研究内容

研究概要
 人類の健康を維持し生活の質(QOL)を向上させるバイオマテリアル(生体機能材料)を創製しています。バイオマテリアル研究の中で、主に、先端かつ均質医療を実現するドラッグデリバリーシステム(DDS)の確立をしています。水溶性(液相系)のバイオマテリアルであるDDS材料として、バイオ医薬品をはじめとする広義の医薬(核酸、タンパク質、生理活性亜鉛)を、未だ治療法の無い疾患に適応させ、治療を実現する新規キャリアを合成しています。また、キャリアである高分子自体に、根治治療効果(外部刺激に応答して、その構造や機能を変化させるインテリジェント材料)や、体内で長期間安定に機能するための固相表面修飾能を持たせる(血液や生体組織に対して、高い親和性を有する生体適合性材料)など、新奇なバイオマテリアルも開発します。この様に、当研究室では、化学と生命科学の学際領域研究を推進し、すなわち、生化学、有機化学、高分子化学、分子細胞生物学、薬学、医学を融合した研究により、人類の医療と福祉(生活環境)に貢献します。
主な研究内容
遺伝子(プラスミドDNA)デリバリーシステム
  微小遺伝子凝縮体による生体内未踏空間へのデリバリー ➡遺伝病・乏血管性難治がん治療
生理活性亜鉛(Zn2+)デリバリーシステム
  血糖降下ホルモン血中濃度の遠隔操作 ➡糖尿病治療の革新・インテリジェント材料
バイオ医薬品デリバリー
   最もシンプルな非共有結合によるタンパク質のPEG修飾 ➡慢性・希少疾患治療
体内埋め込み型バイオマテリアル
  コレステロール末端修飾PEGによる生体適合性表面の構築 ➡生体適合性材料・医療デバイス
研究キーワード
バイオマテリアル(生体機能材料)、ドラッグデリバリーシステム(DDS)、キャリア材料(高分子)、遺伝子(プラスミドDNA)、生理活性亜鉛イオン、バイオ医薬品、生体適合性、生体分子工学、医療・福祉