名称未設定.png首都大学東京 川上研究室
都市環境学部 都市環境学科 環境応用化学科
都市環境科学研究科 環境応用化学域

スタッフ紹介

川上先生.png

教授
川上浩良

所属学会
高分子学会、日本化学会、日本人工臓器学会、日本膜学会、日本生化学会、日本バイオマテリアル学会、日本酸化ストレス学会、日本DDS学会、日本エピジェネティクス研究会

 地球環境に留意して環境やエネルギー問題に対応するあるいはそれら問題を解決する新しい機能性高分子材料(温室効果ガス分離、燃料電池用の高分子固体電解質、全固体型リチウムイオン電池など)や機能性ナノファイバ−(ナノデバイス、イオン伝導性ナノファイバー、電子導電性ナノファイバー、触媒機能ナノファイバ−、バイオ機能ナノファイバーなど)に関する研究も行なっています。さらに、生体機能を人工的に模倣したバイオミメティック材料(人工酵素、人工臓器など)や、医療デバイスとナノテクノロジーを融合したナノメディスン(再生医療、薬物送達システム、エピジェネティクス工学、分子モーターなど)に関する研究を進め、今後の生命科学を支えるバイオマテリアル、医療デバイスの開発を進めています。また、学生には研究・教育を通して人類の環境、エネルギー、医療、福祉に貢献できる専門性と、グローバル社会に対応できる能力を身につけられるよう指導しています。



16 ドクター達 0324.jpg

准教授
山登正文

所属学会
高分子学会,応用物理学会,日本磁気科学会,日本化学会,ACS

 磁気科学と高分子物理化学を融合した新規学際分野を切り開き,新規な高次構造形成やそれに伴う機能向上・発現にむけた研究を行っています.従来は磁場で制御不可能であると考えられていた結晶性高分子の高次構造制御に成功したことを皮切りに,現在では高分子/フィラー複合材料,ブロック共重合体,ゲル等の磁場による高次構造制御を行っています.得られた他にはない高次構造を有する材料の機能評価を行い,構造と機能の相関を明らかにし,環境・エネルギー問題の解決に結びつくような新規材料開発のシーズを提供していきます.加えてオンリーワンの材料開発によって日本の素材産業を支えていきます.
 



潔.jpg

准教授
佐藤潔

所属学会
有機合成化学協会、高分子学会、日本化学会

 現在、川上研究室で進められてきた「人工ホストと金属錯体を組み合わせた超分子触媒」や「ナノバイオマテリアル」の研究開発に、主に基幹化合物の合成をサポートする形で携わっています。これまで有機化学分野で培ってきた有機低分子化合物の合成技術と分子認識化学(ホスト・ゲスト化学)に関する知識や経験を活かして、これらの研究課題の推進に貢献していきたいと考えています。将来的には、上記の基盤技術の確立や改良だけでなく、環境・エネルギー・生命化学の各分野でのイノベーションにつながる様な材料の開発にも挑戦していきたいと考えています。



写真_田中 学.JPG

准教授
田中学

所属学会
日本化学会、高分子学会、電気化学会、繊維学会、日本膜学会、ACS、ECS

 地球温暖化問題の抜本的な解決策として期待される二酸化炭素分離・回収(CCS)技術に不可欠な高効率な気体分離膜や、究極のクリーンエネルギーである燃料電池の高性能化に繋がるナノファイバーを用いた革新的な高分子電解質膜など、高分子ならではの特徴を活かした材料の開拓に取り組んでいます。これまで私立大学・国立大学・海外の大学などで携わってきた幅広い研究(電池材料、光機能性材料、生体適合性材料、有機磁性材料などの開発)や教育(大学、高等学校での非常勤講師等)の経験も活かし、学生たちとともに研究室や大学を盛り上げ、社会・人類に貢献できる仕事をしていきたいと思っています。