ogasawara

小笠原研究費による研究

年度 研究種目 金額 研究課題 代表者氏名 所属
2020年度小笠原研究委員会研究費1406千円小笠原における人と自然の共生をめざした学際的総合研究菊地俊夫都市環境科学研究科
2019年度小笠原研究委員会研究費1675千円小笠原における人と自然の共生をめざした学際的総合研究菊地俊夫都市環境科学研究科
2018年度小笠原研究委員会研究費1434千円小笠原における人と自然の共生をめざした学際的総合研究可知直毅理工学研究科
2017年度小笠原研究委員会研究費1451千円小笠原における人と自然の共生をめざした学際的総合研究可知直毅理工学研究科
2016年度小笠原研究委員会研究費1497千円小笠原における人と自然の共生をめざした学際的総合研究可知直毅理工学研究科
2015年度小笠原研究委員会研究費1512千円小笠原における人と自然の共生をめざした学際的総合研究可知直毅理工学研究科
2014年度小笠原研究委員会研究費1,512千円小笠原における人と自然の共生をめざした学際的総合研究可知直毅理工学研究科
2013年度小笠原研究委員会研究費1,512千円小笠原における人と自然の共生をめざした学際的総合研究可知直毅理工学研究科
2012年度小笠原研究委員会研究費1,500千円小笠原における人と自然の共生をめざした学際的総合研究可知直毅理工学研究科
2011年度小笠原研究委員会研究費1,500千円小笠原における人と自然の共生をめざした学際的総合研究可知直毅理工学研究科
2010年度小笠原研究委員会研究費1,500千円小笠原における人と自然の共生をめざした学際的総合研究可知直毅理工学研究科
2009年度小笠原研究委員会研究費1,500千円小笠原における人と自然の共生をめざした学際的総合研究可知直毅理工学研究科
2004年度特定研究(小笠原研究費)1,036千円小笠原諸島固有の自然生態系と人文社会環境に関する総合研究可知直毅理学研究科
2003年度特定研究(小笠原研究費)1,119千円小笠原諸島固有の自然生態系と人文社会環境に関する総合研究可知直毅理学研究科
2002年度特定研究(小笠原研究費)1,364千円小笠原諸島固有の自然生態系と人文社会環境に関する総合研究可知直毅理学研究科
2001年度特定研究(小笠原研究費)1,600千円小笠原諸島固有の自然生態系と人文社会環境に関する総合研究堀 信行理学研究科
2000年度特定研究(小笠原研究費)1,600千円小笠原諸島固有の自然生態系と人文社会環境に関する総合研究堀 信行理学研究科

競争的学内資金による研究

年度 研究種目 金額 研究課題 代表者氏名 所属
2017年度改革推進費・スタートアップ調査710千円小笠原諸島父島および母島における外来アリ類の生息実態の解明~外来アリ類の防除、分布拡大阻止を目指して~江口克之理工学研究科
2016年度改革推進費・スタートアップ調査710千円小笠原諸島父島および母島における外来アリ類の生息実態の解明~外来アリ類の防除、分布拡大阻止を目指して~江口克之理工学研究科
2016年度2020未来社会研究プロジェクト1,160千円東京都の島しょ・多摩地域の学際的価値の発掘とそれを活用した地域連携の拠点づくり可知直毅理工学研究科
2015年度改革推進費・スタートアップ調査580千円小笠原諸島父島および母島における外来アリ類の生息実態の解明~外来アリ類の防除、分布拡大阻止を目指して~江口克之理工学研究科
2015年度2020未来社会研究プロジェクト1,940千円東京都の島しょ・多摩地域の学際的価値の発掘とそれを活用した地域連携の拠点づくり可知直毅理工学研究科
2014年度2020未来社会研究プロジェクト900千円東京都の島しょ・多摩地域の学際的価値の発掘とそれを活用した地域連携の拠点づくり可知直毅理工学研究科
2012年度教育改革推進事業2,000千円学外体験型教育プログラム「しまなび・やまなび」の拡充と定着のための支援・運営体制の構築落合守和人文・社会系
2010年度研究環4,500千円島嶼共生系学際研究環可知直毅理工学研究科
2010年度傾斜配分研究費(全学教育枠)6,000千円社会貢献力・国際貢献力を持つ骨太な学生の育成を目指した多面的な 学外教育プログラムの開発福士政広健康福祉学部
2009年度研究環3,600千円島嶼共生系学際研究環可知直毅理工学研究科
2009年度傾斜配分研究費(全学教育枠)6,000千円社会貢献力・国際貢献力を持つ骨太な学生の育成を目指した多面的な 学外教育プログラムの開発福士政広健康福祉学部
2008年度傾斜配分研究費(2009年度以後小笠原研究委員会研究費に移行)1,500千円小笠原における人と自然の共生をめざした学際的総合研究可知直毅理工学研究科
2007年度傾斜配分研究費1,500千円小笠原における人と自然の共生をめざした学際的総合研究可知直毅理学研究科
2006年度傾斜配分研究費1,500千円小笠原における人と自然の共生をめざした学際的総合研究可知直毅理学研究科
2005年度傾斜配分研究費(2004年度までの小笠原研究費による研究を実施)1,950千円小笠原における人と自然の共生をめざした学際的総合研究可知直毅理学研究科
2003年度総長特別研究費6,000千円人と自然の共生をめざした小笠原の人文・自然に関する総合研究可知直毅理学研究科
2002年度総長特別研究費(若手奨励)800千円小笠原における環境教育プログラムの実践的研究文野 洋人文学部
2000年度総長特別研究費(若手奨励)800千円小笠原の子どもたちの自然意識調査文野 洋人文学部
1997年度総長特別研究費7,890千円小笠原諸島の固有植物の保全に関する研究可知直毅理学研究科

東京都等の試験研究機関との共同研究

年度 相手機関 共同研究課題 担当者 所属・身分
2011-2013年度小笠原亜熱帯農業センター外来生物の攪乱による植生の退行に伴う土壌の劣化が植物の種子発芽および成長に及ぼす影響可知直毅理工学研究科 教授
加藤英寿牧野標本館  助教
畑 憲治理工学研究科 特任研究員
高岡 愛理工学研究科 大学院生
2008-2009年度小笠原亜熱帯農業センターモクマオウ属植物の在来生態系への影響の緩和と抑制のための研究可知直毅理工学研究科 教授
加藤英寿牧野標本館  助教
畑 憲治理工学研究科 特任研究員
2007-2008年度小笠原亜熱帯農業センター国有林内のモクマオウ林におけるリターの堆積過程に関する調査可知直毅理学研究科 教授
畑 憲治理学研究科 特任研究員
2005-2007年度小笠原亜熱帯農業センターモクマオウ属植物の在来生態系への影響の緩和と抑制のための研究可知直毅理学研究科 教授
加藤英寿牧野標本館 助手
2006年度〜小笠原水産センターカサガイの生殖生理学的研究矢崎育子理学研究科 客員研究員
黒川 信理学研究科 助教授

外部資金による研究

年度 種目 金額(間接経費を含む) 研究課題 代表者氏名 所属・身分
2022年度基盤研究A8,190千円世界自然遺産の小笠原の乾性低木林樹木の乾燥耐性の解明と温暖化影響下での森林保全石田 厚理学研究科 生命科学専攻 客員研究員
2021年度基盤研究A8,190千円世界自然遺産の小笠原の乾性低木林樹木の乾燥耐性の解明と温暖化影響下での森林保全石田 厚理学研究科 生命科学専攻 客員研究員
基盤研究B4,000千円海洋島における外来生物の侵略性:植物の栄養利用特性と生態系の土壌特性との相互作用可知直毅理学研究科 客員教授
基盤研究C520千円外来樹木の侵入と駆除に伴う森林の水循環と植物群集の変化:生態系の持続可能性の検討畑 憲治理学研究科 生命科学専攻 客員研究員
2020年度基盤研究A8,190千円世界自然遺産の小笠原の乾性低木林樹木の乾燥耐性の解明と温暖化影響下での森林保全石田 厚理学研究科 生命科学専攻 客員研究員
基盤研究B6,370千円海洋島における外来生物の侵略性:植物の栄養利用特性と生態系の土壌特性との相互作用可知直毅理学研究科 客員教授
基盤研究B2,860千円海外の起源地との比較による小笠原固有植物の性表現と送粉共生系の進化の解明村上哲明理学研究科 生命科学専攻 教授
基盤研究C390千円外来樹木の侵入と駆除に伴う森林の水循環と植物群集の変化:生態系の持続可能性の検討畑 憲治理学研究科 生命科学専攻 客員研究員
2019年度基盤研究A9,230千円世界自然遺産の小笠原の乾性低木林樹木の乾燥耐性の解明と温暖化影響下での森林保全石田 厚理学研究科 生命科学専攻 客員研究員
基盤研究B7,280千円海洋島における外来生物の侵略性:植物の栄養利用特性と生態系の土壌特性との相互作用可知直毅理学研究科 客員教授
基盤研究B3,900千円海外の起源地との比較による小笠原固有植物の性表現と送粉共生系の進化の解明村上哲明理学研究科 生命科学専攻 教授
基盤研究C390千円外来樹木の侵入と駆除に伴う森林の水循環と植物群集の変化:生態系の持続可能性の検討畑 憲治理学研究科 生命科学専攻 客員研究員
2018年度藤原ナチュラルヒストリー振興財団学術研究助成708千円小笠原諸島の在来植生における埋土種子の種構成の解明須貝杏子理学研究科 生命科学専攻 客員研究員
基盤研究A9,230千円世界自然遺産の小笠原の乾性低木林樹木の乾燥耐性の解明と温暖化影響下での森林保全石田 厚理学研究科 生命科学専攻 客員研究員
基盤研究A12,350千円生態系機能の持続可能性:外来生物に起因する土壌環境の劣化に伴う生態系の変化可知直毅理学研究科 生命科学専攻 教授
基盤研究B5,590千円海外の起源地との比較による小笠原固有植物の性表現と送粉共生系の進化の解明村上哲明理学研究科 生命科学専攻 教授
基盤研究C390千円外来樹木の侵入と駆除に伴う森林の水循環と植物群集の変化:生態系の持続可能性の検討畑 憲治理学研究科 生命科学専攻 客員研究員
2017年度基盤研究A13,000千円生態系機能の持続可能性:外来生物に起因する土壌環境の劣化に伴う生態系の変化可知直毅理工学研究科 生命科学専攻 教授
基盤研究B6,370千円海外の起源地との比較による小笠原固有植物の性表現と送粉共生系の進化の解明村上哲明理工学研究科 生命科学専攻 教授
基盤研究B2,600千円外来生物の侵入による海洋島送粉生態系のレジームシフトとその進化・生態的影響加藤英寿理工学研究科 生命科学専攻 助教
基盤研究C3,250千円外来樹木の侵入と駆除に伴う森林の水循環と植物群集の変化:生態系の持続可能性の検討畑 憲治理工学研究科 生命科学専攻 客員研究員
基盤研究C1,430千円小笠原諸島固有森林生態系修復のための在来樹木植栽に関する基礎的研究相川真一理工学研究科 生命科学専攻 客員研究員
プロ・ナトゥーラ・ファンド助成500千円小笠原諸島におけるツヤオオズアリを含む外来アリ類の分布拡大の実態解明、および在来生態系への影響評価小林寛昂理工学研究科 生命科学専攻 博士前期課程 2年
2016年度基盤研究A16,250千円生態系機能の持続可能性:外来生物に起因する土壌環境の劣化に伴う生態系の変化可知直毅理工学研究科 生命科学専攻 教授
受託研究(森林総合研究所)10,100千円絶滅危惧植物の繁殖成功に配慮した域内保全手法の開発可知直毅理工学研究科 生命科学専攻 教授
基盤研究B3,380千円外来生物の侵入による海洋島送粉生態系のレジームシフトとその進化・生態的影響加藤英寿理工学研究科 生命科学専攻 助教
基盤研究C1,430千円小笠原諸島固有森林生態系修復のための在来樹木植栽に関する基礎的研究相川真一理工学研究科 生命科学専攻 客員研究員
プロ・ナトゥーラ・ファンド助成500千円小笠原諸島におけるツヤオオズアリを含む外来アリ類の分布拡大の実態解明、および在来生態系への影響評価小林寛昂理工学研究科 生命科学専攻 博士前期課程 1年
2015年度受託研究(森林総合研究所)12,100千円絶滅危惧植物の繁殖成功に配慮した域内保全手法の開発可知直毅理工学研究科 生命科学専攻 教授
基盤研究A9,400千円外来生物駆除後の海洋島の生態系変化:環境不均質性を考慮した管理シナリオの提案可知直毅理工学研究科 生命科学専攻 教授
基盤研究B4,160千円外来生物の侵入による海洋島送粉生態系のレジームシフトとその進化・生態的影響加藤英寿理工学研究科 生命科学専攻 助教
基盤研究C1,950千円小笠原諸島固有森林生態系修復のための在来樹木植栽に関する基礎的研究相川真一理工学研究科 生命科学専攻 客員研究員
2014年度受託研究(森林総合研究所)13,600千円絶滅危惧植物の繁殖成功に配慮した域内保全手法の開発可知直毅理工学研究科 生命科学専攻 教授
基盤研究A12,740千円外来生物駆除後の海洋島の生態系変化:環境不均質性を考慮した管理シナリオの提案可知直毅理工学研究科 生命科学専攻 教授
基盤研究B5,468千円外来生物の侵入による海洋島送粉生態系のレジームシフトとその進化・生態的影響加藤英寿理工学研究科 生命科学専攻 助教
挑戦的萌芽1,300千円新しい科学コミュニケーションとしてのリサーチツーリズムの確立沼田真也都市環境科学研究科 観光学域 准教授
2013年度笹川科学研究助成630千円海洋島における外来種駆除後の植生回復 -海鳥の営巣型による土壌の違いが植物の成長に及ぼす影響高岡 愛理工学研究科 生命科学専攻 博士前期課程2年
挑戦的萌芽1,300千円新しい科学コミュニケーションとしてのリサーチツーリズムの確立沼田真也都市環境科学研究科 観光学域 准教授
基盤研究A17,680千円外来生物駆除後の海洋島の生態系変化:環境不均質性を考慮した管理シナリオの提案可知直毅理工学研究科 生命科学専攻 教授
基盤研究A5,070千円小笠原諸島の植物相の起源を分子植物地理学的に探る村上哲明理工学研究科 生命科学専攻 教授
基盤研究B1,690千円小笠原諸島の自然再生における保全遺伝学的問題に配慮した植栽手法の研究加藤英寿理工学研究科 生命科学専攻 助教
若手研究B1,300千円海洋島における外来木本種の侵入とその駆除が森林生態系の水循環に及ぼす影響畑 憲治理工学研究科 生命科学専攻 客員研究員
2012年度笹川科学研究助成540千円野生化ヤギ駆除後の海洋島における約10年間の植生変化畑 憲治理工学研究科 生命科学専攻 客員研究員
受託研究(森林総合研究所)3,070千円小笠原諸島広域分布種に関する研究遺伝的変異の解析調査加藤英寿理工学研究科 生命科学専攻 助教
特別研究員奨励費700千円海洋島における適応放散的種分化の機構を保全するー集団内遺伝構造仮説の検討ー須貝杏子理工学研究科 生命科学専攻 学術振興会特別研究員
若手研究B3,250千円海洋島における外来木本種の侵入とその駆除が森林生態系の水循環に及ぼす影響畑 憲治理工学研究科 生命科学専攻 客員研究員
研究活動スタート支援1,430千円地域許容力と利用潜在力に基づく適性収容力算出システムの構築有馬貴之都市環境科学研究科 観光科学域 助教
基盤研究A14,300千円海洋島における外来生物の駆除が生態系の物質循環に与えるインパクト可知直毅理工学研究科 生命科学専攻 教授
基盤研究A11,050千円小笠原諸島の植物相の起源を分子植物地理学的に探る村上哲明理工学研究科 生命科学専攻 教授
基盤研究B5,070千円小笠原諸島の自然再生における保全遺伝学的問題に配慮した植栽手法の研究加藤英寿理工学研究科 生命科学専攻 助教
基盤研究C910千円島嶼における上・下水道・廃棄物処理の環境負荷低減化に関する研究山崎公子都市環境科学研究科 助教
基盤研究C650千円ハナガサノキ(アカネ科)における性表現の多様性とその進化菅原 敬理工学研究科 生命科学専攻 准教授
2011年度特別研究員奨励費700千円海洋島における適応放散的種分化の機構を保全するー集団内遺伝構造仮説の検討ー須貝杏子理工学研究科 生命科学専攻 学術振興会特別研究員
特別研究員奨励費700千円小笠原産タブノキ属植物の多様化機構について-移入者不適応の検討常木静河理工学研究科 生命科学専攻 学術振興会特別研究員
基盤研究A14,170千円海洋島における外来生物の駆除が生態系の物質循環に与えるインパクト可知直毅理工学研究科 生命科学専攻 教授
基盤研究A10,790千円小笠原諸島の植物相の起源を分子植物地理学的に探る村上哲明理工学研究科 生命科学専攻 教授
基盤研究B7,930千円小笠原諸島の自然再生における保全遺伝学的問題に配慮した植栽手法の研究加藤英寿理工学研究科 生命科学専攻 助教
基盤研究C1,170千円島嶼における上・下水道・破棄物処理の環境負荷低減化に関する研究山崎公子都市環境科学研究科 助教
基盤研究C2,210千円ハナガサノキ(アカネ科)における性表現の多様性とその進化菅原 敬理工学研究科 生命科学専攻 准教授
基盤研究C650千円日本の複数の多言語コミュニティを比較する言語習得・言語接触の調査研究ロング・ダニエル人文科学研究科 准教授
若手研究B1,430千円島嶼における生物多様性優先保全地域の選定および外来生物の影響評価手法の開発郡 麻里理工学研究科 生命科学専攻 客員研究員
笹川科学研究助成540千円野生化ヤギ駆除後の海洋島における約10年間の植生変化畑 憲治理工学研究科 生命科学専攻 客員研究員
受託研究(森林総合研究所)3,070千円小笠原諸島広域分布種に関する遺伝的変異の解析調査業務加藤英寿(分担)理工学研究科 生命科学専攻 助教
2010年度特別研究員奨励費700千円海洋島における適応放散的種分化の機構を保全するー集団内遺伝構造仮説の検討ー須貝杏子理工学研究科 生命科学専攻 学術振興会特別研究員
基盤研究A15,700千円小笠原諸島の植物相の起源を分子植物地理学的にさぐる村上哲明理工学研究科 生命科学専攻 教授
基盤研究A15,000千円海洋島における外来生物の駆除が生態系の物質循環に与えるインパクト可知直毅理工学研究科 生命科学専攻 教授
2009年度基盤研究C1,700千円日本の複数の多言語コミュニティを比較する言語習得・言語接触の調査研究ロング・ダニエル人文科学研究科 准教授
2008~2010年度基盤研究C3,200千円南西日本の過疎高齢海村における地域おこしと観光資源の開発に関する社会人類学的研究高桑史子人文科学研究科 教授
2008年度受託事業(東京都環境局)6,394.5千円南硫黄島自然環境普及啓発可知直毅理工学研究科 生命科学専攻 教授
基盤研究B1,200千円南硫黄島の生物多様性と適応放散的種分化の初期過程に関する研究加藤英寿理工学研究科 生命科学専攻 助教
菅原 敬理工学研究科 生命科学専攻 准教授
可知直毅理工学研究科 生命科学専攻 教授
2007年度サントリー文化財団研究助成1,000千円日本の多文化、多民族、多言語社会である小笠原諸島の過去と現在に関する調査研究ロング・ダニエル人文科学研究科 准教授
受託研究(小笠原村)1,000千円離島における上水道・下水道・廃棄物処理の統合管理に関する研究山崎公子都市環境科学研究科 助教
受託研究(産業労働局)800千円小笠原諸島における農業用水の水質改善に関する研究山崎公子都市環境科学研究科 助教
若手研究B900千円小笠原での大気微量成分測定による汚染大気の長距離輸送観測加藤俊吾都市環境科学研究科 准教授
基盤研究B6,400千円南硫黄島の生物多様性と適応放散的種分化の初期過程に関する研究加藤英寿理学研究科 生物学専攻 助手
+1,920千円菅原 敬理学研究科 生物学専攻 助教授
可知直毅理学研究科 生物学専攻 教授
受託研究(東京都環境局)19,948千円南硫黄島自然環境調査可知直毅理学研究科 生物学専攻 教授
加藤英寿理学研究科 生物学専攻 助手
基盤研究C900千円離島における上水道・下水道・廃棄物処理の統合管理に関する研究山崎公子都市環境科学研究科 助教
受託研究(森林総合研究所)9,146千円小笠原諸島における侵略外来植物の影響メカニズムの解明とその管理手法に関する研究可知直毅理学研究科 生物学専攻 教授
加藤英寿理学研究科 生物学専攻 助手
2006年度基盤研究C2,100千円離島における上水道・下水道・廃棄物処理の統合管理に関する研究山崎公子都市環境科学研究科 助手
受託研究(森林総合研究所)7,953千円小笠原諸島における侵略外来植物の影響メカニズムの解明とその管理手法に関する研究可知直毅理学研究科 生物学専攻 教授
加藤英寿理学研究科 生物学専攻 助手
2005年度受託研究(森林総合研究所)8,381千円小笠原諸島における侵略外来植物の影響メカニズムの解明とその管理手法に関する研究可知直毅理学研究科 生物学専攻 教授
加藤英寿理学研究科 生物学専攻 助手
2005-2006年度基盤若手研究B3,600千円小笠原諸島において水文気候条件が植生構造に与える影響に関する観測研究吉田圭一郎理学研究科 客員研究員
2003-2005年度基盤研究B12,100千円小笠原の島嶼生態系における植生回復過程に関する研究可知直毅理学研究科 生物学専攻 教授
加藤英寿理学研究科 生物学専攻 助手
2004-2005年度萌芽研究3,200千円言語接触によって誕生した新生言語体系の形成過程を解明する調査研究ロング・ダニエル人文科学研究科 准教授
2003-2005年度受託研究(産業労働局)1,800千円小笠原諸島における農業用水の水質改善に関する研究山崎公子都市環境科学研究科 助手
2002-2004年度基盤研究B8,100千円聟島、火山列島を含めた小笠原諸島全域における植物の多様性の研究加藤英寿理学研究科 生物学専攻 助手
2002-2004年度基盤研究B9,200千円欧米系日本人の独自のアイデンティティの保持と「日本人」への同化に関する調査研究ロング・ダニエル人文科学研究科 准教授
1997-1999年度受託研究(国立環境研究所)21,159千円島嶼における生物多様性と植物の適応戦略に関する研究可知直毅理学研究科 生物学専攻 教授

▲ TOP