トップ システム利用方法 Web利用方法 アクセス制限の仕方

アクセス制限の仕方

自分のホームページに制限をかけたい場合には、以下の2つの方法があります。

「.htaccess」を利用して、アクセス制限をする
「.htpasswd」を利用して、IDとパスワードの制限をする

「.htaccess」を利用してアクセス制限をする

「.htaccess」のファイルを作成することにより、ホームページのアクセス制限をすることができます。
(特定のIPアドレスやドメイン名だけをアクセス許可)

また、一部のページのみ制限することも可能です。
「UserID/www/」に「.htaccess」を置いた場合、ホームページ全てが制限されてしまいますが、一部のページのみ制限したい場合は、「UserID/www/limit」のようなディレクトリを作り、そこに「.htaccess」を置いてください。

例えば、アクセスを学内からのみに制限をする場合、「.htaccess」は以下のように記述します。

アクセスを学内に限定する場合の記述例※ 学内からのみアクセス可能

IPアドレスの一部で指定する場合は末尾のピリオドを忘れないようにしてください。
ただし、IPアドレスを特定する場合には不要です。

「.htpasswd」を利用してIDとパスワード制限をする

「.htpasswd」のファイルを作成することにより、ホームページアクセス時に、IDとパスワードの入力をもとめることができます。 ※このときのIDはWebサーバーのログインIDとは別です。
なお、「.htpasswd」を利用する際は、「.htaccess」のファイルも合わせて作成する必要があります。

一部のページのみパスワード制限したい場合は、「UserID/www/limit」のようなディレクトリを作り、そこに「.htpasswd」ファイルを置いてください。

パスワード制限方法は以下のとおりです。

htpasswdファイルとID作成方法(初回のファイル作成時のみ実施)
% htpasswd -c .htpasswd 任意のID

※IDを追加したい場合は、上記コマンドで作成された「.htpasswd」ファイルに追記してください。

作成したIDのパスワード変更方法
% htpasswd .htpasswd 任意のID

「.htaccess」にも以下のように記述する必要があります。
記述例

AuthUserFile /home/任意のディレクトリ/www/.htpasswd
AuthGroupFile /dev/null
AuthName "By Secret Password Only!"
AuthType Basic
require user 任意のID1 任意のID2 ...

「AuthUserFile」行には、「.htpasswd」が置いてあるディレクトリを絶対パスで記入して下さい。
ディレクトリの絶対パスが分からない場合は、「.htpasswd」が置いてあるディレクトリに移動して、「pwd」すると表示されます。