4. 教育

■首都大学東京
1) 建築学概論(1年生・前期)
建築都市コースにおける建築系の各分野ごとに,その概要を把握するとともに,勉学の方法,関心の持ち方などについて,演習を含む形式の授業によって体得する.建築計画・都市計画,建築史・意匠,建築生産,建築材料,建築構造,建築環境・設備の各領域の教員が担当する.

2) 建築環境システムA(2年生・前期)
建築環境を創出するための給排水システムと空調システムについて理解する.基本的な理論に加えて,設計に必要な考え方を習得する.建築環境を創出するための種々のシステム構成を理解すると共に,システム設計上の基本的な考え方,留意すべき事項などを体系的な理解を目指す.

3) 建築環境演習T・U(3年生・前後期)
建築物を計画・設計する際に重要な,熱・空気・光・音等の各種環境因子について体験を通して的確な知識を持ち,これらの定量的な分析と評価に基づき計画立案に対処していける基礎的能力を,実験演習を通じて実践的に身につける.

4) 建築環境システム設計(3年生・後期)
一級建築士および設備設計一級建築士において必須となる知識を習得するとともに,設計演習課題等を通して具体的な建築環境を作り出すための計画・設計への応用力を養成する.

5) 建築デザインT(3年生・前期)
社会的背景等に基づいたコンセプト設定と,それに基づいた具体的な建築空間のデザインを目指す.住宅を題材とする.


■非常勤講師
1) 建築環境実験T(東京理科大学 3年生・前期)
オムニバス形式講義であり,最近行っている研究内容などを踏まえた講義を行うとともに,基礎的な演習課題に取り組んでもらう.

2) 設備設計製図(東京理科大学 4年生・前期)
主として環境系の研究室に配属された4年生を対象とした選択必修科目である.建築環境・設備の専門分野において必須である基本的理論を習得し,さらに,建築設備設計実務に対する理解を深めることを目的として,以下のような具体的目標を設定している.(1)一級建築士,設備設計一級建築士において特に空調関係で必須となる知識の習得,(2)建築環境・設備分野における最新動向の把握,(3)建築設備設計実務プロセスの理解,(4)建築設備システムの構成および概要図面の理解 具体的には,設備設計実務を想定した以下に挙げる内容となっている.(1)建築環境・設備分野における基本的理論の確認,(2)省エネ法,PAL/CECなど実務における法令等の紹介,(3)実際のプロジェクトの紹介,(4)設備システムの容量算定や接続等に関する演習

3) 建築環境特論(東京大学 3年生・後期)
オムニバス形式の講義であり,最先端の研究分野を中心に,実務や政策と密接に関わる研究動向などを紹介する.ファサードエンジニアリングというタイトルで講義を行う.


>>Homeへ

Copyright 首都大学東京 一ノ瀬雅之