トップ システム利用方法 メール利用方法 メーリングリスト 利用上の注意

利用上の注意

主宰者となる際の注意

メーリングリスト主宰者は開設したメーリングリストの管理責任者であり、メーリングリスト内の一切の事項に関して責任を負います。管理責任者になることができるのは本学の教職員です。

主宰者は、自分が主宰しようとするメーリングリストの運用に関する規則を作る必要があります。
形式は自由ですが、この規則には以下の内容を必ず含めてください。

作られた規則は、メーリングリスト参加者に示してください。

管理者の仕事

利用者の登録・削除や記事の管理などは、管理用のコマンドを書いたメールをメーリングリストシステムに送信することで行います。

本学の教職員、学生で教育研究用情報処理システムのアカウントを持っているメンバーを指定して管理者とすることもできます。

禁止事項

本学のメーリングリストでは、以下のような使い方を禁止しています。

  1. 商業活動
  2. 政治活動
  3. 特定の宗教を普及させる、及び普及させない目的で行われる情報の交換
  4. 他人を誹謗又は中傷する行為
  5. 日本国の法令に違反する行為
  6. メーリングリストの運用を害する行為
  7. システムの運用を害する行為及びシステムを破壊する行為
  8. 各メーリングリストにおいて主宰者の決定した規則に反する行為

運用停止

以下理由によりメーリングリストを停止することがあります。

運用の停止措置を行う際に、調査の為に過去に投稿された文章の内容を閲覧したり内容を保存することを要求することがあります。

運用停止になるような処分が繰り返される場合は、メーリングリストを廃止することがあります。