ダイバーシティ推進室相談

    首都大学東京 首都大Kids一時保育施設

相談案内

ダイバーシティ推進室では、首都大学東京で学び、働き、研究をする構成員が多様な生き方を追求できるように、ダイバーシティ推進室スタッフによる相談のほか、専門相談員によるワーク・ライフ・バランス、女性の健康、障がい、セクシュアル・マイノリティ等に関わる相談をお受けします。

○ 相談される方のニーズを尊重し、それに応えるため、学内他組織と柔軟に連携して相談を進めます。
○ 相談の内容については、原則としてご本人の了解なく他に提供されることはありません。
○ ダイバーシティ推進室スタッフによる相談は、必要に応じて専門相談に替えることができます。また、何回でも継続してご利用いただけます。

相談の流れ
1.電話、メールまたは来室で予約
2.日程調整
3.面談にて相談


■相談案内リーフレット(2016.3改訂)はこちら(PDF 452KB)

相談事例

・仕事(研究)と家庭生活の両立が難しい
・子どもを産みたいが、仕事(研究)を続けていけるだろうか

・研究者を目指している大学院生。結婚もしたいし、子どもも欲しい。妊娠や出産について教えてほしい
・現在妊娠中だが、出産、育児に関してどのような支援があるか知りたい

・障がいがあり、支援を受けずに学生生活を送ってきたが、状態が変わり支援が必要になり、学内のバリアの解消も必要になった
・在学中に事故、疾病により障がいが生じた。どのような支援が受けられるか
・障がいがあることで差別される
・障がいのある学生がゼミに参加しているが、どのような対応、支援ができるか

・外国籍の教員だが、日本での妊娠・出産に対する不安がある
・外国籍の教員で、文化の違いに戸惑っている

・自分の性別に違和感を感じている
・セクシュアル・マイノリティについて、わからないことがある

相談時間・場所

月曜日~金曜日 10:00~17:00
南大沢キャンパス 図書館本館1階 ダイバーシティ推進室
★他キャンパスへの出張相談も行います

【ダイバーシティ推進室相談】
相談担当: ダイバーシティ推進室スタッフ

【専門相談】
ワーク・ライフ・バランス相談

相談担当: ワーク・ライフ・バランス相談員(キャリアコンサルタント技能士)

女性の健康相談

相談担当: 女性の健康相談員(助産師)

障がいのある学生相談

相談担当: ダイバーシティ推進室スタッフ(障がいがある構成員支援担当・社会福祉士)と 学内関係機関の担当者

【連絡先】
〒192-0397 東京都八王子市南大沢1-1 南大沢キャンパス 図書館本館1階(ダイバーシティ推進室)
Tel: 042-677-1337(直通)/ 内線2571
Mail: diverwww@tmu.ac.jp / 相談予約メール:diver-soudan@tmu.ac.jp
※相談予約メールは、相談担当者全員が共有しています。

相談員紹介

●ワーク・ライフ・バランス相談担当:荻野令子
1級キャリア・コンサルティング技能士。
厚労省外郭団体で両立支援事業に携わる。現在は、企業、行政、教育機関などで相談業務やキャリア形成、キャリアアップ、ワーク・ライフ・バランスなどの研修講師として活動。
ワーク・ライフ・バランスやワークライフキャリアについてのご相談をお待ちしています。

●女性の健康相談担当:長濱博子
助産師。
大学病院産科・助産師学校・社団法人(現 公益法人)日本助産師会勤務を経て、地域に根差し分娩を取り扱う助産院開業。現在は分娩を取り扱わず、母乳育児相談・ケアと産後の入院をメインに開業。
女性の健康問題、妊娠・分娩・産後・育児にまつわる相談を包含した、母性における相談等をお受けいたします。
●女性の健康相談担当:岡本喜代子
助産師。
現在の主な活動領域は母子保健である。
主な著書は、専門家向けには、「助産学概論」(共著,日本助産師会出版)、助産力(共著,日本助産師会出版)、一般向けには、「ママとパパも喜ぶいまどきの幸せ孫育て」(共著,家のひかり協会)、詩集「そよかぜと産婆」、(助産婦教育システム研究会)等がある。大学等での助産師教育、職能団体の役員としての活動の他、ボランティアとして、学校でのいのちの教育、性教育、地域で子ども虐待防止、楽しい子育て、孫育て等の活動を実践している。

ワーク・ライフ・バランスカフェ

平成24年度から昼休みを利用して仕事と家庭生活の両立について気軽に話せる場を設けてきました。
みなさまのご要望により開催いたします。ダイバーシティ推進室までご連絡ください。

健康相談会・セミナー


子育ての疑問・悩み相談会「子育てのココが聞きたい!!」

働きながら子どもを育てることは、なかなか苦労が多いもの。分からないことや、困ったこと、ちょっとしたことだけど誰かに相談してみたい―。そんな気持ち、ありませんか? 首都大学東京ダイバーシティ推進室では、女性の健康問題をはじめ、妊娠・分娩・産後・育児に関する相談をお受けしています。今回は、お昼休みの時間を使って、相談員を務めている助産師のお二人より、子育てに関する情報提供をしていただきます。その場で相談したり、参加者同士の情報交換もできます。相談員との顔合わせや、子育て仲間づくりにお役立てください!!

日時:7月18日(火)12時10分~12時50分
場所:南大沢キャンパス 7号館2階 和室213
対象:本学学生、教職員
講師:岡本喜代子、長濱博子(助産師、首都大学東京ダイバーシティ推進室「女性の健康相談」担当)
申込み方法:ダイバーシティ推進室までメールまたは電話 ※7月13日(木)締切 
      メールはこちら
      電話番号:042-677-1337(直通)/内線2571

*昼食は各自でご用意ください。

■案内チラシはこちら(PDF 387KB)




■平成26年度 女性の健康セミナーの模様はNewsletter第11号をご覧ください。
■平成25年度 女性の健康セミナーの模様はNewsletter第7号をご覧ください。