学会発表

【コメント】朝山研究室設立後(2018年度以降)の学会発表を記載:緑枠内の氏名は発表者

Yuya Sone(M1):1st G'L'owing Polymer Symposium in KANTO
Yuya Sone,Hiroyoshi Kawakami,and Shoichiro Asayama,High-Density Modification of Poly(propylene) Surface with Cholesterol End-Modified Poly(ethylene glycol) for Biocompatibility,1st G'L'owing Polymer Symposium in KANTO,P36(December, 2018)
曽根祐哉(M1):第89回武蔵野地区高分子懇話会
曽根祐哉,川上浩良,朝山章一郎,コレステロール末端修飾PEGを用いた非共有結合による高密度PEGブラシ表面構築,第89回武蔵野地区高分子懇話会,P13(2018年11月)
朝山章一郎:第40回日本バイオマテリアル学会大会
朝山章一郎,種市さくら,川上浩良,根岸洋一,In vivo持続的遺伝子発現を実現するpDNA/PEGモノイオンコンプレックスの分子設計,第40回日本バイオマテリアル学会大会,予稿集, p.152 (2018年11月)
朝山章一郎:第67回高分子討論会
朝山章一郎,曽根祐哉,川上浩良,根岸洋一,コレステロール末端修飾PEGを用いた非共有結合によるバイオイナート界面構築,第67回高分子討論会,Polymer Preprints, Japan Vol. 67, No.2,2T10 (2018年9月)
朝山章一郎:第47回医用高分子シンポジウム
朝山章一郎,長嶋果南,川上浩良,根岸洋一,コレステロール末端修飾PEG/インスリン複合体によるin vivoプロテインデリバリー,第47回医用高分子シンポジウム,講演要旨集,pp.63-64 (2018年7月)
曽根祐哉(M1):第47回医用高分子シンポジウム
曽根祐哉,川上浩良,朝山章一郎,コレステロール末端修飾PEGを用いた非共有結合による高密度PEGブラシ構築,第47回医用高分子シンポジウム,講演要旨集,pp.15-16 (2018年7月)【学生奨励発表:優秀賞受賞】
朝山章一郎:第34回日本DDS学会学術集会
朝山章一郎,種市さくら,川上浩良,根岸洋一,pDNA/PEGモノイオンコンプレックスによるin vivo持続的遺伝子発現,第34回日本DDS学術集会,プログラム予稿集,p.156 (2018年6月)
曽根祐哉(M1):第67回高分子学会年次大会
曽根祐哉,川上浩良,朝山章一郎,コレステロール末端修飾PEGを用いた非共有結合による高密度ポリプロピレン表面修飾,第67回高分子学会年次大会,Polymer Preprints, Japan Vol. 67, No.1,1H06 (2018年5月)
Shoichiro Asayama:American Society of Gene & Cell Therapy (ASGCT) 21st Annual Meeting
Shoichiro Asayama, Sakura Taneichi, Hiroyoshi Kawakami, and Yoichi Negishi, Biocompatible Highly Condensed Plasmid DNA by Mono-Ion Complexes for In Vivo Diffusive Gene Delivery, American Society of Gene & Cell Therapy 21st Annual Meeting, P-925 (May, 2018)