トップ 教室・授業 情報処理教室(Linux) 利用案内 利用上の注意

利用上の注意

Linux教室は授業利用を最優先し、システムの安全性を重視するため、いくつかの利用上の制限と規則を設けています。次の規則を遵守して利用するよう、お願い致します。

  1. 機器、床下配線の保全のため、教室内は飲食禁止です、持ち込まないようお願いします。傘も持込禁止です、玄関の傘立てを御利用ください。
  2. ゲームは利用禁止です。(ブラウザで動作するものも含む)
  3. 継続実行90分(1コマ)以上のジョブの実行は禁止です。該当ジョブがあれば強制終了されます。
  4. 研究目的のプログラム,バックグラウンドジョブの実行は禁止。研究目的は研究用システムをご利用ください。
  5. Linux教室端末(lxjo00~lxjo60)から他のLinux教室端末にリモート接続しない、また同時に複数台のLinux教室端末にログインしない(動作がおかしくなります)。1人1台の利用でお願いします。
  6. パスワードは厳重に管理し、他人に不正利用されないよう、利用を終える時は必ず、ログアウトしてください。
  7. ソフトウェアの利用方法はシステム管理室ではお答えできません。但し、起動できない,データが保存できない,印刷できないなどシステムに起因すると思われる障害についてはシステム管理室2Linux教室担当までお知らせ下さい。
  8. Linux端末の電源スイッチには触れないでください。電源を落とすには停止手順が必要なため、障害時はいかなる場合でも電源を落さず、システム管理室2Linux教室担当まで連絡して下さい。

規則に従わない場合は、アカウントの停止や懲戒処分の措置がとられる場合があります。