2014年10月 8日掲載   

新システムの愛称・ロゴ決定!

7月から9月にかけて募集した新システムの愛称及びロゴは、学内から20件を超えるご応募をいただきました。 多数のご応募をいただき、誠にありがとうございます。

kibaco ロゴ 厳選なる審査の結果、新システムの愛称は、長濱啓輔さん(インダストリアルアートコース4年生)の「kibaco(キバコ)」が採用されました。

"kibaco" の意味・由来(作成者より)

人は「箱」に、物を入れる、踏み台にする、机にするなど、非常に多くの用途を生み出します。eラーニングシステムを単純な共有ツールではなく、様々な人に、様々な用途で使ってもらいたいという思いを込めました。 またロゴは、首都大のシンボルマーク元にし、本学の知性的で落ち着きのある、かつ自然溢れる印象を与えられる「木箱」をモチーフにしました。

皆さまにとってより使いやすいeラーニングシステム "kibaco" になるよう、学術情報基盤センターでは利用者支援を行っていきますので、どうぞよろしくお願い致します。