ニュース一覧

2018年04月01日
朝山研究室がスタートしました。
2018年04月14日
オープンユニバーシティ講座「QOLの向上を目指したバイオマテリアル」を開講しました(5月12日まで全4回開講)。
2018年05月16日
ASGCT(アメリカ遺伝子細胞治療学会)で朝山が発表しました(5月19日まで開催)。
2018年05月23日
第67回高分子学会年次大会でM1の曽根君が発表しました(5月25日まで開催)。
2018年06月21日
第34回日本DDS学会学術集会で朝山が発表しました(6月22日まで開催)。
2018年06月29日
代表発明者である朝山の発明が、特許するものと確定し、特許原簿に登録されました。【特許第6358661号 名称:界面活性剤様化合物】 
2018年07月19日
第47回医用高分子シンポジウムで朝山とM1の曽根君が発表しました(7月20日まで開催)。M1の曽根君は、学生奨励発表おいて、優秀賞を受賞しました。受賞タイトルは「コレステロール末端修飾PEGを用いた非共有結合による高密度PEGブラシ構築」です。
2018年09月07日
朝山が発表予定の第67回高分子討論会(9月12日~14日)が北海道胆振東部地震に伴い中止になりました(予稿集は8月29日に発行されWEB公開済み)。被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
2018年10月01日
喬海波君が研究生として朝山研究室のメンバーに加わりました。
2018年11月12日
第40回バイオマテリアル学会大会で朝山が発表しました(11月13日まで開催)。
2018年11月15日
第89回高分子学会関東支部武蔵野地区高分子懇話会でM1の曽根君が発表しました。
2018年12月15日
1st G'L'owing Polymer Symposium in KANTOでM1の曽根君が発表しました。
2019年03月05日
小林祐貴君(B4)が特別研究発表会MIP賞を受賞しました。発表タイトルは「pDNA/PEG モノイオンコンプレックス構造最適化による in vivo 持続的遺伝子発現向上」です。
2019年05月30日
第68回高分子学会年次大会でM1の小林君が発表しました(開催期間:5月29日~31日)。
2019年06月21日
論文がACS Omegaにアクセプトされました。論文タイトルは「Plasmid DNA Mono-Ion Complex for In Vivo Sustainable Gene Expression」です。
2019年07月01日
第48回医用高分子シンポジウムで朝山とM1の小林君が発表しました(7月2日まで開催)。
2019年07月04日
第35回日本DDS学会学術集会でM1の小林君(7月4日)とM1の遠藤君(7月5日)が発表しました(7月5日まで開催)。
2019年07月31日
論文がJournal of Minerals and Materials Characterization and Engineeringにアクセプトされました。論文タイトルは「Preparation of Zn2+-Chelated Carboxymethyl Poly(1-vinylimidazole) for Intracellular Zn2+ Delivery」です。
2019年09月13日
第388回応化コロキウムを主催し、丸山厚先生(東京工業大学生命理工学院教授)に、「しなやかな高分子複合体によるバイオ分子機能の強化と創発」と題する御講演をして頂きました。
2019年09月24日
文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム令和元年度利用成果発表会に、実施機関である東京大学微細構造解析プラットフォームから推薦して頂き、朝山が発表しました。
2019年09月25日
第68回高分子討論会の特定テーマ(生体と対話をする医用高分子材料の設計と応用)に依頼発表して頂き、朝山が発表しました(開催期間:9月25日~27日)。
2019年10月21日
Highlight Review(Invite Only)がChemistry Lettersにアクセプトされました。総説論文タイトルは「Molecular Design of Polymer-Based Carriers for Plasmid DNA Delivery in Vitro and in Vivo」です。
2019年11月22日
第91回高分子学会関東支部武蔵野地区高分子懇話会を幹事研究室として主催しました。遠藤君(M1)、小林君(M1)、喬君(M1)が発表しました。
2019年11月25日
第41回バイオマテリアル学会大会で朝山とM2の曽根君が発表しました(開催期間:11月24日~26日)。
2019年12月13日
朝山が依頼執筆して頂いたHighlight Review(Title : Molecular Design of Polymer-Based Carriers for Plasmid DNA Delivery In Vitro and In Vivo)がChemistry LettersのTop Accessed Articlesにランクインしました。
2020年01月20日
論文がInternal Medicine and Careにアクセプトされました。論文タイトルは「Synthesis and Characterization of Lactosylated Poly(1-vinylimidazole) for Cell-Specific Plasmid DNA Carrier」です。
2020年02月21日
朝山が発表予定の日本薬学会第140年会(3月25日~28日)が新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から中止になりました(Web要旨は3月5日に公開され本年会成立)。
2020年03月04日
横山正真君(B4)が特別研究発表会MIP賞を受賞しました。発表タイトルは「細胞認識性糖鎖修飾Znポルフィリン錯体の合成と細胞特異的Zn2+送達」です。
2020年04月03日
朝山が発表予定の第69回高分子学会年次大会(5月27日~29日)が新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から中止になりました(WEB予稿集が5月12日に公開され発表成立)。
2020年05月01日
朝山とM1の森さんが発表申込済の第49回医用高分子シンポジウム(6月29日~30日)が新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から中止になりました。
2020年08月28日
第36回日本DDS学会学術集会でM1の森さん(8月28日)、M1の横山君(8月28日)、M2の小林君(8月29日)が発表しました(8月29日まで開催)。
2020年09月16日
第69回高分子討論会の特定テーマ(「マルチスケールの視点で捉える医用高分子の生体機能(9月16日)」及び「核酸医薬実用化に向けた高分子研究最前線(9月18日)」)に依頼発表して頂き、朝山が発表しました(開催期間:9月16日~18日)。
2020年09月21日
論文がLangmuirにアクセプトされました。論文タイトルは「Designing a Bioinert Surface by Simple Coating with Cholesterol End-Modified Poly(ethylene glycol)」です。
2020年10月14日
論文がJournal of Biomaterials Science, Polymer Editionにアクセプトされました。論文タイトルは「Noncorrelative Relation between In Vitro and In Vivo for Plasmid DNA Transfection by Succinylated Polyethylenimine Muscular Injection」です。
2021年01月04日
論文がPharmaceuticsにアクセプトされました。論文タイトルは「Structure-Activity Relationship of Mono-Ion Complexes for Plasmid DNA Delivery by Muscular Injection」です。
2021年03月10日
小林祐貴君(M2)が修士論文発表会MIP賞を受賞しました。発表タイトルは「骨格筋内Zn2+/pDNA共送達キャリアの分子設計および筋細胞分化誘導への応用」です。
2021年04月16日
朝山が国際医薬品開発展(CPhI Japan 2021)のDDS技術セミナーに招待して頂き講演を行いました。招待講演タイトルは「慢性・希少性疾患を対象としたタンパク質およびプラスミドDNAのPEG修飾法の開発」です。
2021年05月27日
第70回高分子学会年次大会で朝山が2件発表しました(開催期間:5月26日~28日)。
2021年06月29日
第37回日本DDS学会学術集会でM1の木村君(6月29日)とM1の田原君(6月30日)が発表しました(6月30日まで開催)。
2021年07月05日
第50回医用高分子シンポジウムで朝山とM1の小堀さんが発表しました(7月6日まで開催)。
2021年09月06日
第70回高分子討論会の特定テーマ(はたらく医用高分子:時間・空間と機能・作用の観点から)に依頼発表して頂き、朝山が発表しました(9月7日)。一般テーマ(生体高分子および生体関連高分子)で、M1の木村君(9月6日)とM1の小堀さん(9月7日)が発表しました(開催期間:9月6日~8日)。
2021年09月14日
第393回応化コロキウムを主催し、芹澤武先生(東京工業大学物質理工学院教授)に、「バイオとの接点から生まれる機能性高分子材料」と題する御講演をして頂きました。
2021年09月30日
論文がPolymers for Advanced Technologiesにアクセプトされました。論文タイトルは「Guanidinopropyl End-Modified Poly(ethylene glycol) to Form Highly Compact Plasmid DNA Mono-Ion Complexes by Thermal Treatment」です。
2021年10月18日
バイオマテリアル学会誌(バイオマテリアル -生体材料-)の特集「すべての人々の健康・福祉の実現(SDGs目標3)に貢献するバイオマテリアル」に依頼執筆して頂き、朝山が総説を発表しました(Vol.39, No.4, pp.222-227, 2021)。総説タイトルは「非共有結合によるタンパク質およびプラスミドDNAのPEG修飾とデリバリー」です。
2021年11月29日
第43回日本バイオマテリアル学会大会で朝山とM2の渡邉君が発表しました(11月30日まで開催)。
2021年11月30日
代表発明者である朝山の発明が、特許するものと確定し、特許原簿に登録されました。【特許第6952340号 名称:表面処理剤】(登録日:2021年9月30日)
2021年11月30日
論文がPharmaceuticsにアクセプトされました。論文タイトルは「Hepatocyte-Specific Co-Delivery of Zinc Ions and Plasmid DNA by Lactosylated Poly(1-vinylimidazole) for Suppression of Insulin Receptor Internalization」です。
2021年12月02日
第93回高分子学会関東支部武蔵野地区高分子懇話会でM1の小堀さんが発表しました。