トップ システム利用方法 ネットワーク接続 仮想デスクトップ環境

仮想デスクトップ環境

仮想デスクトップ環境とは

 仮想デスクトップ環境とは、本学の管理するデータセンタ内に仮想的に設置されたパソコン環境です。学内外からネットワークを通じてログインし、個人パソコンと同様の感覚で利用できます。利用にあたって、教育研究用情報システムのIDが必要となります。

 仮想デスクトップ環境の概要(システム構成等)は、こちらを御覧ください。

仮想デスクトップ環境の仕様について

 提供OS:Windows 7 64bitのみ
 導入アプリケーション:Office 2013、Adobe Reader、各種ブラウザ(Internet Exploreなど)
 接続元環境:Windows、MacOS、iOS、Android

 注意事項

 ・利用者がファイル保存に使える容量は10GBまでです。
 ・MacOS、Linux環境の提供はしておりません。
 ・個別にアプリケーションを導入することはできません。(ログオフ後にロールバックします。)

 その他の内容について、概要資料 または FAQ をご確認ください。

利用資格

利用方法について   ※下記全て学内からのみダウンロード可能

 利用するためには、ご利用の端末にVMware Horizon Clientを導入する必要があります。
 以下に、サポートしている各環境のクライアントソフトダウンロード手順及び操作手順を掲載しております。

■ Windows版

  仮想デスクトップ環境 利用手順書(Windows版)

  クライアントソフトウェア(32bit版)

  クライアントソフトウェア(64bit版)

  以下のリンクを選択すると、インストールから接続までを確認できる動画が閲覧できます。
  注)音声が流れますのでご注意ください。
  (動画)仮想デスクトップ環境の利用 Windows版

■ Mac OS版

  仮想デスクトップ環境 利用手順書(MacOS版)

  クライアントソフトウェア

  以下のリンクを選択すると、インストールから接続までを確認できる動画が閲覧できます。
  注)音声が流れますのでご注意ください。
  (動画)仮想デスクトップ環境の利用 MacOS X版

■ iOS版

  仮想デスクトップ環境 利用手順書(iOS版)

■ Android版

  仮想デスクトップ環境 利用手順書(Android版)

参考情報

注意事項