トップ 教室・授業 情報処理教室(Windows、Mac) Mac利用ガイド プリンタの利用とUSBメモリの使用方法

プリンタの利用とUSBメモリの使用方法

Macでの印刷方法と、USBメモリ・FDドライブの利用方法と取り外し方を説明します。

プリンタの利用について

(1)Macからのプリンタ利用

①Macからの印刷は、画面上部の<メニューバー>から<ファイル>メニューを選択し、<プリント>をクリックします。
②「出力されるプリンタ名」「印刷部数」「印刷ページ」などの印刷設定を確認します。
③[プリント]をクリックすると、印刷が開始されます。

(2)Windowsからのプリンタ利用

①アプリケーションの<ファイル>メニューから<印刷>をクリックし、印刷を行います。
②「印刷」ウィンドウにて、「プリンタ名」「印刷範囲」「部数」など印刷設定を確認します。
③[OK]ボタンをクリックすると、印刷が開始されます。

USBメモリの使用方法について

(1) Macからの使用方法

①USBメモリの使用
MacではUSBメモリ(USBストレージクラス対応)が使用できます。

キーボード裏側のUSB2.0端子に挿入してください。
USBメモリを挿入した後、デスクトップに下図のアイコンが表示されると利用可能です。

アイコンをクリックすることで「Finder」が起動し、ファイル・ディレクトリなどの操作が可能となります。

②USBメモリの取り外し
取り外すときは、USBメモリ内のファイル編集などで使用したアプリケーションをあらかじめ全て終了します。

USBメモリを抜くときは、上記のアイコンをごみ箱に「ドラック&ドロップ」し、デスクトップ上から消えたことを必ず確認してから取り外します。

デスクトップ上から消えたことを確認せずにUSBメモリを抜くと、USBメモリ内のファイルが破損する恐れがあります。

途中でダイアログが出た場合はその指示に従い、保存などの選択をしてください。

(2) Windowsからの使用方法

使用方法は下記リンクをご覧ください

320教室のWindowsでUSBメモリを挿した時の動作について

FDの使用方法について

(1) Macからの使用方法

①FDの使用
FDを利用する場合は「開放立会い相談員(Tutor)」からFDドライブを借りてください。

a. キーボード裏側のUSB2.0端子に挿入してください。
b. 「新しいUSBデバイスが検出されました」 ウィンドウが表示されます。
   ・[お使いMac]:Mac上でFDDを使用する
   ・[仮想PC]:Windows上でFDDを使用する
  用途に合わせて選択します。
c. FDDを挿入した後、デスクトップに下図のようなアイコンが表示されると利用可能です。

アイコンをクリックすることで「Finder」が起動し、ファイル・ディレクトリなどの操作が可能となります。

②FDの取り外し
取り外すときは、FD内のファイル編集などで使用したアプリケーションをあらかじめ全て終了します。

FDを抜くときは、上記のアイコンをごみ箱に「ドラック&ドロップ」し、デスクトップ上から消えたことを必ず確認してから取り外します。

デスクトップ上から消えたことを確認せずにFDDからFDを抜くと、警告ダイヤログが表示されます。

「ディスクを正しく取り出せませんでした。~~」 

ダイアログが出た場合は、指示に従ってください。

(2)Windowsからの使用方法

使用方法は下記リンクをご覧ください。USBメモリを挿入したときと同じ画面が出ます。

320教室のWindowsでUSBメモリを挿した時の動作について