観光の現象や経済効果を理解するためのデータ整備・分析手法開発

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 地域において効果的な観光政策や計画を展開するためには,観光現象の発生メカニズムや,観光振興による地域経済への波及メカニズムを正しく理解することが重要です.

 ツーリズム・モビリティ計画学研究室では,これらのメカニズムを表現できる分析モデルを提案するとともに,モデルに必要なインプットデータの整備・利活用の方法論を開発します.

社会貢献

観光統計整備の技術支援(観光庁,パレスチナ自治政府)

◯研究プロジェクト

観光統計整備のあり方に関する共同研究プロジェクト(一般財団法人運輸総合研究所)

◯関係する博士論文(D)・修士論文(M)・卒業論文(B)

ICデータを用いた都内路線バスにおける観光目的需要の抽出に関する研究(2018M)

訪日外国人観光客による訪問最終日の観光行動特性の分析~空際観光圏の提案に向けて(2018B)

観光地街路における交通および非交通機能を考慮した歩行者サービス水準評価モデルフレームに関する研究-マレーシア・マラッカを事例に(2017D)

交通政策が観光振興に及ぼす経済効果評価のための産業連関モデルおよび応用一般均衡モデルの研究-日本を事例に(2017D)

都市間の国際航空路線の就航可能性についての評価モデルの開発(2018B)

まちなか観光における小規模ミュージアムの観光利用の可能性に関する研究~文京区立森鴎外記念館とその来訪者を事例として(2017B)

道路走行時の満足感が観光活動および観光旅行全体の満足感に与える影響の分析(2016D)

鉄道ファンの観光行動特性に関する研究(2015B)

留学生およびその親族による国内観光行動の特性分析~出身国や留学動機に着目して(2014M)

地域内拠点からのアクセス条件が観光施設の入込客数に及ぼす影響の分析(2014B)

GPSによる位置情報の測位時間間隔と経路特定率の関係(2014B)

プローブ情報を活用した道路交通の安全性評価手法に関する研究(2013D)

価格破壊交通サービスの需要の価格弾力性の分析(2013M)

低頻度GPS測位データからの移動経路の同定可能性に関する研究(2013B)

プローブ情報を活用した幹線道路ネットワークの急減速事象発生状況の分析(2013B)

地域に対する観光客のリピート来訪行動のメカニズム~"飽き"が再訪意向に及ぼす影響(2012B)

←戻る