Shigeyuki Komura

理論グループ紹介

ソフトマターとは高分子や液晶、コロイド、両親媒性分子、生体物質などの柔らかい物質の総称です。理論グループの研究目的は、生命現象との関連を重視しつつ、様々なソフトマターの構造や相挙動、ダイナミクスなどの問題を、モデルやシミュレーションを用いて物質科学の立場から解明することです。現在は、(1)生体膜における不均一構造のダイナミクス、(2)液晶などのソフトマターの構造レオロジー、(3)様々なエマルションの構造と安定性、(4)非平衡ソフトマターや複合ソフトマター、(5)細胞のマイクロレオロジーなどの研究を重点的に行なっています。

参加プロジェクト

ニュース

  • [2016/10/21]
    論文がMacromol. Theory Simul.にアクセプトされました。
    "Spherically symmetric solvent is sufficient to explain LCST mechanism in polymer solutions"
    G. Swaminath Bharadwaj, P. B. Sunil Kumar, S. Komura, and Abhijit P. Deshpande
  • [2016/10/10]
    2016年11月24,25日に"International Workshop on Hydrodynamic Flows in/of Cells"を首都大学東京にて開催します
  • [2016/8/20]
    論文がPhysical Review Eにアクセプトされました。
    "Budding transition of asymmetric two-component lipid domains"
    J. Wolff, S. Komura, and D. Andelman
  • [2016/5/4]
    論文がJournal of Physical Chemistry Bにアクセプトされました。
    "Phase diagrams and ordering in charged membranes: Binary mixtures of charged and neutral lipids"
    N. Shimokawa, H. Himeno, T. Hamada, M. Takagi, S. Komura, and D. Andelman
  • [2016/4/28]
    論文がEPLにアクセプトされました。
    "Nano-domain formation in charged membranes: Beyond Debye-Huckel approximation"
    R. Okamoto, N. Shimokawa, and S. Komura
  • [2016/4/21]
    論文がPhysical Review Eにアクセプトされました。
    "Dynamics of a membrane interacting with an active wall"
    K. Yasuda, S. Komura, and R. Okamoto
  • [2016/3/27]
    2016年6月3日に首都大学東京・オープンユニバーシティで特別講座を行います。
  • [2016/3/9]
    論文がEuropen Physical Journal Eにアクセプトされました。
    "Relaxation dynamics of two-component fluid bilayer membranes"
    R. Okamoto, Y. Kanemori, S. Komura, and J.-B. Fournier
  • [2015/12/13]
    2016年1月26日に公開シンポジウム「ソフトマターを基盤とするバイオ系の構築」を首都大学東京にて開催します。
  • [2015/10/21]
    論文がJournal of Chemical Physicsにアクセプトされました。
    "Correlated lateral phase separations in stacks of lipid membranes"
    T. Hoshino, S. Komura, and D. Andelman
  • [2015/9/1]
    論文がJournal of Physics: Condensed Matterにアクセプトされました。
    "Dynamics of two-component membranes surrounded by viscoelastic media"
    S. Komura, K. Yasuda, and R. Okamoto
  • [2015/8/29]
    ひらめき☆ときめきサイエンス「ぼくらはみんなソフトマター 〜どろどろ・ぐにゃぐにゃの科学〜」が終了しました。
  • [2015/5/7]
    2015年8月29日にひらめき☆ときめきサイエンス「ぼくらはみんなソフトマター 〜どろどろ・ぐにゃぐにゃの科学〜」を首都大学東京にて開催します。
  • [2014/12/31]
    論文がPhysical Review Eにアクセプトされました。
    "Budding of domains in mixed bilayer membranes"
    J. Wolff, S. Komura, and D. Andelman
  • [2014/12/13]
    2015年3月9日に公開シンポジウム「ソフトマターを基盤とするバイオ系の構築」を首都大学東京にて開催します。
  • [2014/8/2]
    論文がSoft Matterにアクセプトされました。
    "Charge-induced phase separation in lipid membranes"
    H. Himeno, N. Shimokawa, S. Komura, D. Andelman, T. Hamada, and M. Takagi
  • [2014/7/1]
    論文がMaterialsにアクセプトされました。
    "Structural rheology of the smectic phase"
    S. Fujii, S. Komura, and C.-Y. D. Lu
  • [2014/6/6]
    SpringerのSoft and Biological MatterのSeries Editorになりました。
  • [2014/4/28]
    論文がSoft Matterにアクセプトされました。
    "Structural rheology of focal conic domains: a stress-quench experiment"
    S. Fujii, S. Komura, and C.-Y. D. Lu
  • [2014/3/1]
    平成26年度 傾斜的研究費 学長裁量枠 ミニ研究環に採択されました。
    研究課題「ソフトマターを基盤とするバイオ系の構築」
  • [2014/2/5]
    新学術領域研究「ゆらぎと構造」の主催により、首都大で以下の二つのワークショップを開催します。
    2014年3月6日 Workshop on Non-Equilibrium Complex Fluids
    2014年3月7〜8日 Workshop on Non-equilibrium Surfactant Solution
  • [2014/2/5]
    論文がPhysical Review Eにアクセプトされました。
    "Diffusion coefficients in leaflets of bilayer membranes"
    K. Seki, S. Mogre, and S. Komura
  • [2013/12/23]
    論文がAdvances in Colloid and Interface Scienceにアクセプトされました。
    "Physical aspects of heterogeneities in multi-component lipid membranes"
    S. Komura and D. Andelman
  • [2013/12/15]
    首都大で開催された第3回ソフトマター研究会が終了しました。
  • [2013/11/9]
    日本物理学会誌11月号に「生体膜における不均一構造の物理」の解説記事が掲載されました。関連する図が表紙にも採用されました。
  • [2013/9/23]
    第3回ソフトマター研究会の開催要領を公開しました(参加申込み受付中)。
  • [2013/9/12]
    8月30日付の科学新聞で、二成分流体中の抵抗則の研究が紹介されました。
  • [2013/9/2]
    新学術領域研究(研究領域提案型)「ゆらぎと構造の協奏:非平衡系における普遍法則の確立」が発足しました。
  • [2013/8/28]
    日本学術振興会から平成24年度特別研究員等審査会専門委員(書面担当)表彰を受けました。
  • [2013/8/27]
    JPSJのホームページと、日本物理学会のホームページに、我々の論文の解説記事が掲載されました。
  • [2013/7/22]
    JPSJの論文が公開されました。
  • [2013/7/12]
    論文"Drag coefficient of a rigid spherical particle in a near-critical binary fluid mixture"がJPSJのPapers of Editors' Choiceに選定れました。
  • [2013/7/1]
    新学術領域研究「ゆらぎと構造の協奏:非平衡系における普遍法則の確立」(代表:佐野雅己)が採択されました。
  • [2013/6/8]
    STATPHYS25(ソウル)で講演します。
  • [2013/6/4]
    SSH指定校の日比谷高校で出張授業を行います。
    2013年6月28日(金)「ソフトマターの柔らかい話」
  • [2013/6/4]
    論文がJournal of the Physical Society of Japanにアクセプトされました。
    "Drag coefficient of a rigid spherical particle in a near-critical binary fluid mixture"
    R. Okamoto, Y. Fujitani, and S. Komura
  • [2013/4/2]
    論文がJournal of Physics: Condensed Matterにアクセプトされました。
    "Growth kinetics of circular liquid domains on vesicles by diusion-controlled coalescence"
    K. Seki, S. Komura, and S. Ramachandran

連絡先

〒192-0397 東京都八王子市南大沢1-1
首都大学東京 大学院理工学研究科 分子物質化学専攻 分子集合系物理化学研究室