サンプルアイチャッチ

ごあいさつ

2018年4月に梶原が金村研究室から独立して発足した新しい研究室です。無機系固体物質・材料を対象に、持続可能な都市環境と低炭素社会を支える光・電子機能性材料の研究を行っています。低環境負荷合成法の開発や構造・物性解析、新規材料探索を中心とした基礎研究と、デバイス開発などの応用研究の両面から研究を進めています。

主な研究領域

  • 無機系固体材料の低環境負荷合成
  • セラミックス・ガラス・ケイ素系有機-無機ハイブリッドの光・電子機能化
  • シリカガラスの物性および発光材料への応用
  • 無機系固体材料による高効率エネルギー変換
  • 無機物質と光との相互作用
  • 固体内部・表面での物質拡散および反応

Information

研究内容、大学院進学等に興味のある方は梶原までお問い合わせください。

Chronicle

2018.12.18
シリカガラス中の点欠陥に関する解説記事(後編)が掲載されました。
2018.11.24
Latvia大学のLinards Skuja博士、Paris-Saclay大学のNadège Ollier博士らとの電子・中性子線照射したα-石英における点欠陥に関する論文が掲載されました。
2018.11.23
修士1年の瀬戸涼介君、京都大学の小野寺陽平先生、物質・材料研究機構の小原真司博士らのとポリシルセスキオキサン(PSQ)液体・ガラスの物性と微細構造に関する論文が掲載されました。
2018.09.20
第79回応用物理学会秋季学術講演会(名古屋国際会議場)でシンポジウム「シリカガラスの最前線」(プログラム)を開催しました。
2018.09.12
卒業生の須田真優さん(平成29年度修士修了)らとの狭帯域UVB蛍光ガラスに関する論文が当該号(Dalton Trans. Vol. 47, No. 35)のInside Front Coverに選ばれました。
2018.08.11
卒業生の須田真優さん(平成29年度修士修了)らとの狭帯域UVB蛍光ガラスに関する論文が掲載されました。
2018.07.23
シリカガラス中の点欠陥に関する解説記事(前編)が掲載されました。
2018.04.01
卒業生の高橋遼君(平成29年度修士修了)、加藤宏彦君(平成27年度修士修了)らとのシリカゼオライトDDRに関する論文(PDF)が掲載されました。本論文はJ. Ceram. Soc. Jpn. 126巻4号の表紙(表紙PDF)とEditor's Choiceに選ばれました。
2018.04.01
梶原研究室が発足しました。