ニュース一覧

2018年04月01日
朝山研究室がスタートしました。
2018年04月14日
オープンユニバーシティ講座「QOLの向上を目指したバイオマテリアル」を開講しました(5月12日まで全4回開講)。
2018年05月16日
ASGCT(アメリカ遺伝子細胞治療学会)で朝山が発表しました(5月19日まで開催)。
2018年05月23日
第67回高分子学会年次大会でM1の曽根君が発表しました(5月25日まで開催)。
2018年06月21日
第34回日本DDS学会学術集会で朝山が発表しました(6月22日まで開催)。
2018年06月29日
代表発明者である朝山の発明が、特許するものと確定し、特許原簿に登録されました。【特許第6358661号 名称:界面活性剤様化合物】 
2018年07月19日
第47回医用高分子シンポジウムで朝山とM1の曽根君が発表しました(7月20日まで開催)。M1の曽根君は、学生奨励発表おいて、優秀賞を受賞しました。受賞タイトルは「コレステロール末端修飾PEGを用いた非共有結合による高密度PEGブラシ構築」です。
2018年09月07日
朝山が発表予定の第67回高分子討論会(9月12日~14日)が北海道胆振東部地震に伴い中止になりました(予稿集は8月29日に発行されWEB公開済み)。被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
2018年10月01日
喬海波君が研究生として朝山研究室のメンバーに加わりました。
2018年11月12日
第40回バイオマテリアル学会大会で朝山が発表しました(11月13日まで開催)。
2018年11月15日
第89回武蔵野地区高分子懇話会でM1の曽根君が発表しました。
2018年12月15日
1st G'L'owing Polymer Symposium in KANTOでM1の曽根君が発表しました。
2019年03月05日
小林祐貴君(B4)が特別研究発表会MIP賞を受賞しました。発表タイトルは「pDNA/PEG モノイオンコンプレックス構造最適化による in vivo 持続的遺伝子発現向上」です。
2019年05月30日
第68回高分子学会年次大会でM1の小林君が発表しました(開催期間:5月29日~31日)。
2019年06月21日
論文がACS Omegaにアクセプトされました。論文タイトルは「Plasmid DNA Mono-Ion Complex for In Vivo Sustainable Gene Expression」です。
2019年07月01日
第48回医用高分子シンポジウムで朝山とM1の小林君が発表しました(7月2日まで開催)。
2019年07月04日
第35回日本DDS学会学術集会でM1の小林君(7月4日)とM1の遠藤君(7月5日)が発表しました(7月5日まで開催)。
2019年07月31日
論文がJournal of Minerals and Materials Characterization and Engineeringにアクセプトされました。論文タイトルは「Preparation of Zn2+-Chelated Carboxymethyl Poly(1-vinylimidazole) for Intracellular Zn2+ Delivery」です。
2019年09月13日
第388回応化コロキウムを主催し、丸山厚先生(東京工業大学生命理工学院教授)に、「しなやかな高分子複合体によるバイオ分子機能の強化と創発」と題する御講演をして頂きました。
2019年09月24日
文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム令和元年度利用成果発表会に、実施機関である東京大学微細構造解析プラットフォームから推薦して頂き、朝山が発表しました。
2019年09月25日
第68回高分子討論会の特定テーマ(生体と対話をする医用高分子材料の設計と応用)に依頼発表して頂き、朝山が発表しました(開催期間:9月25日~27日)。
2019年10月21日
Highlight Review(Invite Only)がChemistry Lettersにアクセプトされました。総説論文タイトルは「Molecular Design of Polymer-Based Carriers for Plasmid DNA Delivery in Vitro and in Vivo」です。