教員紹介

  • 地域計画・マネジメント領域
    • 清水 哲夫
    • shimizu.jpeg

      • 教授
      • 【専門】交通学、社会基盤計画学、観光政策・計画学、観光統計・ビッグデータ
        【学位】博士(工学)(東京工業大学)
      • 地域を支える交通・電力・上下水道などの社会基盤(インフラ)整備やサービス供給計画、それら利用需要を高い時空間解像度で把握することが不可欠です。しかし、観光需要は時空間的偏在が大きく、観光産業が卓越する地域の社会基盤整備・サービス計画は、学術上も実務上も難しいチャレンジングな問題です。観光に関する多彩な地域統計・ビックデータを縦横無尽に分析し、周遊・消費・評価などの観光行動を多角的に捉えることで、この問題に答えを提供することを目指しています。加えて高い資源性を持つインフラや、新たなモビリティーを活用した新たな観光のカタチを提案し、地域に実装することを目指します。
      • 清水研究室のホームページ
    • ページの先頭に戻る
    • 川原 晋
    • 川原晋准教授

      • 教授
      • 【専門】都市・地域デザイン、市民主体の地域運営、中心市街地再生と広域連携まちづくり、エコロジカル・シティ、まちづくり市民事業
        【学位】博士(工学)(早稲田大学)
      • 観光まちづくりは、「もてなしや楽しさの表現としての空間デザイン(もの)」と「住民主体による持続的な取り組み(ひと・こと)」が重要です。神は細部に宿ると言いますが、道・みせ・景色などの保全や整備の際に確固たる理論に基づいてデザインし、それ があるレベルを越えないと人を引きつけられません。また持続的な取り組みには、環境、産物や建造物、文化といった有形・無形の資源をつむぎ、地域の専門家や意欲ある人の力で回していくまちづくりの体制と計画・事業づくりが大切です。私は都市・建築デザイン と住民主体まちづくりの立場からこれらにアプローチしています。
      • 川原研究室のホームページ
    • ページの先頭に戻る
    • 岡村 祐
    • okamura.jpeg

      • 准教授
      • 【専門】都市計画・都市デザイン・歴史的環境保全・まちづくり・観光地域史
        【学位】博士(工学)(東京大学)
      • 私は、人々が一定の経済基盤のもとで「生活の楽しさ」、「風景の美しさ」を感じながら暮らすことのできる都市・地域づくりを目指しています。その実現に重要な役割を果たすのが観光(つまり地域外から地域内へのヒト・モノ・カネの取り込み)であると考え、観光科学研究に取り組んでいます。具体的な研究内容は以下のとおりです。
        1)景観や歴史的環境を保全するための計画技法と法制度の運用実態
        2)観光イベントが地域のまちづくり活動や空間整備に与える影響
        3)住民主体の観光資源の調査(発掘・整理分析)方法
        4)産業観光の新たな方向性の検討
      • 岡村准教授の個人ページ
    • ページの先頭に戻る
    • 片桐 由希子
    • katagiri.jpeg

      • 助教
      • 【専門】ランドスケープ計画、地域計画
        【学位】博士(学術)(慶應義塾大学)
      • 地域のランドスケープは、人の活動と地域の自然(地形・土壌・気候・水、植物・動物)とが相互に作用しながら形成されたものであり、地域観光の基盤となるものです。このランドスケープという見方から、水・緑を環境インフラとする都市、またそれを持続発展的に維持していける社会システムのありかたを探りたい考えています。と言うと、考えることが多すぎて大変そうですが、身近な水・緑、学校の裏山、近所の小さな林、屋敷林、公園、畑、あるいは一本の木、小さな水路について、なぜそこにあるか、と追っていくことから、地域全体を考えることにつながっていきます。地域を支える人と自然・緑 との関係をどのように築いていけばよいか、一緒に考え、提案していきましょう。
    • ページの先頭に戻る
    • 野田 満
    • 野田満助教

      • 助教
      • 【専門】農村計画、都市・地域デザイン、観光まちづくり
        【学位】博士(工学)(早稲田大学)
      • 農山漁村の風景は、どこか懐かしく温かであると同時に、過疎・高齢化の進むその姿は、近い未来のわが国の縮図でもあります。今後の縮減社会に対応していく為の計画や政策、そして暮らしの手がかりは、「田舎」にこそ潜んでいるのかもしれません。
        「縦割り」から脱却し、限られた人的・財的・知的資源の活用を複合的に考えること(分野間の横断と接続)、理論と実践を常に表裏一体のものとして考えること(領域間の横断と接続)、そして都市だけ、農村だけではなく、互いに恩恵を享受し合うような国土の在り方を考えること(地域間の横断と接続)を通して、共に議論し、共に現場に飛び込み、頭も手も動かしながら地域づくりに取り組んでいきましょう。
    • ページの先頭に戻る
    • 古川 尚彬
    • furukawa.jpeg

      • 特任助教
      • 【専門】歴史的環境保全・地域開発・住環境改善
      • 「場」が潜在的に有する個性とは何でしょうか?
        近現代における没個性的な都市・地域計画によってその地域性,場所性を失ってしまった例は少なくなりません。
        伝統的、慣習的、あるいは流行的な生活文化が入り混じった多様な生活様式を徹底的に調べて、本来その地域が有する場所性を顕在化させてあげることが、地域づくりに関わる専門家の重要な役割の一つだと考えています。
        その中で、私は、まちのあるべき「すがた」、住民自身がわがまちを誇れる「かたち」を発見し、 多様な主体が協働しながら、まちを創造的に、製作的に、段階的に改善していく方法を主に研究しています。
    • ページの先頭に戻る
    • 平田 徳恵
    • 平田徳恵特任助教

      • 特任助教
      • 【専門】地域ブランディング・観光まちづくり・環境色彩・生活空間デザイン・住民参加型ワークショップ
        【学位】博士(観光科学)(首都大学東京)
      • 訪れた地での美しい景観、地域ならではの特産物や食など、観光によって体験できる地域文化は、その地において長い年月をかけ、つくりあげられたものです。 機能性優先のグローバル化等により地域らしさが失われつつある現在、大切な地域ならではの文化を住民の方々と共に再発見し磨きあげていくこと、そして、地域資源を介して地域内と地域外の方々との交流が生まれ育まれるようなまちづくりが重要だと考えています。 このような住み心地よく、訪れて楽しいまちをどのようにしてつくりあげ、マネジメントしていくことができるのか、皆さんと一緒に様々な視点から考えていきたいと思っています。
    • ページの先頭に戻る
    • 上原 明
    • uehara.PNG

      • 特任助教
      • 【専門】観光心理学(環境心理学、消費者行動)
        【学位】博士(観光科学)(首都大学東京)
      • 初めて訪れる人はもちろんのこと、リピーターを魅了し続けている観光目的地は多く点在しています。その魅力的な観光目的地に対して、観光者はどこに目が向けられ、どのような印象を持つのか、また、その魅力は何なのか。私は、人(観光者)と環境(目的地環境)の関係性から観光現象(観光者心理・行動)にアプローチしています。特に観光目的地における観光者の印象や行動は、人と環境との相互作用から生じる現象であり、観光者の印象と行動を研究対象とする観光学において重要な要素の一つです。様々な観光目的地に目を向けて、皆さんとともに潜在的な観光目的地の魅力を見つけていきたいです。

    • ページの先頭に戻る
  • 自然環境マネジメント領域
    • 菊地 俊夫
    • kikuchi.jpeg

      • 教授
      • 【専門】人文地理学、自然ツーリズム学(ルーラルツーリズム、エコツーリズム、環境資源利用、環境保全)
        【学位】理学博士(筑波大学)
      • ルーラルツーリズムやエコツーリズムの在り方を通じて、地域資源や環境資源を持続的に利用するシステムを構築・検討しています。そのためには、新しい理論やアイデアを吸収することが重要ですが、それ以上に実際の地域や環境のなかで「あるく」、「みる」、「きく」、「かんがえる」ことが重要です。また、地域や環境を適切に理解するためには、地域や環境を多面的・総合的に捉える地理学の視点も重要です。地理学のフィールドワークと総合的な視点を駆使して、地域資源や環境資源の適正利用を研究しましょう。
      • 観光地域研究室ホームページ
    • ページの先頭に戻る
    • 沼田 真也
    • 沼田真也准教授

      • 教授
      • 【専門】植物生態学、熱帯生物学、科学技術政策
        【学位】博士(理学)(東京都立大学)
      • 生態学の視点から観光科学に取り組みます。私自身は、東南アジア熱帯林の保全について研究してきました。残念なことに、貧困や文化に基づく社会・経済的影響や生態系の科学的理解の不足により、熱帯林の保全が進んでいるとは言えません。しかし、資源収奪を必ずしも伴わないツーリズム活動は、これらの自然環境問題を打開する有効なアプローチになると考えています。自然豊かな生態系の魅力に迫る研究に加えて、自然ツーリズムがもたらす様々な効果を高めたり、リスクを軽減したりするための研究を実践することで、自然ツーリズムの学問的体系化を目指します。
      • 沼田教授の個人ページ
    • ページの先頭に戻る
    • 大澤 剛士
    • osawa.jpeg

      • 准教授
      • 【専門】生物多様性情報学、保全科学、生態系管理学
        【学位】博士(理学)(神戸大学)
      • 自然、半自然環境から得られる様々な「恵み」を生態系サービスと言います。もちろん観光、自然ツーリズムも重要な自然の「恵み」です。そしてこの重要な源泉になっているのが生物多様性です。これら自然資源を適切に管理、保全し、持続的な利用を実現することが研究の目標です。
        フィールドは小笠原をはじめとする自然公園から身近な緑地、農地、河川と非常に多岐に渡ります。生物学の一部である生態学を基軸としますが、特定の分野にこだわらず、情報科学、地理学、農学、環境科学等、様々な分野の研究者、実務者と積極的に連携し、基礎科学としても応用科学としても面白い研究を目指しています。この野心的な目標に一緒に挑戦していきましょう。
      • 大澤研究室のホームページ
    • ページの先頭に戻る
    • 杉本 興運
    • 杉本興運助教

      • 助教
      • 【専門】地理学(観光、行動、応用)、地理情報学
        【学位】博士(観光科学)(首都大学東京)
      • 人文・自然の双方の視点から、地球上で展開する様々な観光現象の仕組みを解き明かすこと、観光地の資源管理に役立つ応用技術を開発することが、私の研究テーマです。世界には様々な個性をもつ観光地が存在し、私たちを魅了しています。景観といった目に見えるものから、気候や雰囲気といったものまで、魅力となる要素は様々でしょう。観光という現象を地理的な側面から捉えると、そうした地域性は観光発展や観光行動の時間・空間的なパターンを解明するための鍵となります。また、観光地の適正な資源管理を考える上でも、地域の個性をしっかりと把握することは重要です。好奇心あふれる皆さんと共に、地域を知り、地域の観光を追及することを通して、発見や地域貢献の喜びを分かち合いたいと思います。
      • 観光地域研究室ホームページ
      • 杉本助教の個人ページ
    • ページの先頭に戻る
    • 高木 悦郎
    • 高木悦郎助教

      • 助教
      • 【専門】森林動物学、個体群生態学、ナチュラルヒストリー 
        【学位】博士(農学)(東京大学)
      • 都市は原生自然の対極に位置しているとされています。しかし都市には、公園や緑地に限らず、街路樹や庭木など、実にたくさんの自然が存在しています。そしてそれらの自然は、ただ独立に存在しているわけではなく、お互いに絡み合い、作用し合っています。また、都市に生活している人々や、観光などで都市を訪れた人々とも、相互に複雑に作用しています。そういった都市の自然の現状や在り方を、一緒に考えてみませんか?
    • ページの先頭に戻る
    • ラナウィーラゲ エランガー
    • ラナウィーラゲエランガー特任助教

      • 特任助教
      • 【専門】wildlife based tourism, human dimensions of wildlife
        【学位】Ph.D.(観光科学)(首都大学東京)
      • Have you taken a tour to a wildlife area?
        Unlike a zoo or aquarium, it allows you to experience wildlife in its natural environment. Therefore, this type of natural area tourism continues to expand. Protecting and conserving natural environment while managing the demands of tourists has been a challenge worldwide. Consequently, much of the natural resources that we enjoy for tourism today might not be available for future generations. It is important to identify these gaps between conservation and tourism development in order to find ways to benefit from both ventures. I have been conducting research about human impact on wild elephants in protected areas in Sri Lanka.
        Let's be conscious about our impacts on natural environment, and contribute to the conservation of these fragile resources through our research and studies.
      • 観光地域研究室ホームページ
    • ページの先頭に戻る
    • 矢ケ﨑 太洋
    • yagasaki.jpeg

      • 特任助教
      • 【専門】災害地理学、人文地理学、地理情報科学
      • 【学位】博士(理学)(筑波大学)
      • 私たちの人間社会には常に災害リスクが存在していますし、備えを怠らなくても、時として激甚災害は発生してしまいます。しかし、人間社会は被災するたびに力強く復興し、災害に強い社会を目指して自己再編を繰り返してきました。私は地域社会が復元する力(レジリエンス)を研究し、その仕組みや災害知の伝承について研究しています。近年では、災害知や人間社会の逞しさを知ることを目的とした災害ツーリズムなども成立しています。観光地の防災やツーリズムによる災害知の伝達など、ツーリズムの分野でも災害に関する研究テーマは存在しています。災害に強い社会の実現に向けて、一緒に研究や議論をしましょう。

    • ページの先頭に戻る
  • 行動・経営科学領域
    • 倉田 陽平
    • 倉田陽平准教授

      • 准教授
      • 【専門】地理情報科学・空間情報処理・観光情報システム
        【学位】Ph.D. (空間情報理工学)(University of Maine)
      • 見知らぬ土地を旅するのは心細いものです。でも、たった少しの「情報」があれば、私たちは心強い一歩を踏み出すことができます。私は今まで沢山の人のくれた情報に助けられ、世界のあちこちを楽しむことができました。同じように、情報の力を借り、一人でも多くの人々をエキサイティングな旅の世界へと送り出したい。それが一人の旅好きとしての私の願いです。そのために私は「本当に旅行者の役に立つ情報は何か?」について皆さんとともに探求し、より魅力的な観光情報ツールを提案していければと考えています。
      • 倉田准教授の個人ページ
    • ページの先頭に戻る
    • 直井 岳人
    • 直井岳人准教授

      • 准教授
      • 【専門】観光心理学(観光環境心理学、観光消費者行動)
        【学位】Doctor of Philosophy (The University of Surrey)
        【学位】博士(工学) (東京工業大学)
      • 観光は、普段は別々に生きる人と場所の一時的な相互関係です。それは観光地にストレスを与えることもありますが、観光者には新たな視野やリフレッシュの機会を、訪問地には新たな価値をもたらす可能性も秘めています。私は、現在、観光者による観光地の評価を中心に、観光場面の人と場所との関係に関して研究しています。旅人の人生に刺激を与え、観光地に元気を与えられる、そんな人と場所の出会いを実現できる観光の形を、観光が好きな、観光の成り立ちに興味がある、異質な事物に前向きな関心を示すことができる若い皆さんと一緒に追求したいと思っています。
    • ページの先頭に戻る
    • 日原 勝也
      • 准教授
      • 【専門】経営学、観光政策、交通経済
      • 【学位】博士(経営学)(筑波大学)
      • 観光は、成長分野として大きな可能性を秘めている反面、学際領域として発展途上にあると考えています。経営学と経済学の観点から、観光・交通の領域の、制度や契約といった社会のソフトインフラをより良い内容にデザインし、地域、企業などが持つポテンシャルをさらに大きく引き出すための教育研究を通じ、この分野に貢献することを目指しています。柔軟な発想を持つ皆さんとともに、楽しくこの課題に取り組んで行きたいと思います。

    • ページの先頭に戻る
    • Wu Lingling
    • Wu Lingling准教授

      • 准教授
      • 【専門】Tourism marketing, integrated tourist behavior modeling, big data analysis in tourism.
        【学位】Ph.D. (Hiroshima University)
      • In recent years, tourism marketing has undergone a dramatic transformation as a result of technology development. My current research focus on tourism marketing under technological innovations from three aspects: (1) to explore potential source of big data to understand tourist behavior and improve tourism marketing; (2) to develop a holistic understanding to describe and explain the influence of technology development on the tourist behavior; (3) to develop innovative marketing tools provided by technology development (e.g., tourism recommendation system; AR and VR technology)

    • ページの先頭に戻る
    • 小笠原 悠
      • 助教
      • 【専門】社会システム工学
      • 【学位】博士(工学)(弘前大学)
      • 我々は旅行をするとき、どのような商業施設を利用するでしょうか。例えば航空機や新幹線、ホテル、レストラン、劇場やスタジアム、もしかしたらカジノもあるかもしれません。これらの商業施設を運用する企業の経営活動の中には、沢山の意思決定が存在します。そして、その意思決定は需要や利用者の心理状況などの様々な不確実性の下、より高い利益を得ることを目的に行われます。観光サービス産業における、日本ならではの意思決定の最適化とはどのようなものかを一緒に考え、共に形にしていきましょう。

    • ページの先頭に戻る
    • 戸崎 肇
    • 戸崎肇特任教授

      • 特任教授
      • 【専門】交通政策、観光政策
      • 現在、日本は観光立国となるべく様々な取り組みを進め、その成果が急激なインバウンド観光客の増加という形で表れてきています。しかし、その反面において、解決すべき問題も鮮明となってきました。観光政策・産業を支えていくべき人材の不足はその最たるものの1つです。2020年の東京オリンピック開催を控え、今後ますます観光に関係する人材の育成は急務となっています。これから、本学において、今後の日本の観光を支え、推進していく人材の育成に努めつつ、自らもその一助となるように頑張ってまいります。
    • ページの先頭に戻る
    • 阿曽 真紀子
    • 阿曽真紀子特任助教

      • 特任助教
      • 【専門】観光、経営管理
      • 観光、キャリア、マネジメントが関心事です。心深く打ち込んでいるものがある人、 夢があって夢の実現に向けての一歩を歩み始めている人、 そのことを一人だけでするのでなく、 ネットワークを作りたいと思っている人、 このような人達とのコミュニケーションを大事にしたいと考えています。 ゼミ、研究会や研修の場を通じてしっかり議論したいです。
    • ページの先頭に戻る
写真撮影: 高橋マナミ