トップ よくある質問 電子メールに関する質問 メールボックスの容量制限とエラー対処方法
TMUNER

メールボックスの容量制限とエラー対処方法

メールボックスの容量制限

メールボックスには、それぞれ容量の制限があります。(送信、受信の区別なし。マイドキュメントとは違います)
容量を超えてしまうと、メールの送受信ができなくなります。(メールボックスの利用制限等に関する記述は、こちらを参考にしてください)

どんなエラーが出るのか?

容量不足になると、次のような現象が発生します。

  1. 受信していないメールがあるはずなのに、そのメールを受信できない。
  2. Netscape Mailを起動しても、送受信したはずのメールが表示されない(メールの一覧が全く見られない)。
  3. Eudoraを起動すると、「disk quota exceeded」という英文のメッセージが表示され、起動できない。
  4. どのメールソフトでも、送信や削除ができない。

これらのような場合は、メールボックスの容量オーバーで、メールソフトが正しく動作していない可能性があります。
この場合、メールボックスの容量オーバーを、解消する必要があります。
(但し、念のためにメールの転送を自分で指定していないかを、一度確認してください。)

対処方法

メールソフトの操作は可能な場合、自分で、不要なメールの整理をしてください。

日常利用時のお願い

メールの容量不足になることを避けるため、できるだけ以下のような運用を心がけてください。

利用される皆様には不自由と感じる点もありますが、サーバー資源は限りあるものですので、ご理解とご協力のほど、よろしくお願い致します。