好村 滋行 ≒ Shige Komura

研究内容

我々の研究目的は、生命現象や生体物質との関連を重視しつつ、様々なソフトマターやアクティブマターの構造や機能、ダイナミクスなどの問題を、モデルやシミュレーションを用いて解明することです。

  • 生体膜におけるゆらぎと構造の非平衡ダイナミクス
  • 液晶やエマルションなどのソフトマターの構造レオロジー
  • 細胞や細胞核のマイクロレオロジーやナノレオロジー
  • 生体組織や腫瘍の形態形成ダイナミクスと医療への応用
  • マイクロマシンや生体ナノマシンの能動的な遊泳や輸送

プロジェクト

  • 基盤研究(C)「ソフトマター中のマイクロマシンの非平衡ダイナミクス」(代表)
  • 基盤研究(C)「Enzymes as Active Matter at Nanoscales」(分担)
  • 二国間交流事業共同研究(スウェーデン)「分子供給系を持つ自己生産ベシクルの開発」

プレスリリース

連絡先

〒192-0397 東京都八王子市南大沢1-1
首都大学東京 理学研究科 化学専攻 分子集合系物理化学研究室