sakura
東京都立大学(首都大学東京)

森口ゼミ

semi
semi
semi

森口ゼミについて

経営科学やオペレーションズ・リサーチを扱うゼミとして、2013年に発足しました。 指導教員は森口聡子准教授。 2020年度、コロナ禍でも4年生は、主としてオンラインのきめ細かい指導にて、卒業研究に取り組んでいます。 (通常、大学院経営学プログラム(MBA)は丸の内サテライトキャンパスで研究を実施します。)

研究内容

このゼミで扱う経営科学、オペレーションズリサーチは、現実世界において生じる様々な問題に対して、数学的手法やコンピューターを用いて、科学的・合理的な意思決定をするための学問です。その守備範囲は広く、経営、行政、学術研究、スポーツなど、様々な分野で応用されています。卒論や修論でも、毎年様々なテーマが扱われています。

森口聡子准教授

森口聡子准教授

森口聡子 准教授

東京工業大学大学院 情報理工学研究科 数理・計算科学専攻 博士後期課程修了。博士(理学)。
専門は数理計画法、組合せ最適化、離散凸解析。
2013年より現職。

NEWS

2022
.2
高校数学の電子教科書の副教材に森口先生が協力しています.プレスリリースが出ました。
2021
.3
コロナ禍で生じた課題を解決する,学部4年阿見さん,井上さんと,(株)さいたまアリーナの研究「集客施設における売店の配置に関するシミュレーション」が 学生研究事例としてS4 Simulation SystemのWEBサイトで紹介されました。
2021
.3
コロナ禍で生じた課題を解決する,大学院(MBA)本田さんと森口先生の共同研究「数理最適化によるソーシャルディスタンス調整を伴うオフィスワーク管理」が発表されました。
2019
.11
学部4年藺牟田さんがS4 Simulation System 学生研究奨励賞(2019年度)を受賞しました。
2018
.11
2年生向けゼミ説明会:11月8日12時~、9日12時10分~(3-114室)
ゼミ見学可能日:11月8日(3-114室)、15日(3-113室)
外部講師((株)パソナフォーチュン コンサルタント)によるキャリアセミナー:11月22日11時~(3-114室)一般公開
2018
.7
大学院(MBA)修了生小林さんと森口先生の共著論文が情報処理学会論文誌に採録決定となりました。
2018
.3
大学院(MBA)小林さんがOR学会、PM学会で研究発表を行いました。
2018
.3
学部4年安藤君の卒論が学生研究事例としてS4 Simulation SystemのWEBサイトで紹介されました。
2017
.12
大学院(MBA)小林さんが情報処理学会数理モデル化と問題解決研究部会で発表しました。
2017
.10
学部4年大尾さんがS4 Simulation System 学生研究奨励賞(2017年度)を受賞しました。
2017
.9
河合塾/KEIアドバンスが発行の「栄冠をめざしてSPECIAL2017ゼミ・研究室ナビ」に森口ゼミが掲載されました。