首都大学東京 人文科学研究科 言語科学教室

言語発達脳科学研究室

 
 

2018/06/17-21  OHBM (The Organization of Human Brain Mapping) 2018 Annual Meetingで発表しました

       題名:Statistical shape analysis of developmental changes in the corpus callosum during infancy

         (Daisuke Tsuzuki, Gentaro Taga, Hama Watanabe and Fumitaka Homae)

2018/05/31  東京大学との共同研究を発表した論文が受理されました

       Developmental changes in cortical sensory processing during wakefulness and sleep

                    Gentaro Taga, Hama Watanabe and Fumitaka Homae

                    NeuroImage, 178, 519-530 (2018)

2018/04/01  博士前期課程(修士)に2名が進学しました

2018/03/07  第3回発達脳フォーラム「ことばの音」を開催しました

      ご来場ありがとうございました

2018/02/17・18  第3回坂本勉記念神経科学研究会で発表しました

       題名:α帯域の神経活動が単語処理時に果たす機能的役割

         (世戸 慎太郎、保前 文高)

       題名:絵画呼称の発話準備における神経活動の時系列に関する検討

                              (Park Eunbi、 保前 文高)

2018/02/15  中央大学、健康科学大学との共同研究を発表した論文が受理されました

       Explicit performance in girls and implicit processing in boys: A simultaneous fNIRS-ERP study

                    on second language syntactic learning in young adolescents

                    Lisa Sugiura, Masahiro Hata, Hiroko Matsuba-Kurita, Minako Uga, Daisuke Tsuzuki,

                    Ippeita Dan, Hiroko Hagiwara and Fumitaka Homae

                    Frontiers in Human Neuroscience, 12:62 (2018)

2018/02/15 2017年度ニューズレターを発行しました

2017/12/20・21  次世代脳プロジェクト冬のシンポジウムで発表しました

       題名:乳児が持つ個人性の探求

         (保前 文高)

       題名:個性が象る脳梁・時間が育む脳梁

                              (續木 大介、 渡辺 はま、 多賀 厳太郎、 保前 文高)

       題名:絵画呼称時の発話に至る時系列に関する検討

                              (Park Eunbi、 保前 文高)

2017/10/29  日本社会心理学会第58回大会シンポジウムで講演しました

       題名:脳の形態形成に現れる乳幼児の個性

2017/09/19  東京大学との共同研究を発表した論文が受理されました

       Spatial variation in the hemoglobin phase of oxygenation and deoxygenation (hPod) in the

                    developing cortex of infants

                    Gentaro Taga, Hama Watanabe and Fumitaka Homae

                    Neurophotonics, 5(1), 011017 (2018)

2017/07/15  第20回日本光脳機能イメージング学会学術集会で発表しました

       題名:発達脳における機能的クラスタリング

         (保前 文高、渡辺 はま、多賀 厳太郎)

       題名:小児脳MRIを対象とした頭表ランドマークと脳特徴点の対応に関する検討

         ー 代数的記述および幾何的解析を用いて ー

                              (續木 大介、保前 文高、多賀 厳太郎、渡辺 はま、松井 三枝、檀 一平太)

2017/06/25  日本言語学会第154回大会公開シンポジウムを開催し、発表しました

       題名:発達期における脳と言語ー普遍性と固有性の共存

2017/06/20  東京大学、富山大学、中央大学との共同研究を発表した論文が受理されました

       題名:Macroanatomical landmarks featuring junctions of major sulci and fissures and scalp

                               landmarks based on the international 10-10 system for analyzing lateral cortical

                               development of infants

                               Daisuke Tsuzuki, Fumitaka Homae, Gentaro Taga, Hama Watanabe, Mie Matsui

                               and Ippeita Dan (2017) Frontiers in Neuroscience 11:394

                               doi: 10.3389/fnins.2017.00394

 

News & Topics

「我々はどのようにしてことばを獲得するのか、また、なぜ獲得できるのか」という問題に赤ちゃんの脳の発達と行動から迫ります。「発達脳」を軸にして、音声知覚から語彙の獲得、文の生成と理解、発話までを包括的に説明することを目指します。

首都大学東京 大学院人文科学研究科 人間科学専攻 言語科学教室 保前 文高  
〒192-0397 東京都八王子市南大沢1-1  http://www.tmu.ac.jp/http://www.hum.tmu.ac.jp/http://www.tmu.ac.jp/academics/graduate/hum/human_sciences.htmlhttp://www.comp.tmu.ac.jp/gengokagaku/http://www.tmu.ac.jp/stafflist/data/ha/761.htmlshapeimage_4_link_0shapeimage_4_link_1shapeimage_4_link_2shapeimage_4_link_3shapeimage_4_link_4
 

Developmental Brain Science of Language