨑玲奈さん(令和2年度修士修了)との無共溶媒ゾル–ゲル法によるTb,Ceドープシリカ緑色蛍光ガラスにおけるエネルギー移動と消光に関する論文が掲載されました。
2021.09.09
Li4B4Al3O12Cl系結晶化ガラス電解質を用いた固体リチウム金属二次電池に関する講演第82回応用物理学会秋季学術講演会の注目講演に選ばれました。
2021.07.19
M2の土屋俊貴君、卒業生の福田祐子さん(平成26年度修士修了)らとの無共溶媒法による低屈折率深紫外透明含フッ素ポリシルセスキオキサン樹脂に関する論文が掲載されました。
2021.05.26
M2の高橋大輔君、東北大学の小林弘明先生、NIMSの万代俊彦博士、慶応義塾大学の今井宏明先生、環境応用化学域の金村聖志先生とのマグネシウム二次電池用多孔質MgMn2O4正極のフェニルホスホン酸表面修飾と塗工正極の室温動作に関する論文が掲載されました。
2021.04.21
卒業生の齋藤真優さん(令和2年度修士修了)、環境応用化学域の金村聖志先生らとのLi4B4Al3O12Cl系結晶化ガラス電解質を用いた固体リチウム金属二次電池に関する論文が掲載されました。
2021.03.27
Latvia大学のLinards Skuja博士、Paris-Saclay大学のNadège Ollier博士らとの合成シリカガラス中の格子間塩素関連化学種と酸素分子の光化学に関する論文が掲載されました。
2021.03.24
梶原らが第21章第46章を分担執筆した書籍"Next Generation Batteries"が出版されました。
2021.02.26
梶原が第9章「透光性材料とガラス」を分担執筆した教科書「ベーシック無機材料科学」が出版されました。
2021.02.22
M2の岩﨑玲奈さんとの無共溶媒ゾル–ゲル法によるシリカ–(Tb,Ce)PO4透明結晶化ガラスの無濃度消光緑色発光に関する論文が掲載されました。
2020.12.17
シリカガラスの格子間化学種の拡散と反応に関する解説記事が掲載されました。
2020.10.01
卒業生の蛭田圭一君(平成28年度修士修了)らとの無共溶媒ゾル–ゲル法による長可使時間シリカ成膜溶液の開発と溶液NMR解析に関する論文が掲載されました。
2020.05.16
Latvia大学のLinards Skuja博士、Paris-Saclay大学のNadège Ollier博士らとの電子・中性子線照射したα-石英における酸素ダングリングボンドの発光に関する論文が掲載されました。
2020.04.01
大学名が首都大学東京から東京都立大学に変更されました。また、梶原が教授に昇任し、武井孝先生、柳下崇先生とともに研究室を運営することになりました。
2020.03.30
卒業生の加藤宏彦君(平成27年度修士修了)、高橋遼君(平成29年度修士修了)、東京工業大学の溝口拓博士、株式会社リガクらとのシリカゼオライトDDRの欠面性双晶と熱膨張に関する論文が掲載されました。
2020.03.13
ポリ(フェニルシルセスキオキサン)系低融点ガラスに関する解説記事が掲載されました。
2020.02.05
修士2年の瀬戸涼介君、滋賀県立大学の吉田智先生らのとポリ(フェニルシルセスキオキサン)系低融点ガラスに関する論文が掲載されました。
2019.10.29
修士1年の齋藤真優さんがThe 13th Pacific Rim Conference of Ceramic Societies (PACRIM13)のSymposium 20: Ceramics for Rechargeable Energy Storageでの発表(M. Saito, K. Kajihara, M. Shoji, Y. Kizuki, H. Munakata, K. Kanamura, "Fabrication of a solid-state lithium secondary battery using a lithium-ion-conducting Li4B4Al3O12Cl-based glass-ceramic")でBest Poster Awardを受賞しました。
2019.10.26
梶原がテレビ朝日「ポルポ」に出演しました。
2019.07.30
首都大学東京 新技術説明会で、シルセスキオキサン系親水性低融点ガラスに関する発表を行いました。
2019.06.07
卒業生の高橋遼君(平成29年度修士修了)、加藤宏彦君(平成27年度修士修了)らとのシリカゼオライトDDRに関する論文(PDF)が2018 JCS-Japan(日本セラミックス協会学術論文誌)優秀論文賞を受賞しました。
2019.04.23
名古屋工業大学の中野高殻さん、中山将伸先生らとのマグネシウムイオン伝導性結晶MgZr4(PO4)6に関する論文が掲載されました。
2018.12.18
シリカガラス中の点欠陥に関する解説記事(後編)が掲載されました。
2018.11.24
Latvia大学のLinards Skuja博士、Paris-Saclay大学のNadège Ollier博士らとの電子・中性子線照射したα-石英における点欠陥に関する論文が掲載されました。
2018.11.23
修士1年の瀬戸涼介君、京都大学の小野寺陽平先生、物質・材料研究機構の小原真司博士らのとポリシルセスキオキサン(PSQ)液体・ガラスの物性と微細構造に関する論文が掲載されました。
2018.09.20
第79回応用物理学会秋季学術講演会(名古屋国際会議場)でシンポジウム「シリカガラスの最前線」(ポスタープログラム)を開催しました。
2018.09.12
卒業生の須田真優さん(平成29年度修士修了)らとの狭帯域UVB蛍光ガラスに関する論文が当該号(Dalton Trans. Vol. 47, No. 35)のInside Front Coverに選ばれました。
2018.08.11
卒業生の須田真優さん(平成29年度修士修了)らとの狭帯域UVB蛍光ガラスに関する論文が掲載されました。
2018.07.23
シリカガラス中の点欠陥に関する解説記事(前編)が掲載されました。
2018.06.29
梶原がニューガラスフォーラム平成30年度第1回評価技術研究会で依頼講演「ポリシルセスキオキサン液体の無共溶媒合成と評価」を行いました。
2018.04.01
卒業生の高橋遼君(平成29年度修士修了)、加藤宏彦君(平成27年度修士修了)らとのシリカゼオライトDDRに関する論文(PDF)が掲載されました。本論文はJ. Ceram. Soc. Jpn. 126巻4号の表紙(表紙PDF)とEditor's Choiceに選ばれました。
2018.04.01
梶原研究室が発足しました。