首都大学東京 理工学研究科・都市環境科学研究科・システムデザイン研究科 海外インターンシップ体験

内容

現地での研修内容

アメリカの一流大学研究室訪問

 一流大学として、Stanford大学、California 大学 Berkeley 校を訪問してきました。単なるキャンパスツアーではありません。事前に、そこの大学の研究者に自分たちでアポイントをとって訪問し、ディスカッションすることが課題となります。
 先輩の中には、ノーベル賞受賞者にアポイントをとって、歓迎していただいたこともあります。また、先方の大学院への進学を勧められた先輩もあります。


ノーベル物理学賞受賞者のStanford大学Laughlin教授を訪問 (2013)


California 大学 Berkeley 校K. N. Raymond教授の研究室を訪問 (2011)


Stanford大学Kool教授を訪問 (2010)

シリコンバレーのIT企業訪問

 これまで、google, yahoo, facebook, evernote などの企業を訪問してきました。なかなかこのような企業を訪問することはできません。本企画では、実績と人脈で、このような先進IT企業を訪問しています。自分の研究の紹介や、事前に与えられた課題についてのプレゼンテーションを行ってきました。


ORIGINATE社での研究紹介の様子 (2013)


Evernote社でのプレゼンテーション (2013)


ORIGINATE社での提案の様子 (2012)


Google で (2008)


Yahoo で (2009)


Facebook で (2010)


Evernoteで (2011)

日系企業のアメリカ法人訪問

 アメリカで働くことについて、アメリカ人に聞いてもよくわからないこともあります。日本企業のアメリカ法人の経営者に伺うと、アメリカで働く、商売をする、ということがわかります。富士通アメリカ、カルビーアメリカなどの企業を訪問して、経営者のお話を伺ったり、学生のプレゼンテーションを行ってきました。


富士通アメリカでのdiscussion (2012)


カルビーアメリカでのプレゼンテーション(2011)


カルビーアメリカで (2008)

宿泊所でのdiscussion

 毎日、宿泊所でdiscussion を行い、その日の反省、翌日の事前準備をすると共に、参加者の絆を深めました。


夕食時に各自の目標を発表 (2013)

事前研修・キャリアセミナー

概要説明会

本プログラムの目的・進め方、全体スケジュール等今後の活動について10月初旬に実施

事前writing 演習

大学訪問先へのアポイントメールの書き方の指導、添削

キャリアセミナー

狙いは、海外で働く人材、アメリカでのビジネスの特徴を知ること。

2008年10月24日 「海外で働く厳しさと魅力」外村 仁 氏(General Partner, First Compass Group)

2009年10月05日 「アメリカにおけるWEBマーケティング」宮地洋一郎氏、ケビン・スミス氏 (株式会社イーベースソリューションズ)
         「海外で働く厳しさと魅力」外村 仁 氏 (General Partner, First Compass Group)

2010年10月20日(事前研修の中の特別講演) 「グローバル人材を目指して」丸 幸弘 氏(株式会社リバネスCEO)


外村仁氏の講演(2009)

事後研修・報告会

報告会

参加者の報告会を12月初旬に実施。毎年、30~40名程度の教員、学生が参加。

2014年報告会資料  new

2013年報告会資料

2012年報告会資料

pagetop