トップ 大学教育センターからのお知らせ 動画サイト等で情報を発信することへの注意

動画サイト等で情報を発信することへの注意

平成22年7月8日

学生各位

大学教育センター長

 情報技術の発展に伴い、現在、Web掲示板やブログ、SNS(Social Networking Service)、ツィッターなどのコミュニケーションサービスや、動画サイト(You Tube等)を用いて、専門的な知識がなくても手軽にコメントや日記、動画などの様々な情報を、大勢の人たちに伝えることができます。

 これらは、多くの人にむけて手軽に様々な情報を発信できるものであるからこそ、使用に当たっては十分な注意を払う必要があります。今般、本学の学生が、不適切な内容の映像を作成、動画サイトに公開し、この行為により、多くの方々にご迷惑をおかけするという事案が起きました。大学はこの件を大変重く受け止め、関係者を厳正に処分するとともに、こうした事態が二度と起きないよう、学生の皆さんと共に再発防止に全力で取り組んでいきたいと考えています。

 たとえ、僅かな情報量であっても、また短時間であっても、不適切な情報をインターネットから発信してしまうと、それは多くの人に影響が及び、迷惑をかけることになります。また、社会的な影響も生じます。

 動画サイト等は適切に利用している範囲であれば、咎められるものではありません。しかしながら、社会的ルールやモラルを逸脱した動画やテキストなどの情報を発信することは問題行動として責任を問われることを、十分に認識してください。

 また、大学外の言動であれ、皆さんは本大学の学生であることに変わりありません。首都大学東京の学生として、自覚を持ち、ふさわしい行動をとるように努めてください。