トップ 教室・授業 情報処理教室(Linux) 手引き 利用環境

利用環境

1.ユーザーディスク容量

ユーザーが利用できるホームディレクトリはファイルサーバー上にあり、一人のディスク最大容量は、
Windows+Mac+Linux あわせて1024MBとなります。
ただし、授業担当教員の判断と申請により、拡張される場合があります。

ディスク利用量は次のコマンドで確認できます。

df /home<Enter>
ファイルシス 1K-ブロック 使用 使用可 使用% マウント位置
216fs2:/unityhome 1126400 444928 681472 40% /home

(注意)
使用%が100%に近づくと各アプリケーションで既存ファイルを更新したり、保存する際に空き容量分しか
ファイルが保存されなかったり、ブラウザでブックマークが保存できないこと症状が発生します。
普段、無駄なファイルは削除し、空き容量を十分確保するようにしてください。
またデスクトップにある「ゴミ箱」にファイルを捨てただけでは利用量は減りません。メニューから
ゴミ箱を空にする]で完全に削除してください。
ログインできなくなることもありますのでログインできなくなった場合はシステム管理室2まで
お知らせ下さい。基本的に不要なファイルを確認の上、削除して頂くことになります。
原因はLinux教室で作成されたファイルでなく、WindowsやMacで作成したファイルが容量を圧迫している場合もあります。

2.ユーザー環境

1)主要環境
 ログインシェル: tcsh
 文字コード: UTF-8
 デスクトップ環境 : Gnome-desktop 3
 コマンドターミナル: gnome-terminal
 テキストエディタ: emacs,gedit,vim (vi)

2)ホームディレクトリ
 教員の場合: /home/metro/staff/USERID/linux
 学生の場合: /home/astd年度2桁/USERID/linux

3)コマンドプロンプト
 システム既定値では鉤括弧内に ユーザー名@ホスト名と最終ディレクトリが表示されます。
 [USERID@lxjo99 ~]$ cd a/b/c<Enter>...~ はホームディレクトリを表す。
 [USERID@lxjo99 c]$

4)次の制限値が設定されています。limitコマンドで確認できます。
 cputime unlimited
 filesize unlimited
 datasize unlimited
 stacksize 8192 kbytes
 coredumpsize 0 kbytes
 memoryuse unlimited
 vmemoryuse unlimited
 descriptors 1024
 memorylocked 64 kbytes
 maxproc 4096
 maxlocks unlimited
 maxsignal 30729
 maxmessage 819200
 maxnice 0
 maxrtprio 0
 maxrttime unlimited