東急電鉄WEBメディア「とくらく」で
モノづくりたまご企画の密着ドキュメント記事

東急電鉄ウェブメディア「とくらく」さんが、おおたオープンファクトリーの目玉コンテンツのひとつ「モノづくりたまご」を詳細な記事にしてくれました。「モノづくりたまご学生デザインコンペ」の様子から、職人さんと受賞学生デザイナーのコラボでの製品化までの様子、当日のカプセルトイとしての販売や、製品化までの工夫や苦労を職人さんと学生デザイナーが語り合う「モノワザトーク」までのドキュメントです。
第6回 おおたオープンファクトリー「モノづくりたまご」ドキュメント


建築・まちづくり情報誌[リクシル アイ]で
おおたオープンファクトリーが特集されました

以下の、建築・まちづくりから生活文化を探求する情報誌「リクシル アイ」のバックナンバー掲載のホープページからダウンロードできます。以下は、目次です。
リクシル アイ No.7 PDFダウンロード

特集3|まちづくりの今を見る―7
産業観光でまちおこし
「おおたオープンファクトリー」の挑戦

  • 地域性を活かした話題のまちづくりの今を取材し、まち再生のヒントを探る。第7回は、モノづくりとまちづくりが両輪となった大田のまちおこし戦略を、第4回「おおたオープンファクトリー」の様子を交えながら紹介する。



各地でオープンファクトリーが行われている
状況が朝日新聞12/16夕刊一面に掲載

「オープン町工場 魅力発信」というタイトルで、2014年12月16日の朝日新聞の夕刊の一面に、おおたオープンファクトリーをはじめとして、首都圏や全国各地で開催され始めているオープンファクトリーのことが記事になりました。クリエイティブタウン研究会は、記事の企画と取材の協力をしました。
 紙面の写真(最上段以外)は、2014年11月29日に開催した第4回おおたオープンファクトリーで好評だった「仲間回しラリー」の様子です。フライパンをつくる工程をヘラ絞り工場で鍋の部分、鈑金工場で取っ手の金属部分、プラスチック加工工場で取っ手の外側、最後に溶接工場で鍋と取っ手を溶接、という工程を廻るラリーでした。
こうした工場一斉公開イベントである オープンファクトリーは、ここ2、3年で日本国内に広まりつつあります。その理由やそれぞれの特徴は記事をご覧下さい。
(合わせて産業立地の寄稿論文もどうぞ!)
201412朝日新聞記事ダウンロード.pdf



(朝日新聞に許可を得て掲載、無断転載禁止です)

日本立地センター 機関誌「産業立地」に寄稿

一般財団法人日本立地センターの機関誌「産業立地」の2014年11月号特集「観光による地域振興」に、「中小工場集積地の産業観光まちづくり手法としての オープンファクトリー」というタイトルで寄稿しました。
・産業観光の見せ方の拡大と産業観光まちづくり
について少し俯瞰した後、
・「おおたオープンファクトリー」を始めた背景と成果
を概観し、最後に全国各地(9カ所)に広まっている
・オープンファクトリーの多様性と可能性
を論考しています。
中小工場まちの工場のを一斉公開することによる集客力を活かして、いろいろなオプションを加えて、産業振興や観光振興、住工共生のまちづくりをめざして取り組めるイベント手法です(右図)。
産業立地2014年11月号目次
論文ダウンロード.pdf




川原晋、岡村祐、野原卓、豊田純子「中小工場集積地の産業観光まちづくり手法としての オープンファクトリー」(産業立地2014年11月号)から抜粋