トップ 教室・授業 情報処理教室(Windows、Mac) Mac利用ガイド Windows起動・サインイン・サインアウトについて

Windows起動・サインイン・サインアウトについて

320教室のMacは、デュアルブートでMacとWindowsの両方が起動するようになっています。

Windowsの起動、サインイン、サインアウトについて説明します。

起動とサインインについて

(1) MacOSの再起動

320教室のMacは、まずMacOSが起動するようになっています。

再起動を行い、Windowsを起動します。

①画面下部の「Restart」アイコンをクリックして再起動します

②起動音の後、矢印(← →)キーでWindowsアイコンを選択します

③「Enter」キーを押します

30秒~1分ほどでWindowsが起動します。

(2)Windowsのサインイン

①何かキーを押すと、サインイン画面が現れますので、ユーザー名を入力します。

学生:学籍番号の先頭文字をuに置き換えたもの。
学生以外:教育研究用情報システムの「ユーザID」

②パスワードを入力し、[Return]キーを押してサインインします。

Windowsのサインアウト(Macへ戻る方法)

「Windows」を「サインアウト」すると、自動的に再起動され、Macのログイン画面へ戻ります。

サインアウト手順

全アプリケーションを終了してからサインアウトしてください。

画面左下の「Windowsロゴのボタン」をクリックします。

②人のアイコンをクリックして、メニューを出します。

③「サインアウト」をクリックします。

サインアウト後に10秒経つと自動的に再起動され、MacOSのログイン画面に戻ります。

【注意】
アプリケーションが邪魔をして、サインアウトできない場合もあります。
その場合、該当するアプリケーションを完全に終了してから、再度サインアウトをクリックします。