市原 茂 名誉教授

 
 
  1. 1.市原茂 1984 『知覚とは』三井・稲本(編)『現代の心理学』第3章,pp.35-53, 小林出版

  2. 2.市原茂 1990 『ホーンブック心理学』大山・杉本(編)『感覚・知覚』第2章,pp.34-61, 北樹出版

  3. 3.市原茂 1994 『視覚系の空間的特性』大山・今井・和気(編) 『新編 感覚・知覚心理学ハンドブック』9章 pp.556-579, 誠信書房

  4. 4. 市原茂 1994 『視覚系の空間周波数特性』猪俣・玉井・本田(編)『眼科学大系6』pp.53-77,中山書店

  5. 5. 市原茂, 増山英太郎 2000 『都市と色彩』萩原(編)『都市と居住』6章 pp.179-201, 東京都立大学出版会

  6. 6. 市原茂 2007 『視覚と味覚、視覚と嗅覚の間の相互作用』大山・今井・和氣・菊地(編)『新編 感覚・知覚心理学ハンドブックPart 2』第Ⅰ部 pp.11-12, 誠信書房

  7. 7. 市原茂 2008 『4章 明るさとコントラストの知覚』菊地(編)『感覚知覚心理学:朝倉心理学講座6 海保(監修)』pp.52-68.

  8. 8.市原茂 2010 『視覚系の空間周波数特性』 乾(編主任)朝倉・水原・笹岡(編幹事)『電子情報通信学会知識ベース S3群 脳・知能・人間 2編 感覚・知覚・認知の基礎 5章』 http://www.ieice-hbkb.org/portal/

 

所属:

  1. 首都大学東京 名誉教授

  2. 株式会社メディア・アイ 感性評価研究所 所長
    〒160-0022 東京都新宿区2−8−1
    新宿セブンビル6階




学会活動:

  1. 日本官能評価学会 監事

  2. 日本基礎心理学会 編集委員

著書

研究論文

  1. 1.Oyama, T. & Ichihara, S. 1973 Which determines figural aftereffect, retinal size or apparent size? Japanese Psychological Research, 15, 92-98.

  2. 2. Ichihara, S. & Goryo, K. 1978 The effects of relative orientation of surrounding gratings on binocular rivalry and apparent brightness of central gratings. Journal of Japanese Psychological Research, 20, 159-166.

  3. 3.市原茂 1979 視覚系のフーリエモデルと特徴抽出機構, 心理学研究, 50, 161-174.

  4. 4.市原茂 1981 視覚系のフーリエ・モデル, 自然1月号,76-85, 中央公論社

  5. 5.Oyama,T., Kikuchi,T. & Ichihara, S. 1981 Span of attention, backward masking and reaction time. Perception & Psychophysics, 29, 106-112.

  6. 6.市原茂, 石塚正一 1982 メタコントラスト:空間周波数及び方向に選択的なマスキング効果について, 東京都立大学人文学報, 152, 31-42.

  7. 7.市原茂, 石塚正一 1983 メタコントラスト:空間周波数及び方向に選択的なマスキング効果について(その2), 中京大学文学部紀要, 17, 2, 1-14.

  8. 8.Kikuchi, T. , Oyama, T. & Ichihara, S. 1983 Temporal integration and visual masking of dot patterns successively presented. Japanese Psychological Research, 25, 3, 147-155.

  9. 9.Ishizuka, M. & Ichihara, S. 1984 Spatial frequency and orientation specificities in metacontrast. Japanese Psychological Research, 26, 2, 68-74.

  10. 10.Ichihara, S. 1987 Perceived spatial frequency shift after adaptation to compound gratings of two sinusoidals in phase or 180゜out of phase. Japanese Psychological Research, 29, 1, 10-16.

  11. 11.市原茂 1987 視覚系における空間周波数解析について(1), 中京大学文学部紀要, 21, 2, 111-138.

  12. 12.市原茂 1987 視覚系における空間周波数解析について(2), 中京大学文学部紀要, 21, 3-4, 28-58.

  13. 13.市原茂 1987 多重チャンネルモデルについて:位相とmissing fundamentalの問題を中心に, 心理学評論, 29, 3, 302-311.

  14. 14.市原茂 1987 Perceived Spatial Frequency Shiftについて:振幅変調波パタンに対する順応 中京大学文学部紀要, 22, 1, 111-123.

  15. 15.市原茂 1987 視覚系における空間周波数解析について, 博士論文, 東京都立大学

  16. 16.Ichihara,S. 1989 Temporal visual masking by a contrast-modulated-grating. Journal of Light and Visual Environment, 13, 1, 10-13.

  17. 17.石田敏郎, 市原茂, 垣本由紀子, 神作博 1992 運転中に遭遇する緊急事態とその対処法に関する研究, 交通心理学研究, 8, 1, 1-10.

  18. 18.市原茂 1993 空間的な注意と眼球運動について,東京都立大学人文学報, 239, 55-67.

  19. 19.増山英太郎,市原茂 1994 都市の景観評価,総合都市研究(東京都立大学),53,41-56.

  20. 20.市原茂, 増山英太郎 1995 町並みの景観評価に及ぼす色彩の影響について, 総合都市研究(東京都立大学), 56, 47-53.

  21. 21.Ichihara, S. & Susami,K. 1995 Temporal-discontinuity detection with contrast-modulated gratings. Perception, 24, 1257-1264.

  22. 22.市原茂 1996 布の好みの個人差の因果分析的研究, 人間工学, 32, 1, 21-27.

  23. 23.市原茂, 増山英太郎 1996 町並みの景観評価に及ぼす色彩の影響について(Ⅱ), 総合都市研究(東京都立大学), 60, 49-56.

  24. 24.市原茂 1996 振幅変調波パタンの時間的不連続の検出, 東京都立大学人文学報, 269, 17-30.

  25. 25.Yoshioka, T. & Ichihara, S. 1997 Does local or global orientation determine the McCollough effect? Perceptual and Motor Skills, 84, 723-727.

  26. 26.市原茂, 伊豆野健二 1997 Transparent motionに対する運動残効について:線分パタンを用いて, 東京都立大学人文学報, 278, 7-17.

  27. 27.市原茂 1997 観察距離による対象の色と明るさの変化:都市部と山間部の比較, 総合都市研究(東京都立大学), 64, 85-91.

  28. 28.吉岡徹, 市原茂 1998 マッカロー効果(方位随伴性色残効)の決定因について, デザイン学研究, 44, 21-26.

  29. 29.市原茂 1998 空間的注意について, 東京都立大学人文学報, 288, 1-10.

  30. 30.市原茂 1998 因果分析について,日本官能評価学会誌, 2, 130-135.

  31. 31.田中平八, 石原正規, 市原茂 1999 幾何学的錯視と輪郭線のぼかし(blur)効果, 東京都立大学人文学報, 297, 41-68.

  32. 32.文野洋,落合正宏,市原茂 2001 鶴見川上・中流域の水質と景観・親水行動との関連について,総合都市研究(東京都立大学),74,105-115.

  33. 33.田中吉史, 欧陽憶耘, 市原茂 2001 バイリンガルの第三言語学習における異言語間プライミング:中国系シンガポール人を被験者として, 東京都立大学人文学報, 316, 27-44.

  34. 34.Kitagawa, N. & Ichihara, S. 2002 Hearing visual motion in depth. Nature, 416, 6877, 172-174.

  35. 35.吉岡徹, 市原茂 2002女子大生における「粋」のイメージ構造について, デザイン学研究, 49, 1, 111-116.

  36. 36.Cho, K.D., Koo, M. & Ichihara, S. A study on the underground image in Korea and Japan. Korean Journal of Consumer and Advertising Psychology, 3, 1, 89-106.

  37. 37.市原茂 ,遠藤美帆 2002 壁の縞柄の方位が室内空間の見えの大きさに与える影響について, 日本官能評価学会誌, 6, 2, 121-126.

  38. 38.Kitagawa, N., Akutsu, H., & Ichihara, S. 2003 The effect of contrast change on the motion-in-depth perception. 基礎心理学研究, 22, 49-50.

  39. 39.Akutu, H. & Ichihara, S. 2004 The association between contrast sensitivity and letter identification in patients with focal cerebral lesions. 東京都立大学人文学報, 347, 37-56.

  40. 40.北川智利, 市原茂 2004 奥行運動知覚におけるクロスモーダル残効, VISION, 16, 13-19.

  41. 41.Yoshioka, T. & Ichihara, S. 2004 Effects of illusory stripes on the Helmholtz illusion. Perceptual and Motor Skills, 99, 495-500.

  42. 42.Igarashi, Y., Kitagawa, N. & Ichihara, S. 2004 Vision of a pictorial hand modulates visual-tactile interactions. Cognitive, Affective, & Behavioral Neuroscience, 4, 2, 182-192.

  43. 43.阿久津洋巳, 市原茂, 石戸谷真由子 2005 香りの感情価に及ぼす音楽の影響, 日本官能評価学会誌, 9, 2, 116-121.

  44. 44.Igarashi, Y., Kitagawa, N., Spence, C., & Ichihara, S. 2007 Assessing the influence of schematic drawings of body parts on tactile discrimination performance using the crossmodal congruency task. Acta Psychologica, 124, 190-208.

  45. 45.Ichihara, S., Kitagawa, N., & Akutsu, H. 2007 Contrast and depth perception: Effects of texture contrast and area contrast. Perception, 36, 686-695.

  46. 46.田中吉史,山住賢司,大山正,市原茂 2007 聴覚的な並行課題が視覚的注意の範囲に及ぼす影響:Dot countingを用いた検討,日本官能評価学会誌,11,1,24-29.

  47. 47.市原茂 2007 官能評価について -適応的方法といわれる精神物理学的測定法-,日本調理科学会誌,40,5,365-367

  48. 48.五十嵐由夏,北川智利, 市原茂 2007 感覚間相互作用:視覚と聴覚、視覚と触覚の相互作用,表面,45, 11, 397-409.

  49. 49.Igarashi, Y., Kimura, Y., Spence, C., & Ichihara, S. 2008 The selective effect of the image of a hand on visuotactile interactions as assessed by performance on the crossmodal congruency task. Experimental Brain Research, Springer, 184 (1), 31-38.

  50. 50.佐藤歩,西田幸夫,市原茂,辻本誠 2008 地下駅舎における出口探索時の行動特性に関する実験的研究,地下空間シンポジウム論文・報告集, 13, 23-32.

  51. 51.市原茂 2008 官能評価法-順位法について- 日本家政学会誌,59,8, 643-645.

  52. 52.市原茂 2008 コントラスト:奥行き知覚の絵画的要因 知能と情報(日本知能情報ファジイ学会誌),20,3, 296-302.

  53. 53.市原茂 2008 感度を測る:精神物理学的測定法をめぐって 日本官能評価学会誌,12,2, 75-76.

  54. 54.市原茂 2009 セマンティック・ディファレンシャル法(SD法)の可能性と今後の課題,人間工学,45,5,263-269.

  55. 55.千田明, 市原茂 2009 異なる型の運動を含む両義的仮現運動の知覚, 日本官能評価学会誌, 13, 90-95.

  56. 56.Shirai, N., Imura, T., Hattori, Y., Adachi, I., Ichihara, S.,Kanazawa, S., Yamaguchi, M.K., & Tomonaga, M. 2010.4 Asymmetric perception of radial expansion/contraction in Japanese macaque (Macacafuscata) infants. Experimental Brain Research, 202, 319-325.

  57. 57.Igarashi, Y., Kitagawa, N., & Ichihara, S. 2010 Influence of the body on crossmodal interference effects between tactile and two-dimensional visual stimuli. Experimental Brain Research, 3, 419-430.

  58. 58.市原茂,草野勉,千田明 2011 渦巻き残効における拡大縮小残効と回転残効,人文学報(首都大学東京),440,1-12.

  59. 59.市原茂 2013 心理学との45年間を振り返る ー心理学の基礎研究と応用研究の両立を目指してー, 首都大学東京人文学報, 470, 1-10.