本文へスキップ

知覚・認知の視点から運動をひも解く 樋口貴広(知覚運動制御研究室)

研究内容research

歩行の知覚運動制御

歩行を中心とした空間移動行動について、認知科学的観点から実験をしています。三次元動作解析を用いた実験に基づき,主に眼から入った情報(視覚情報)がどのように移動行動の制御に利用されているのかを知るための研究を行っています。研究室で長年行ってきた研究に,狭い隙間を通り抜ける際の回避動作の研究があります。人混みのように目まぐるしく変化する隙間の大きさに対して、私たちはどのようにして安全な動作を選択しているのかについて、動作解析を通して明らかにすることが目標です。

高齢者やリハビリテーション対象者の歩行・バランス機能に関する研究

大学周辺地域に在住される高齢者の方々にご協力いただき,高齢者の歩行・バランス機能に関する研究を行っています。また,病院に勤務する理学療法士さんのご協力のもと,脳卒中片麻痺者の歩行に関する研究実績があります。

バーチャルリアリティ環境下で障害物回避を経験できるシステムの開発

障害物回避行動が苦手な人を念頭に,”ぶつかってもケガをしない状況”として,バーチャルリアリティ環境下で障害物回避場面を作り出しました。現在,そのシステムの有益性を検証するための研究を行っています。





主な装置

 三次元動作解析装置(Qualysis社製 OQUS)
 可搬型フォースプレート(Kisler社製)
 アイマークレコーダ(Nac社製 EMR-9)
 バーチャルリアリティシステム&三次元動作解析装置
(ソリッドレイ社製 Omega Space, OptiTrack社製 Flex 13,)