修了生

【コメント】過去、長岡研究室、長岡・川上研究室、川上研究室のDDSチームとして指導した院生・学生を記載 *は責任著者

種市さくら:2018年3月修士課程修了(川上研究室)、2016年3月学部卒業(川上研究室)
2017年度修士論文「生分解性モノイオンコンプレックスによるin vivo持続的遺伝子発現システムの構築」         2015年度卒業論文「生分解性モノイオンコンプレックスによる生体個体内pDNAデリバリー」         
長嶋果南:2017年3月修士課程修了(川上研究室)、2015年3月学部卒業(川上研究室)
2016年度修士論文「コレステロール末端修飾PEGによる非共有結合PEG化法の開発」(MIP受賞)             2014年度卒業論文「タンパク質へのPEG非共有結合修飾のためのモノイオンコンプレックス構造最適化」(MIP受賞)    S. Asayama*, K. Nagashima, Y. Negishi, H. Kawakami, By-Product-Free Intact Modification of Insulin by Cholesterol End-Modified Poly(ethylene glycol) for In Vivo Protein Delivery,Bioconjugate Chemistry,29, 67-73 (2018).      S. Asayama*, K. Nagashima, H. Kawakami, Facile Method of Protein PEGylation by a Mono-Ion Complex, ACS Omega, 2, 2382-2386 (2017).     
坂田瑞希:2016年3月修士課程修了(川上研究室)、2014年3月学部卒業(川上研究室)
2015年度修士論文「Zn2+/pDNA共送達システムの構築による細胞機能制御」(MIP受賞)                2013年度卒業論文「亜鉛配位アルキル化ポリビニルイミダゾール遺伝子キャリアの合成と構造活性相関」(MIP受賞)    S. Asayama*, M. Sakata, H. Kawakami, Structure-Activity Relationship between Zn2+-Chelated Alkylated Poly(1- vinylimidazole) and Gene Transfection,Journal of Inorganic Biochemistry, 173, 120-125 (2017).       
野原 敦:2015年3月修士課程修了(川上研究室)、2013年3月学部卒業(川上研究室)
2014年度修士論文「モノイオンコンプレックスによるin vivo遺伝子デリバリーシステムの構築」(MIP受賞)       2012年度卒業論文「新規生体適合性分子修飾法によるDNAの機能化」(MIP受賞)                    S. Asayama*, A. Nohara, Y. Negishi, H. Kawakami, Plasmid DNA Mono-Ion Complex Stabilized by Hydrogen Bond for In Vivo Diffusive Gene Delivery,Biomacromolecules, 16, 1226-1231 (2015).                    S. Asayama*, A. Nohara, Y. Negishi, H. Kawakami, Alkylimidazolium End-Modified Poly(ethylene glycol) to Form the Mono-Ion Complex with Plasmid DNA for In Vivo Gene Delivery,Biomacromolecules, 15, 997-1001 (2014).     
辰巳 亮:2012年3月学部卒業(川上研究室)
2011年度卒業論文「遺伝子発現向上のための生理活性イオン配位効果及び新規DNA修飾法の開発」          
松田宏紹:2013年3月修士課程修了(川上研究室)、2011年3月学部卒業(川上研究室)
2012年度修士論文「亜鉛イオンによる遺伝子発現上方制御及びin vivo送達型キャリアの合成」
2010年度卒業論文「生理活性イオン配位ポリプレックスによる遺伝子発現向上」                    S. Asayama*, K. Matsuda, Y. Negishi, H. Kawakami, Intracellular Co-Delivery of Zinc Ions and Plasmid DNA for Enhancing Gene Transfection Activity,Metallomics, 6, 82-87 (2014) (Selected for Inside Front Cover).
熊谷喬生:2012年3月修士課程修了(川上研究室)、2010年3月学部卒業(川上研究室)
2011年度修士論文「メチル化ポリヒスチジン核酸キャリアによるsiRNA及び遺伝子デリバリーシステムの構築」(MIP受賞) 2009年度卒業論文「siRNAキャリアとしてのメチル化ポリヒスチジンの合成とRNA干渉」(MIP受賞)           S. Asayama*, T. Kumagai, H. Kawakami, Synthesis and Characterization of Methylated Poly(L-histidine) to Control the Stability of its siRNA Polyion Complexes for RNAi,Bioconjugate Chemistry, 23, 1437-1442 (2012).
妹尾耕造:2012年3月修士課程修了(川上研究室)
2011年度修士論文「カルボキシメチル化ポリビニルイミダゾールの合成と遺伝子導入促進機能の評価」          S. Asayama*, K. Seno, H. Kawakami, Synthesis of Carboxymethyl Poly(1-vinylimidazole) as a Polyampholyte for Biocompatibility,Chemistry Letters, 42, 358-360 (2013).
西之原聡:2011年3月修士課程修了(川上研究室)、2009年3月学部卒業(川上研究室)
2010年度修士論文「亜鉛配位イミダゾール基介在DNA三元複合体による遺伝子発現向上」               2008年度卒業論文「亜鉛配位ポリビニルイミダゾールによる新規遺伝子デリバリーシステムの構築」(MIP受賞)      S. Asayama*, S. Nishinohara, H. Kawakami, Zinc-Chelated Poly(1-vinylimidazole) and a Carbohydrate Ligand Polycation Form DNA Ternary Complexes for Gene Delivery,Bioconjugate Chemistry, 22, 1864-1868 (2011).    S. Asayama*, S. Nishinohara, H. Kawakami, Zinc-Chelated Imidazole Groups for DNA Polyion Complex Formation,Metallomics, 3, 680-682 (2011).
袴谷友恵:2010年3月修士課程修了(川上研究室)、2008年3月学部卒業(長岡・川上研究室)
2009年度修士論文「アルキル化ポリビニルイミダゾールによる無毒性高効率遺伝子デリバリーシステムの構築」(MIP受賞) 2007年度卒業論文「新規pH応答性遺伝子キャリアとしてのアルキル化ポリビニルイミダゾールの合成」          S. Asayama*, T. Hakamatani, H. Kawakami, Synthesis and Characterization of Alkylated Poly(1-vinylimidazole) to Control the Stability of its DNA Polyion Complexes for Gene Delivery,Bioconjugate Chemistry, 21, 646-652 (2010).
須藤美由紀:2009年3月修士課程修了(川上研究室)、2007年3月学部卒業(長岡・川上研究室)
2008年度修士論文「細胞質内移行性ポリペプチドを用いた高効率遺伝子デリバリーシステムの構築」           2006年度卒業論文「カルボキシメチル化ポリヒスチジンを用いたpH応答的DNAデリバリー」               S. Asayama*, M. Sudo, S. Nagaoka, H. Kawakami, Carboxymethyl Poly(L-histidine) as a New pH-Sensitive Poly- peptide to Enhance Polyplex Gene Delivery,Molecular Pharmaceutics, 5, 898-901 (2008).  
関根 崇:2007年3月修士課程修了(長岡・川上研究室)、2005年3月学部卒業(長岡研究室)
2006年度修士論文「細胞ターゲティング能を有する新規pH応答性遺伝子デリバリーシステムの構築」(MIP受賞)     2004年度卒業論文「アミノ化ポリヒスチジン遺伝子キャリアーの発現活性評価」                    S. Asayama*, T. Sekine, H. Kawakami, S. Nagaoka, Design of Aminated Poly(1-vinylimidazole) for a New pH- Sensitive Polycation to Enhance Cell-Specific Gene Delivery,Bioconjugate Chemistry, 18, 1662-1667 (2007).
S. Asayama*, T. Sekine, H. Kawakami, S. Nagaoka, pH-Dependent Dissociation of Carbohydrate Ligand Polycations from DNA Ternary Complexes,Chemistry Letters, 35, 100-101 (2006).
S. Asayama*, T. Sekine, A. Hamaya, H. Kawakami, S. Nagaoka, Poly(L-histidine) with Several Aminoethyl Groups for a New pH-Sensitive DNA Carrier, Polymers for Advanced Technologies , 16, 567-570 (2005).
小川 藍:2007年3月修士課程修了(長岡・川上研究室)
2006年度修士論文「核酸二重鎖を用いた新規pH応答性ドラッグキャリアの創製」(MIP受賞)              S. Asayama*, A. Ogawa, H. Kawakami, S. Nagaoka, Double-Stranded RNA Homopolymer Poly(rC)∙Poly(rG) for a New pH-Sensitive Drug Carrier,Molecular Pharmaceutics, 5, 162-164 (2008).
加藤洋行:2006年3月修士課程修了(長岡研究室)
2005年度修士論文「新規pH応答性ドラッグキャリアとしてのカルボキシメチル化ポリヒスチジンの合成」         S. Asayama*, H. Kato, H. Kawakami, S. Nagaoka, Carboxymethyl Poly(L-histidine) as a New pH-Sensitive Poly- peptide at Endosomal/Lysosomal pH,Polymers for Advanced Technologies, 18, 329-333 (2007).
水島佳織:2004年3月修士課程修了(長岡研究室)
2003年度修士論文「アクティブターゲティング能を有する新規糖鎖修飾型Mnポルフィリン錯体の合成とその抗酸化機能」  S. Asayama*, K. Mizushima, S. Nagaoka, H. Kawakami, Design of Metalloporphyrin-Carbohydrate Conjugates for a New Superoxide Dismutase Mimic with Cellular Recognition,Bioconjugate Chemistry, 15, 1360-1363 (2004).
濱屋 藍:2004年3月学部卒業(長岡研究室)
2003年度卒業論文「pH応答性を有する新規アミノ化ポリヒスチジン遺伝子キャリヤ―の合成」