ダイバーシティ推進室相談

    首都大学東京 首都大KIDS一時保育施設

ダイバーシティ推進室の取組み

通称名使用について

首都大学東京では、平成29年10月1日に「首都大学東京における学生の通称名使用の取扱いに関する要綱」を施行しました。 これにより、首都大学東京に在学する学生の通称名(本名以外の氏名)使用が可能となりました。通称名を使用できる場合(※)や、 通称名が記載される文書、申請の方法などについては、要綱をご確認ください。 また、ご不明な点につきましては、ダイバーシティ推進室へお問い合わせください。なお、新入生は入学後の手続きとなります。申請様式は、各教務課及びダイバー室にございます。

※通称名が使用できる場合
1.婚姻等により改姓した場合
2.外国籍の学生が住民票に記載された通称の使用を希望する場合
3.性別に違和感があり、自分の望む通称名の使用を希望する場合
4.その他の場合はご相談ください

■要綱(本文のみ)はこちら(PDF123KB)
■案内チラシはこちら(PDF1MB)

環境整備

だれでもトイレマップの作成など、当事者が過ごしやすいような学内の環境整備を進めます。

■南大沢キャンパス だれでもトイレマップは、こちら
■日野キャンパス だれでもトイレマップは、こちら
■荒川キャンパス だれでもトイレマップは、こちら

講演会やセミナー等の開催

講演会やセミナー等の開催により、セクシュアル・マイノリティに関する情報や知識を提供します。大学の教職員、学生、地域の方々などにセクシュアル・マイノリティについて知っていただくことで、当事者へのハラスメントを防ぎ、誰にとっても安心・安全なキャンパス環境を作っていきます。

セクシュアル・マイノリティ講演会2017
あなたが「アライ」であるために

「アライ(Ally)」という言葉を聞いたことがありますか? セクシュアル・マイノリティを理解し、支えようとする人々のことを言います。セクシュアル・マイノリティ当事者が安心して学校生活を送るために、アライを増やすためにはどうすればよいのでしょうか?また、私たちはアライとしてどのようなことができるのでしょうか? 教員、職員、学生、それぞれの立場から、一緒に考えてみませんか?

あなたが「アライ」であるために
日時:11月28日(火)14時00分~16時00分
場所:南大沢キャンパス 91年館 多目的ホール
対象:本学学生、教職員
講師:杉山 文野 氏(NPO法人東京レインボープライド共同代表)
定員:40人
申込:ダイバーシティ推進室までご連絡ください。 ※当日参加も可能です。

■案内チラシはこちら(PDFファイル1566KB)

セクシュアル・マイノリティ講演会2016
誰だって、自分らしく働きたい!! セクシュアル・マイノリティの就活事情

就職活動、いわゆる「シューカツ」は自分の将来の生き方にも関係する、大学生活の中でも重大な取組みのひとつです。そんな時に、セクシュアル・マイノリテイの当事者は思わぬことに困っていたり、悩んでいたりしています。職場環境づくりなど企業側の対応も進みつつありますが、当事者が今、具体的にどのようなことに困っているのか。大学の教職員や仲間として、どのようなことができるのか。一緒に考えてみませんか?

誰だって、自分らしく働きたい!! セクシュアル・マイノリティの就活事情
日 時:平成28年10月18日(火)14時00分~16時00分
場 所:南大沢キャンパス 91年館 多目的ホール
対 象:本学学生、教職員 
定 員:40人
申 込:ダイバーシティ推進室までご連絡ください。(当日参加も可能です)
保育あり(無料/要予約)保育を希望の方は、10月4日(火)までにダイバーシティ推進室までご連絡ください。
講 師:藥師 実芳(やくし みか)氏(NPO法人 ReBit(リビット)代表理事)
受講料:無料

■案内チラシはこちら(PDFファイル1052KB)
■講演会の模様はNewsletter第16号をご覧ください。

相談

ダイバーシティ推進室の専門知識を持ったスタッフが相談を行います。基本的には南大沢キャンパスで行いますが、必要に応じて各キャンパスでの出張相談や、学内関係機関の担当者を交えての相談も行います。

環境整備

だれでもトイレマップの作成など、当事者が過ごしやすいような学内の環境整備を進めます。

■南大沢キャンパス だれでもトイレマップは、こちら
■日野キャンパス だれでもトイレマップは、こちら
■荒川キャンパス だれでもトイレマップは、こちら

リンク

にじかもめ(首都大学東京セクシュアル・マイノリティサークル)
NPO法人ReBit(平成27年度セクシュアル・マイノリティ講演会講師)